日本社会に生きる多くの人はこう思っているような気がします。

『自分の人生はなんて普通(若しくはそれ以下)で、つまらないのだろう。こんなの嫌だ!』

普通,人生,つまらない
『いやいや、そんなことないよ!日本という裕福な国に生まれて何が不安なんだ?』

という方ばかりであれば問題ないのですが、そんなわけないですよね?笑


みんな誰もが憧れるような”特別な人間“になってみたいと思うし、なれたらな~とぼやいてしまうのが普通だと思います。

じゃあ、今回は「もし、100%特別な人間になれるなら」というタラレバ話からツラツラっと書いていきましょう。

特別な人間とは誰のこと?


あなたが思う“特別な人間”とは誰のことでしょうか?


少しだけ想像をしてみましょう。


・・・。


準備OKですか?笑


仮に僕の場合は、ホリエモンこと堀江貴文氏を特別な人間だとしていきますね。

東京に行く口実のために東京大学に入学し、在学中に起業し、大学を中退。ライブドアの社長で世間を騒がせ、逮捕されたにも関わらず未だに民衆から熱い視線を送られている時代の風雲児といったところでしょうか。


あなたが想像したのも、人並みに外れて能力が高く、世間からも注目されて影響力のある人物なのでは??


こんな風に平凡な自分とは違う特別な人間になってみたいという欲望もあると思います。

では、あなたが100%の確率でそんな特別な人間になれたら、どうだろうか?

100%特別な人間になる方法があったらどうなる?

普通,人生,つまらない
例えば僕が堀江さんに移り変わることができたら、どうなってしまうのだろうか?

お金も名誉も手に入れ、僕が「次はこの業界がくる!」と発言すればひと度、たくさんの信者たちが動き出し、株価にも影響が現れるだろう。


非常に痛快で、さぞ楽しい人生の幕開けになるでしょうか?


僕はならないと思う。

なぜなら堀江さんのように生きるには人並みならぬ努力が必要です。(別に努力をしたくないわけではないですが笑)

おそらく堀江さんが過ごしている時間は、僕らと比べて恐ろしく速く、目まぐるしく情報が錯綜しているだろう。


多分、耐えられない(笑)


彼は僕らでは想像し得ない「いま」を生きているのでしょう。


しかし、それが堀江さんの中での「普通」ということですね。

学生時代にヒッチハイクをして旅をしたのも、常識を疑えと言うのも、今もなお最前線で活躍されているのも「普通」なのです。


どんなに特別な人間に見えても、自分なりの普通を生きていくことに変わりはないんですよね。

では、つまらない人生のままでいろという言うのか!?


『その人なりに普通に生きるしかない』という言葉は残酷な一言に感じるかもしれません。

こんなところまで読ませておいて、結局『あなたはあなたのままでいい』という理論を言うだけではなく、僕にもこんな主張があります。


つまらない人生を望んでいるのはあなた自身である



ということです。


『おいおい!!どういうことだよ!!!』

『私がどれだけ普通でつまらない毎日に疲弊しているか知らないくせに!!!』



と思うのも無理はありません。が、もう少し話を聞いてください(笑)


そもそも、あなたが人生をつまらないと思っている理由はなぜですか?

本当はやりたいことや達成したいことがあるのにそれができないのはなぜでしょうか??


仕事が忙しい、子供がいて時間がない、プライベートを楽しむ余裕がない…

まあ色々あげたしたらキリはないと思いますが、では仮にその全てのシガラミから解き放たれたらどうなるのでしょう?


仕事が忙しい人が転職に成功したら幸せな人生になるのか?

子供がいなければ、空いた時間をバリバリ他のことに使い、特別な存在になることができるのか?


僕は必ずしもそうではないと思います。


むしろ『あれさえなければ…』と思うことで、可能性のなかに生きることを喜びにしていると言えるでしょう。

その可能性がなくなってしまうと最終的に自分を責めないといけなくなります。

しかし、僕らはそんなことはできないのです。


自分が悪いと思って生きていくことは辛すぎる生き方です。だから言い方は悪いですができない理由を周りのせいにしたい。そういう生き物なのです。


そうすることで能動的な行動をすることを回避することできます。

能動的な行動というは流れるプールを逆方向に進むことと似ています。

物理的に逆流をいくので体力的にもシンドイし、正方向に進む人にとっては異物扱いされます。


時には人とぶつかり、プールの監視員から注意を受けるかもしれません。

変な注目を浴びて自分が傷つくことを恐れてしまう。


そんなことをするくらいなら、「いまが一番落ち着く」という結論に達する。


つまり「つまらない普通の人生」が落ち着くんだけど、それを認めたくない。

だから、そのための理由を探してしまうわけですね。

それでも人は変われる

普通,人生,つまらない
人から嫌われたくなかったり、世間の目が気になったりしてつまらない人生を自分で選択してしまう。

これは残念ながら27歳までの僕にも言えることでした。


いい高校に入り、いい大学に入学し、いい会社に就職する。

当たり前のようで難しいレールの上を歩いてきた僕ではありますが、結局人生の中で支配していた考え方は『他人からどう見られているか』だけでした。


そして会社員生活に疲弊して、このまま人生が終わってしまうのかと絶望に明け暮れていました。


しかし、ネットビジネスに出会い、自分と同じような境遇の人が次々に成功している姿を見てしまい、憧れると同時に知ってしまったんです。


そういう生き方をしてもいい、


ということに。


しかも手段も公開されているし、僕にやらない理由はなくなっていました。(だって、会社嫌だったし)

