PPAP商標登録違法
PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)の商標登録問題が話題になっていますね。問題となっているベストライセンス株式会社ですが、これって法律的に違法にならないのかちょっと気になりますね。

しかし、たとえ合法であったとしてもこれをビジネスとは言えないな~とは思っちゃいますね。

PPAPの商標登録問題は法律的に違法なのか?


商標登録関係の法律には商標法というものがあります。

商標の使用をする者に独占的な使用権(商標権)を与えることにより、業務上の信用の維持を図って産業の発達に寄与するとともに、需要者の利益を保護することを目的とする


こんな感じの法律で、簡単に言うと自分の作った商品に印をついておいて、「これは自分のものですよ」という権利を確保するための法律。

当然、自分のモノを他人に無断で使用されたら訴える権利がある。まあ著作権みたいなモノだと思っておけばいいでしょう。


しかし、今回のように他人が作ったモノを商標登録することは違法にならないのか?

という問いに対しては違法にはなりません。

なぜなら商標登録は国民に与えられた権利であり、日本では先願順に受理されるというシステムをとっています。


なので、やろうと思えば僕らのような1個人でもPPAPを商標登録をすることだって可能なわけです。

ただ、ベストライセンス社の場合ですが年間約1万5千件の商標登録を申請しており、その全てが通っているわけではありません。


それは違法だからというわけではなく、お金を支払っていないから。

お金さえ払わなければ、基本的には『保留』という状態になります。ベストライセンス社の場合は、とりあえず早めに申請だけしておいて、伸びそうなジャンルから支払いをすることでノーリスクで申請をしているそう。


特許庁も困っているというわけですね・・・。


まあ、法律的に違法ではないのでさばくことはできないようですが。

商標登録ビジネス?これって本当にビジネス??


少し話は変わりますが、こんな詐欺まがいの行いはビジネスとは言えないですね~。

ビジネスは価値を提供することの対価としてお金を貰うこと基本です。

こういった悪い意味で市場を荒らすような事例が起きると、システム的な対策もそのうちされるでしょうね。


僕がやっているネット関係のビジネスでも、昔はスパムサイトで溢れかえっていましたが、最近はGoogle先生の頑張りにより健全化しています。

我々国民の生活も豊かになり、価値のあるモノにしか食いつかなくなった今、こんな単発的に人の足を引っ張るビジネスモデルは淘汰されていくでしょうね。


まあ、法的な部分が絡んでいるのですぐには・・・とはいかないでしょうが(笑)


ただ今回の事例を見て、自分もやってみようと思った人は落ち着いてくださいw

そんなことをしても誰も応援してくれないし、目先の利益なんかには全く意味がありません。

本当に自分が歩みたい人生モデルが、あの社長なのかということを考えてみてくださいね(笑)