どうも、脱サラしたボイパマン・結城おさむです。今回は僕の人生を変えた名曲たちを5曲ご紹介しちゃおうと思います。

人生を変えた曲
まあ細かくわけたら5曲どころではないんですが、さすがやりすぎる引かれてしまうのでコンパクトにまとめてみました(笑)

完全主観!個人的な思い出も兼ねてなので、そこらへんは愛嬌です。

1.LA・LA・LA LOVE SONG(久保田利伸なんだけど…)




まあ、この曲自体がというわけではなく、この曲が僕が聴いた初めてのアカペラだったんですよ。

確か中学3年生だったと思うけど、これを聞いて『ボイパってやばいな…!』と思って、独学でやり始めたのが始まり。

この曲をカバーしていたグループ「North」は解散していますが、ハモネプ3期で準優勝(確か)しててすげぇ影響を受けましたね!

アレンジがシンプルなんだけど、なぜ聞ける今でもカバーしている人が多い楽曲の一つ。

2.青い春(back number)




皆さんご存知、back numberの名曲っすね。

確か社会人1年目の会社に入って、本当に会社がいくのがイヤイヤ期のときに『高校入試』っていうドラマを見てたら急に流れてきた曲。

踊らされてんのも ずいぶん前から分かっていて それでも それでも


(やっぱり俺って踊らされてんのかな・・・?)

と真剣に悩んだり、当時付き合っていた彼女と別れ話があったりなど感情的に揺さぶられまくっていた時期に聞いていた曲なので、印象的ですね(笑)

また踊りながら 理想の未来なんて 用意されていない でも その中で願ってるのさ 光に包まれるその日々を


理不尽な社会に疲弊しながらも、必死に生きる様を見事にえがいた曲だと思います。とにかく社畜時代に刺さった!!笑

あと、どうでもいいことですがサビの下ハモは完璧に歌えます(笑)

3.ゆらゆら(風味堂)




今度は風味堂の「ゆらゆら」です。

まず、風味堂を知らない人もいるかもですが、めっちゃいいんで是非聞いてください(笑)

人の感じ方次第だと思うんですが、僕はこの曲でいう“ゆらゆら”という言葉は『人を好きなることで生まれる空間や雰囲気』みたいなモノを表しているんじゃないかなっと思っています。

誰かを好きになると、何とも言えない感情になりません?笑

あのゆったりと幸せな雰囲気は僕も言葉では表現できないんですが、あえて言葉で表すならば「感謝」の一言なのかな、と思っています。

自分が好きな人や自分を好きでいてくれる人がいる幸せを音楽で壮大に表現した、ちょっと癖になる曲です。

4.at the circle(RAG FAIR)




さて、ボイパマンらしくアカペラの曲も紹介していきます(笑)

アカペラってマイナーなイメージが強いけど、流石にRAG FAIR(ラグフェアー)くらいはあなたも知っているのでは??

でも、RAG FAIRのアルバム『CIRCLE』に収録されているこの曲を知らない人は多いと思います。

この曲とは大学時代に出会ったのですが、一言で言えば『感動』でした。

特にサビの、

想い 想われて 生きてゆくこと


このハモリは今でも鳥肌が立ちます(笑)

全てのモノには裏と表があって、それが循環して世界は成り立っているという曲(個人の解釈です)。

大学時代は自分の中でもツンツン(?)していたのですが、この曲を聞いて『人には優しくしよう』と思いましたね(笑)

自分の周りにいる人は、自分の鏡のような存在で、自分が明るく接すればみんなも明るくなってくれる。

そう信じて生きていこうと決めた18歳の僕です(笑)

5.A Change in my life(Rockapella)




最後は、僕の1番好きなアカペラグループであるRockapella(ロッカペラ)のA Change in my lifeです。

簡単に言うと「あなたに出会って私の人生は変わりました」という歌ですね。

孤独で、愚かで、他人のことなど理解しようとしなかった私が1つの出会いを通してこんなにも変わることができた。

人との出会いは「」だと思います。

もちろん、いい出会いと悪い出会いなど色々な意見はあると思いますが、結果的に僕は今まで出会わなければ良かったと思う人はいないですね。

もちろん会いたくない人はいますよ(笑)でも、それと出会わなければ良かったは別物です。

全ての出会いに意味があり、それをどう判断するかは自分次第なのかなと思います。

素敵な出会いをし続けてこれた今までに感謝したいし、これからもそうでありたいと思っていますよ。

あとがき


今回は完全に僕の主観で、人生を変えた名曲をご紹介しました。

どれもこれもこうやって記事を書いていて、涙が出そうになっちゃう曲だらけです。

いい音楽に出会うことは人生を好転させるきっかけにもなると思うし、そのためにもアクティブに行動し続けていかないといけないな!

そんな気持ちでこの曲たちをあなたにお届けします。