確かに自分が本当にやれるのだろうか?という不安もありましたし、普段の仕事も暇と言えるような代物ではなかったです。

こんなことをして親に何て説明すればいいんだろうと悩むこともありました。


ただ、やらない理由はないわけです。


僕が独立して、それを親がどう思うかは親自身の問題であって、僕の問題ではない。

仕事が忙しいからといって、僕に課される仕事量や厳しさに変化が訪れることはない。


自分が何をして生きていくかは僕自身の問題であり、他人は関係ないのではないか?(というか誰かが責任をとってくれるならいいんだけど、そうじゃないしね笑)


もうやるしかないっと思ったんですよね(笑)

特別な才能があったからできたんでしょ?

普通,人生,つまらない
よく言われるのが「そんなことを実現できるのは特別な人間だけ」という意見もあります。

僕が堀江さんを特別と話したように、あなたは僕を特別な人間だと思っているかもしれないですね。


もちろん僕は平凡な男で、本当にどこにでもいる普通の人間です(笑)


残念ながら才能がないことを理由に行動をできないのは、やはりあなたはそのままの自分でいたいということになる。

いまの自分が落ち着くから、才能がないことを理由にしているだけなのです。


仮に堀江さんがあなたに『あなたは本当に才能がある!今すぐ起業した方がいい!!』と言われたら、その通りにするだろうか?


あの堀江貴文に言われたとしても、あなたはその重い腰を上げるとは思えない

それくらいに「今の自分のままでいたい」という欲求は大きいものです。


才能があるかどうかはそこまでの問題ではないのです。

才能がないから自分の人生を諦めてしまうのは理由としては弱すぎます。


そんなことを考えずに、とにかく「いま、ここで」行動を起こしてほしいんです。

そして「あれ?気づいたらこんなところまで来てしまってた??」くらいに情熱を注いでほしいです。


世の中で特別と呼ばれる人のほとんどが、自分にとっての普通ルールで行動をして、過去でもなく未来でもなくとにかく「いま」に夢中になって生きています。


50m走を思い出してください。

走る前までは「1位になれるだろうか」、「7秒代いかないと嫌だな」、「ビリは嫌だな~」など不安や期待が入り混じるものですよね。

しかし、一度走り出してしまったらそんなこと考える意味も暇もない。

とにかく走るだけだと思う。

ゴールの場所なんてそこまで意識していないと思う。


「いま」を生きるとはそういうことです。


走った後のことなんて考えずに、とにかく「いまのあなた」のできることをやっていきましょう。

普通であることを恐れないでください


僕らは普通に生きるしかないと思います。

自分なりに普通に頑張って、仕事して、恋愛して、寝て…etc

誰かのために「飾った自分」になっても、他人があなたのことを四六時中考えてくれるわけではないですよね。


他人が人生の中で、あなたのことを考えてくれる割合はほんの0.00001%にも満たないでしょう。

そんな他人のために「普通じゃない誰か」になる必要はないのです。


あなたはあなたのままでいればいい。


ただ、誤解しないでほしいのは「いまのあなたの普通」がずーっと続くわけではないということです。

あなたにとっての「普通」は刻一刻と変化し続けるモノなのです。


堀江さんを例に出しっぱなしですが、世にいう成功者というのは例外なく「普通の基準が高い」です。


じゃあどうやって普通の基準を高めることができるかと言えば「いま、ここ」を全力で生きることです。

過去や未来ではなく、僕らは今しか存在できない生き物です。


あなたがやりたいと思ったことをやってください。

それをやった結果、あなたがどうなっているかなんて誰も分かりません。

しかし、やった先はどこかに辿りついているわけです。


じゃあ辿りついたら、また考えましょう!笑


辿りついたあなたの普通は、過去の普通ではないのだから、はじめから計画するなんて無意味だと思いませんか?


僕は普通が一番だと思っています。

もちろん時には背伸びしたり、色々なことを試せばいいと思う。

あなたの普通にとってそれが合わないのであれば、やめればいいだけの話です。


人生はトライ&エラーです。

失敗も成功もあなたの普通というモノサシで図るしかない。


普通に生きましょう。

もちろん「俺の普通はこれだ!」なんて言わずに、変化するモノととらえてね(笑)