トレンドアフィリエイトで1記事あたりの文字数はどれくらいが適切なのか?今回はSEO対策としての観点も含めて、1記事あたりの文字数について考えていきましょう。

トレンドアフィリエイト文字数

また文字数が少なすぎると何が起こってしまうのか?

逆に文字数が多すぎてもダメ??


戦略に応じて文字数というのは、変えていなければなりません。

トレンドアフィリエイトにおける1記事あたりの文字数は?

トレンドアフィリエイトにおける適切な文字数の目安は?


まず、一般的なトレンドアフィリエイトのノウハウでは1記事あたりの文字数は、1,000~1,500文字が目安と言われています。


これはあくまでも一般的にという話です。


記事の種類に応じて、文字数は使い分けていくことをオススメします。


主な記事の種類としては、

  • ショートレンジ
  • ロングレンジ

に分かれます。

【参考記事】ロングとショートレンジの戦略について

ショートレンジ記事の文字数の目安は?


ショートレンジ記事は、検索需要が瞬間的に爆発しますが、その後は検索される機会が極端に減るネタを扱う記事です。

状況によっても変わりますが、ビッグニュースが飛び込んできて『とにかく急いで書かないとライバルたちが増えてしまう!!』という状況であれば、文字数は500~800文字程度で構わないでしょう。


まあ500文字の記事って、相当内容はペラペラですがね(笑)


しかし、攻めの姿勢で考えると・・・。

その場限りのネタで、しかもライバルがいない状況。

こんな時はとにかく記事を書き終える速さが求められるのです。


僕たちが思っているより、民衆の検索需要は一瞬で過ぎてしまいます。

ダラダラ1,000~1,500文字なんて書いていたら、ピークを逃してしまう可能性もあります。

先行者利益を得るためにも、戦略的に文字数は使い分けていけばいいでしょう。


もちろん、簡潔にまとめて自分の意見などを交えれば500文字なんて少ないことはないとは思いますが(笑)


かりに500~800文字程度の記事を書いたとしても、僕の場合は追加情報などを追記することが主流です。

あまりペラペラなコンテンツばかりになるとGoogleから低評価をもらいかねないので、最終的には1,000文字程度までには合わせるようにしていました。


ただ、ショートレンジの場合はゆったりと上位表示されていくというよりは、一気に上位表示させてアクセスを爆発させる必要があるので、そういったSEOの観点からもそこまで文字数を多くする必要はないでしょう。

いい意味で力を入れすぎずに記事を書き「外れたとしても、仕方ないよね」という前向きな気持ちで望むのが理想です。

ロングレンジ記事の文字数の目安は?


ロングレンジ記事とは、常日頃から一定の検索需要があり、この記事を上位表示できればアクセスは非常に安定します。

ブログを資産化していくのであれば、ロングレンジ記事を狙っていくのが大事です!


そして、ロングレンジ記事の文字数の目安は・・・・・・ありません。

言ってしまえば、ロングレンジの記事は文字数はたくさん書いた方がいいです!!


文字数を多くしていけばいくほど、そのために読む時間が長くなりますよね?

そうすることでブログの滞在時間を長くして、SEO対策になると言われています。


ロングレンジの記事は、どの分野でもライバルが多く、人気のキーワードばかりなので、いきなり上位表示させることは困難です。

1記事1記事の質を高めていき、徐々にグーグルから評価されて、ゆっくりと上位表示されていくのが王道です。


なので、ライバルたちと差をつけたいのであれば、文字数に制限などないのです!!


しかし、それではちょっと・・・。と思うかもしれませんね(笑)

僕の経験論ではありますが、ロングレンジの記事は最低1,500~2,000文字を目安に書くのが良いでしょう!

ただ、意味もなく文字数が多いだけのサイトは「つまんないサイトだな」と離脱されてしまいます。

文字数を確保するなら、しっかりと中身の濃い記事を書かなければ逆効果に働くリスクもありますよ。


ロングレンジで上位表示されたいのであれば、ライバルチェックをして、競合するサイトの記事よりも質の良い記事を書きましょう!

文字数が少なすぎるとどうなってしまうのか?

トレンドアフィリエイト文字数
『文字数が少ないと上位表示できなくて稼げない』


と言うのは、ぶっちゃけです。


いや、嘘ではないんですけど・・・(笑)


ライバルさえいなければ、記事の内容が薄くても上位表示はできます

だって、ライバルサイトがいないということは、グーグルとしても『内容薄いけどこれしか出すモノがない!』と言って、あなたの記事を上位表示させてくれるのです。



『じゃあライバルがいるなら、ライバル以上の文字数が必要なの?』

この質問は『どちらとも言えない』と言うしかありません。


というのも、ライバルよりも上位表示できるかどうかは、あなたのブログのSEOパワーがどれくらいかにもよりますし、グーグルのアルゴリズムは明確には公表されていませんからね。

『文字数が少ないと勝てない』とは、一概に言い切れないものです。

というか、普通に文字数が少なくても勝ててしまうことだってあります(笑)
※負けることもね・・・^^;


なので、その場限りの上位表示くらいであれば厳密には関係ないと推測できるわけです。


しかし、長い目で見れば内容の薄い記事ばかりのブログは1ユーザーあたりの滞在時間が短いし、そもそも提供できる価値も小さいのでライバルたちに検索順位を抜かれてしまいます。

あまりにもひどいとグーグルのペナルティの対象になってしまうでしょう。


なので、戦略的に文字数の少ない記事を書いていくことも必要だとは思いますが、やりすぎは厳禁ですね!

文字数が多すぎてもダメ?適切な文字数を意識しよう!


『じゃあとにかく文字数を書いていこう!』


という発想も、あまり共感できません。


というのも、文字数をかせぐためだけに無駄に長い文章を書く人が多すぎるということです!!

例えば、『芸能人〇〇が不倫発覚!その相手とは!?』というタイトルの記事を見つけて、読んでいたら・・・。


〇〇さんの不倫が発覚しましたね。

〇〇さんは1999年にアイドルとしてデビューし、当時は『第二の前田敦子』として注目を浴びていた人です。

しかし、所属していた事務所が解散して、以降はソロの活動をしており、その時にリリースしたCDは・・・。

・さよならはさよならのままで
・おはようは素晴らしい
・朝が来るのが怖い

など有名な楽曲で、しかもこれって自分で作詞・作曲をしていたんですよね!

超、すごくないですか!?

そんな気になる〇〇さんのプロフィールは

生年月日:・・・・・・

・・・・

・・・・

・・・・


ということで、どうやら不倫相手は一般人のようで、誰かは分かりませんね。



このように。

文字数を多くするためだけの文が多すぎるんですよ!!


前半のプロフィールとかどうでもいいですよね??


このように文字数だけで、
知りたい情報がない記事を書いてもユーザーに価値は提供できません


しっかりと情報を提供し、自分の独自の目線でユーザーが『役に立つ、面白い』と思える記事を書いていくことが大事です!

※こういう意味もなく長い文章を書く人はめちゃくちゃいます・・・笑

あとがき


とうことで今回はトレンドアフィリエイトにおける1記事あたりの文字数についてご紹介していきました。

戦略を意識して、必要に応じて文字数を多くするのか、少なくするのかを考える必要はあります。


しかし、一番大事なのはユーザーにしっかりと伝わる文章を書けるかどうかなので、読みやすく理解しやすい適切な文字数で記事を届けていきましょうね♪