今回はGoogle AnalyticsをGoogleSearchConsoleとGoogle AdSenseと連携させる方法について解説していきたいと思います。


Google Analyticsは非常に多くの項目でアクセス解析をすることができますが、外部サービスと連携することでさらに多くの項目を一元的に管理することができます!今回の記事又は動画を確認して、活用してみてくださいね。

GoogleSearchConsoleとの連携方法


まずGoogleSearchConsoleと連携するためには、GoogleSearchConsole自体に登録する必要があります。

【参考記事】GoogleSearchConsoleへの登録方法

Google Analyticsにログインをして、『管理』をクリックします。


「プロパティ」から「プロパティ設定」をクリックしましょう。


設定画面に移動したら、下にスクロールすると「SearchConsole」という項目があるので『SearchConsoleを調整』をクリックします。


次に『編集』をクリックしたら、『すべてのウェブサイトのデータ』にチェックを入れて『保存』を押します。


これでGoogleSearchConsoleとの連携は完了です。

GoogleAdSenseとの連携方法


次にGoogleAdSenseとの連携方法についてです。

まず『管理』画面から、「プロパティ⇨AdSenseのリンク設定」をクリックします。


コンテンツ向けのAdSenseにチェックを入れたら、『続行』を押します。


「すべてのウェブサイトのデータ」にチェックを入れて、『リンクを有効化』を押します。


最後に『完了』を押せば完了です。

アドセンスのデータは行動のサマリーから確認することができますが、データが反映されるには1日ほど遅延が起こります。

さいごに


今回はGoogle Analyticsを外部連携する方法についてご紹介していきました。

Analyticsだけで一元管理できるデータを増やして、効率的にアクセス分析をしていきましょう!