トレンドアフィリエイトはブログに爆発的なアクセスを集めることで収入を得るビジネスモデルですが、キーワードの性質として「ロングテール」と「ショートレンジ」を戦略的に使い分ける必要があります。今回はこのやり方についてSEOの観点からもご紹介をしていきましょう。

トレンドアフィリエイトショートレンジ
もちろんトレンドの花形と言えば、ショートレンジからの爆発を狙うことでもあるのですが、本当にブログを「資産」にしていくのであれば、それだけでは不十分です。

2つキーワードの特徴も活かしたブログ運営を心掛けていきましょう。

トレンドアフィリエイトでロングテールとショートレンジ戦略のやり方を動画で説明



ロングテールとショートレンジの違いとは?


ロングテールとショートレンジはキーワードの性質を表す言葉です。

ショートレンジキーワードは瞬間的に大量の検索需要はあるものの、その反面検索需要の寿命が短いという特徴があります。

それに対して、ロングレンジキーワードは瞬間的なアクセスの爆発はないものの、毎日安定したアクセスが見込めるという特徴があります。


ショートレンジの検索需要の例


ショートレンジのアクセス推移は、始めの2~3日がピークで、その後は急激なスピードで需要がなくなっていきます。

その一例がこちら↓

トレンドアフィリエイトショートレンジ
この例では、瞬間的には1日で1万PVまでアクセスが集まっていますが、1週間後には50pv、1ヶ月後には5~10pvまでアクセス水準が下がってしまっています。

ロングレンジの検索需要の例


ロングレンジのアクセス推移は、基本的には浮き沈みは少ないのが特徴です。

もちろんテレビで話題になったりなど、自然に検索需要が伸びる場合もありますが、ある程度のベースを維持して安定したアクセスが望めます。

その一例がこちら↓

トレンドアフィリエイトロングレンジ
この例では、200pvをベースにして200~400pvなど浮き沈みが少ないですね。

理想系はロングテール?


アドセンス広告を使用したブログアフィリエイトの理想は「ロングテール」で大量のアクセスを集めることです。

そうすれば、何もせずともブログに安定的にアクセスが集まり、『資産』となります。


言ってしまうと『不労所得』の完成ということですね!


逆に、ショートレンジばかり追いかけると常にトレンドを追いかけていかなければならず、収入も不安定になります。

どんなにキーワードセンスが優れている人でも、記事を投稿するタイミングなどで検索順位は大きく変わるので、100%爆発させることはできないのです。


そう考えると、ロングテールで大量アクセスが集められると楽ですよね?笑


なので、ロングテールの記事で上位表示させることが理想郷なわけです。

ロングテールだけではダメ?ショートレンジも効果的に!


しかし、ロングテールで上位表示させることは難しいです。

なぜなら、非常にライバルが多いからです。


トレンドアフィリエイトを実践しているライバルたちにとってもロングテールは魅力的ですし、大手のニュースサイトも取り扱う機会も多いですしね。


だからあなたのブログが立ち上げ当初の段階で、SEOが弱い状態であれば、ロングテールだけを狙っていてはライバルたちに負けてしまいます。

なので、SEOが弱い段階でブログに多くのアクセスを集めるならば断然ショートレンジ(又はミドルレンジ)を狙っていくべきなのです。


ただ、ショートレンジは単純にアクセスを集めて収入を得ることだけが目的ではありません。

ショートレンジでブログパワーを上げる

トレンドアフィリエイトショートレンジ
ショートレンジでアクセスの爆発を起こすことができれば、ブログのパワーが上がり、SEOが強くなります。

そうすると、次第にロングテールのキーワードでも上位表示しやすくなり、攻めることができる領域が増えてきます。


ゲームでRPGをやったことがある人なら分かりやすいかもしれませんが。

ブログへのアクセスは経験値みたいなもので、たくさん集めればレベルアップして、ボスを倒すことができるようになりますよね?


本来であればコツコツとレベルを上げるのが普通なのですが、ショートレンジを上手く活用してアクセスの爆発を起こせば、一気にブログを強化することができるのです。

トレンドアフィリエイトショートレンジ
これも、マニアックな話かもしれませんが、ドラクエで「メタルスライム」というモンスターがいて、こいつを倒すと物凄い経験値が手に入ります。

しかも逃げ足が早いので、タイミングを外すと逃げられてしまうこともあるのが、速報系のショートレンジに似ていますね(笑)


このようにショートレンジを活かしてアクセスの爆発を起こすことは、その場の稼ぎだけではなく、ブログ全体のSEO強化につながり、次の布石になるということです。

ロングテールとショートレンジ戦略のやり方


それでは最終的にはロングテールでしっかりとアクセスを集める『資産家ブログ』を目指すとして、その上でロングとショートを使い分ける戦略のやり方についてです。



【ブログ始めたて/総記事数:100記事以下】

ブログ始めたての段階では、ショートレンジ(又はミドルレンジ)を中心に狙っていきましょう。

この時期はショートレンジで速報系を狙っていくことをおススメです。

若しくは、ロングレンジでもメインキーワードの検索需要が少ないモノを狙っていくのもいいでしょうね。

例えば、テレビに出演するニッチな有名人や素人とかを狙うのは効果的です。

【ブログ成長期/総記事数:200記事以下】

総記事数が100記事を超え始めると、少しずつ上位表示しやすくなってきます。

なので、爆発系&安定感をバランス良く狙っていくことがオススメですね。

【ブログ成熟期/総記事数:300記事以下】

このくらいになると爆発ネタを上手く絡めて、1日あたり1万PVくらいになっていれば、ロングレンジでもかなり上位表示できやすくなっています。

なので、安定感あるネタをどんどん選定していきましょう。

ここまでくればブログの資産化はもう少しです!



もちろん、ブログの総記事数が増えても爆発ネタが狙えそうなら狙っていきましょう!

そうすることでさらなるアクセスの水準アップも目指していけますので。


また、大事にしてほしい考え方としては【困ったらロングテール】を書きましょう!ということです。


よく速報系のネタが見つけられず、手が止まってしまいがちですが、手を止めるくらいならロングテールを書いていけばいいのです。

ロングテールの記事も、少しずつ記事毎にアクセスを集めることで次第に上位表示も可能になってきますので、将来への布石として書いておくのも手ですよ。


実際に僕もブログ始めたてに書いて、4ヵ月くらい全くアクセスがこなかった記事がいきなり上位表示されて、アクセスが集まった経験があります。


すぐにはアクセスは集まらないという覚悟の上で、ロングテールを書くのも戦略の一つです。

あとがき


トレンドアフィリエイトではショートレンジでアクセスを爆発させるというイメージはあるかもしれませんが、本当の旨味はロングレンジにあります。

ブログにある程度、アクセスが集まってきたらキーワードの性質を考慮して、資産化ブログに寄せていくようにしましょう!