Googleアドセンス広告で収入を得ている人にとっていつまでも不安なのが「アドセンス狩り」の存在。ここでは2017年の段階で、できうる対策方法についてまとめてみました。

アドセンス収入をより安定的な収入源にするために参考にしてみてくださいね!

【参考記事】アドセンス広告で月収10万円を達成するPV数の基準は?

アドセンス狩りとは?


アドセンス狩りとは、あなた以外の第三者がGoogleアドセンスの規約違反に触れるようなことをわざとしてくる行為をいいます。

その結果、あなたに悪気がなくてもライセンス剥奪という結果も起こりえますので、必ず対策が必要です。

アドセンス狩りの主な行為は2つ。

  • アドセンス広告の不正クリック
  • アドセンス広告の転載

アドセンス広告の不正クリック

これは第三者があなたの広告をわざとクリックしまくるという行為です。

Googleは特定のユーザー(IPアドレス)が広告をクリックしまくっていることを検知することができます。もしクリックされている広告があなたの広告であれば、『友人か誰かに自分の広告をクリックするよう指示を出しているんだな』という判断をされてしまうことも…。

そのペナルティの矛先があなたにいってしまうかも…ということですね。

しかし、こちらについては最近ではGoogleの技術向上のため不正クリックを収益から除外するなどの対策がとられており、昔のように即ライセンス剥奪という事例は少ないようです。

アドセンス広告の転載


あなたのアドセンス広告を別サイトに勝手に掲載する行為です。(どうやってやるかは説明しません笑)

あなたのアドセンスコードを第三者が取得し、アダルト系サイトなどに転載することでペナルティをくらってしまうパターンですね。

こちらに関してはアドセンス狩りをする側としても、一定の技術が必要になりますが、設定を忘れていると防ぎようがないです。

なので、本記事を読んで必ず設定をすることをおすすめします!

アドセンス狩り対策まとめ【2017年最新版】


それではアドセンス狩りの対策についてまとめていきますね。

1.設定変更して別サイトへの転載を防ぐ


これは絶対にしたほうがいいです!

Googleアドセンスの管理画面から、あなたの広告をあなたの管理するサイト以外で表示できないようにすることができます。

なので、別サイト(アダルトなど)の転載を防ぐことができますよ。

1-1.アドセンス管理画面から『設定』を選択


Googleアドセンスの管理画面にログインして、メニューの中から『設定』を選択しましょう。

アドセンス狩り2017
すると、タブが展開されるので『自分のサイト』をクリックしましょう。

アドセンス狩り2017
サマリー画面が表示されます。ここではアドセンス広告を掲載しているあなたのサイトが一覧で表示されるはずです。

アドセンス狩り2017

1-2.サイトの認証をする


以下の画像にある『…』をクリックしましょう。

アドセンス狩り2017
↓↓↓
アドセンス狩り2017
『サイトの認証』をクリックします。

“確認済みサイトのみ自分の広告コードの使用が許可されています”が表示されますので、「所有権を確認したサイトだけ広告コードの使用を許可する」にチェックを入れて有効にします。

アドセンス狩り2017
↓↓↓
アドセンス狩り2017
最後に「保存」を忘れずにクリックしてくださいね。

1-3.確認済みのサイトを指定する


次に「確認済みのサイト」を指定していきます。ここで確認済みサイトになっているサイトのみがアドセンス広告表示されていきます。

アドセンス狩り2017
↓↓↓
アドセンス狩り2017
これが確認済みではない状態なので、クリックして有効化しましょう。

アドセンス狩り2017
これで、サイトの確認作業は完了です。

ここで確認済みにしておかないと今まで表示されていた広告が表示されないこともあるので、必ず確認してくださいね!

2.人から愛されるサイトにする


さて、これはテクニック的なことではないですがアドセンス狩りにあわないようなサイトを作りましょう。

アドセンス狩りをするのも人間なので、気に食わないと思ったサイトに嫌がらせ行為をしたくなるものです。

だから、情報がデタラメだったり、サイトのデザインが適当であったり、何を書いているか分からなかったりなど人から目をつけられないサイトを作っていくことで、嫌がらせ行為を避けることができます。

余談ですが、嫌がらせをしている人でも『自分は正しい』と思ってやっている人が多いのです。このサイトを潰すことで業界を健全化すると本気で思っている人もいるのでしっかりとサイト運営をしていきましょうね。

3.異常を感じたらすぐにGoogleに報告する


Googleの技術が向上し、無効クリックを検知できるようになったとしてもあなたが無効クリックを放置することはあってはなりません。

そんなサイトオーナーはGoogleからも管理不足と思われてしまいますので、異常を感じたらGoogleに報告をする必要があります。

無効なクリックの連絡フォーム

異常かどうかを判断する場合は、普段のクリック率との比較も必要になっていきますので、サイトオーナーとして管理が必要です。

ちなみにGoogleに連絡しても、よほどのことがないかぎりは返信はこないようなので何度も連絡しないようにしましょうね(笑)

最後に


今回はアドセンス狩り対策についてまとめてみました。

Googleの技術向上により最近めっきり聞かなくなったアドセンス狩りの存在ですが、自分の収入源としてアドセンスが多くを占める人は必ず対策が必要です。

何かが起きてからでは遅いので、普段からアドセンスの管理を怠らずにやっていきましょうね!



【参考記事】スマホのサイドバーだけ非表示方法!アドセンス広告クリック率を上げよう