あなたは自分のことを真面目で不器用な性格だと思っていませんか?何かにつけて真面目だ、真面目だと言われて決して悪いことでないはずなのに、どこか嬉しくない響き。

真面目治したい
何かにつけて損な役回りが回ってきたり、周りが楽しい雰囲気なのに自分だけが蚊帳の外。

いい加減、真面目過ぎる性格をやめたいという人もいるでしょう。

実際、僕もクソ真面目な性格だった(今も?)が、僕なりに人生でたくさんのことにトライし、真面目なことに悩まないところまできた。

今回は僕の経験談も踏まえて、真面目な生き方をやめる方法をご紹介しましょう。

真面目は悪口である


僕から言わせてみれば真面目は悪口だと思う。

一応紹介しておくと、正確な言葉の意味はこうらしい↓↓

  • 本気であること。うそや冗談でないこと。
  • まごころをこめること。誠実なこと。


え?真面目ってこんなにいい意味だったの??

と思ったのであれば今の僕と同じです(笑)まさかこんなにも褒め言葉だったとは・・・。


そう、真面目は本来の意味では素晴らしいことなのですが、現代社会では

  • 固い奴
  • 面白くない奴
  • ノリの悪い奴


というストレートには言わないけど…くらいのニュアンスの悪口になっているのではないかと感じます。


いやいや!真面目はいいことだ!!

と本当に思うのであれば、このさきは読む必要はないです。


『相変わらず真面目だな~』


この言葉に少しでも、イラッとしたことがある人は読み進めいきましょう。

言葉の意味は常に変化し続けるものです。辞書になんと書いてあろうが、イラッとするものはイラッとするんです(笑)

まず己を知ろう!あなたは別に真面目なんかじゃない


僕の経験から思うに、世間で”真面目”だと言われる人は、真面目だからそう言われているわけではないのです。

あなたが真面目だと言われるのは、別のところに原因がある。そう断言できます。


なぜなら真面目だと言われるタイプは主に以下の2タイプだからだ。

  • 自意識過剰タイプ
  • ノリが悪いタイプ


残念ながらこういうタイプの人間は周りから「真面目だ」と言われて、自分を真面目だと勘違いしているパターンが多い。

頼むから怒らずに聞いてほしいです(笑)僕もそうだったんで・・・。

自意識過剰タイプ


自意識過剰すぎるために他人に気を使いすぎて疲弊してしまうタイプ。


本当はもっと自分のしたいことがあるのに、親の目が恐くて我慢する。

友達から面白くない奴と思われたくない。

変な奴だと思われるのが怖い。


とにかく自分が大好きで傷つくことが恐れているタイプのことです。

こんな本音を言わない、表面だけの人間は面白くないと思われるのは当然。しかし、何故か現代社会ではこういう人間は真面目だと言われることが多いわけです。

ノリが悪いタイプ


これはめちゃくちゃ勘違いしている人が多いのですが。

真面目 = ノリが悪い


という認識の人が多いんですよね~。


残念ながらあなたがノリが悪いのは真面目だからではなく、ノリが悪いからノリが悪いのです。そこに関係性はないってことですね。


大学時代の友達は真面目でノリの良いタイプが多く、明日1限でも徹夜の麻雀は2つ返事でOKと言ってくれるし、授業もしっかり出る(寝てたかもですが笑)。

成績も優秀だったんで、本当にこいつは人生得しているな~と思うことはありましたね。

ノリの良さと真面目さは両立が可能なので、ノリが悪いのは真面目が原因ではないということです。

真面目に不真面目になれ

真面目治したい
自分のことを真面目だと思っている人間は、1回不真面目になりましょう。

もちろん法律を犯すような真似はしてはいけません(笑)

あくまでも合法的に、常識的にはあまり良くないこととされていることを“あえて”やりましょう!


ここで大事なのは、“あえて感”ですよ。

今は脱真面目化計画実行中なのだ、くらいのノリでやってみましょう。

1.タバコを吸ってみる


これ僕20歳の頃にやりましたね(笑)

当時、アカペラサークルの長をやっていましたが、あえてタバコでも吸ってみました。

恥ずかしい話ですが、あの時の悪いことをしているドキドキ感は忘れられません(笑)


こんな些細なことからでもいいので、自分が見たことない世界を見ていきましょう。

しかし、注意が必要なのは1箱(20本)もタバコを吸ったら、だいたいの人がやめれなくなります。

“あえて”やっているだけなので、十分に注意しましょう。※健康に被害が出ても責任はとれないっす笑

2.ギャンブルでもやってみる


ギャンブルでもやってみるといいでしょう。

パチンコでも競馬でも何でもいいですが、あえてやってみましょう。

それで勝ったら友達を連れて奢ってやってください。負けたら友達に言って、笑ってもらってください。

人間はそれくらい“隙”があるほうが愛されるものです。


自分から隙を作れないのであれば、強制的に作ってやりましょう。

軽蔑されたらどうしようと心配ならば、あえてやっているんだと説明してあげてください。多分「こいつ何意味分からないこと言ってんだ」ってかんじになるので、それもいいでしょう(笑)

注意が必要なのは、ギャンブルは中毒性が高いので気をつけてください。※ハマっても一切責任はとりません笑

3.海外旅行をする(ツアー以外)


国内旅行じゃなくて海外旅行をしてみましょう。

そしてできれば、アメリカなどの発達した都市ではなく東南アジアチックな場所にいくことをオススメします。

行くメンバーは少人数で、ツアーのプランに入るのではなく自分で航空券をとって、自分でフィーリングでお店に入ってご飯を食べましょう。


異国の文化に触れることで、自分の今まで持っていた常識が壊れていくものです。

人に頼らず「旅」をする感覚で行きましょう!

4.本を読む


めちゃくちゃ王道ですが、真面目だと思うなら読書はしましょう。

あなたが真面目な理由は、あなたの身の回りの価値観にしかに触れていないからです。

もっと自分にとって「不純物」を読書で取り入れていきましょう。

オススメの著書としては~、とりあえずホリエモンの「ゼロ」とか「本音で生きる」とかを読んでみるといいですね。

5.クラブ遊び


ちょっと真面目なかんじの奴が続いたんで、不真面目チックな奴を。

クラブとかに行ったら、すげぇドスドス音楽が流れてみんなが踊ったり、騒いだりしています。

その中で、自分だけ何もしないというわけにはいかないでしょう(笑)

すこし恥ずかしいのであれば、1人でもいいから飛び込んでいくことをオススメします。

別に本気で行くわけじゃなくて、”あえて”行くだけだから行けますよね?笑

6.フェスに行こう


最近、流行りのフェスに行くのもいいでしょう。

フェスに行けば熱狂的に盛り上がっているファンたちばかりです。

多分あなたは周りの目が気になって素の自分を出すことができないのでしょう?

それなら、盛り上がっている多数派に入ることができるフェスにいきましょう。

7.外見を変えてみる


服、髪型、ピアス、カラコン、メイク…。

何でもいいです。見ためをとにかく変えていきましょう。

特に真面目系の女の子の場合は、髪を明るくして、メイクをしっかりすれば男の反応がもろに変わってきますよ(笑)僕らはそういう生き物なので…笑


(別に髪とか染めたいわけでは…)


と思っていても大丈夫です。

“あえて”やるだけなので(笑)

8.ワンナイトラブを体験する


人格疑われちゃうんであまり書きたくないんですが、あなたのことを思ってあえて書きます(笑)

男性にとってはテクニックがいると思いますが、1度の人生ワンナイトラブくらいは経験しておきましょう。

女性だったら、ある程度条件が整えばそこまで難しいことではないと思います。

もちろん気になる相手というか「情熱」を持てる相手のほうがいいですね。

あとでネタにされても後悔がないように。


こういうやっちまった経験は後々、生きてきます。そして、罪悪感とかも感じていきましょう。

ここで注意なのが、あまり自分を責めすぎないこと。あえてやっているだけです。

9.アイドル番組を見ろ


もはや何言ってんだこいつ?ってかんじですかね(笑)

最近のアイドル番組はいい。彼女たちの仕事は愛されることにあるし、だいたい芸人とセットで出演するからめちゃくちゃイジられている。

彼女たちが見せる“隙”をすかさずイジる芸人たちに注目しよう。そしてイジられるポイントも研究しよう。

そうすることで、人の健全なイジり方イジられるサインの出し方が上手くなるはずです。

そもそもアイドル番組にハマっているというだけでもイジられる可能性がありますからね(笑)

まあ、これは”あえて”じゃなくてもいいかな。


このように、自分があまり良くないと思っていることを“あえて”自分の中に取り入れてみてください。

上記に挙げたのは僕の例ですが、全て真面目にやりました。

良くないと思っていつつも、どんな世界なのかを見てみる経験と、自分に隙を作ることは真面目と呼ばれる人間にとって非情に効果的です。

真面目に隙を作ろう


僕が一番厄介だと思うのは、自意識過剰タイプな真面目ちゃん。

こういうタイプは例外なくプライドが高い。別に誰もあなたのことなんて気にしていないし、あなたが隙を見せなければ見せないほど「真面目な奴だ」でまとめられてしまいます。


じゃあどうしたらいいのか?


自分はこんなアホなことをやってしまったという体験を増やせばいい。


『えー、そんなことはできないよ。』


と思う人は真面目ではなく、ノリが悪いだけです。ノリのいい人はこの時点で『ちょっとやってみようかな』と思うものです。


僕は真面目な自分が嫌いでした。いつも和の中にいて、皆の意見のどこか中間を触る程度の発言しかできない人間でした。

でも、本当はもっと自分の意見を言いたいし、自分が皆を笑わせる存在になりたいと思っていました。


ただ気づいたの今の自分ではダメだということ。

面白いことを言っている人間は例外なく、鉄板の失敗談などを持っていました。

じゃあ僕も”あえて”失敗してみようと思ったんです。だから先程挙げたことに挑戦しました。

その中には普通にハマってしまったモノもありましたが・・・笑


でもその結果、今は真面目な自分が好きです。

ちょっといい加減な自分が好きです。

かわいい女性の前では少し緊張してしまう自分が好きです(笑)


色々やって思ったのは、多分自分はそういう人間なんだなっと思えるようになったこと。そんな自分を好きでいてくれる人が世の中にはいるということです。

あなたが本当に真面目なら、真面目に不真面目になる努力をしましょう。それができないなら残念ながら自意識過剰かノリが悪いだけなのかもしれませんよ。

最後に


僕は真面目だと思います(多分)。

基本的に何事も真面目に取り組むし、それでも人生を楽しめている。

真面目だと言われてイラッとするのは、別のポイントを指摘されていると感じているだけです。本当は分かっているんじゃないですか?


真面目が悪いわけではない、真面目はいいことだ。

だって、本当に真面目な自分を変えようと思うならば、真面目に不真面目になればいいんだから。

本当に自分の人生に真面目であるならば、それくらいできるし、それができないのであれば、あなたは別に真面目だとは思わない。

でも、それを分かった上で今後の行動を変えていけばいいわけです!


本当の真面目ちゃんになりませんか?自分の殻をやぶるのはあなた自身ですよ。