会社員として働く人であれば、できるだけ仕事とプライベートを分けたいと思いますよね。

仕事,プライベート,分けたい,バランス
会社員として働く平日は「サラリーマンとしての自分」、休日は「プライベートな自分」。この2つのメリハリをしっかりつけてライフワークバランスを保った生活がしたいと思うのが普通です。

しかし、この2つの自分を混同してしまい、プライベートな時間にも仕事のことが頭に離れなかったりすることもあるでしょう。

僕も昔はそうでした。メリハリをつけたいんだけど仕事のことを考えると心ココに有らず状態。

日曜の夜なんて「世界の果てまでイッテQ!」を見ながら、憂鬱な気持ちになっていました…笑


そして脱サラをして、今だから言えることがあります。


そもそも仕事とプライベートを分けるなんて不可能なんです。メリハリとか言ってたらダメなんですよ。

今回はそんなお話をしていこうと思います。

「仕事とプライベートを分けたい」は可能か?


仕事とプライベートを分けたい人は、なぜそう思うのでしょうか?

会社の人間関係から逃れるため、辛い仕事のことを考えないためなど・・・まあ理由はそれぞれですよね。

もちろん器用にその線引きできるならば、それはそれでいいと思います。


ですか、そもそも仕事とプライベートを分けることは不可能ではないでしょうか?

就業時間から開放されたとしても、仕事のことを1つも考えないことは無理だと思うし、友達と酒を飲んでも仕事の愚痴になったりしますよね。

土日になっても、月曜日のことを考えた時点からある意味、仕事がプライベートに入り込んできます。


もしあなたが24時間ずーっと会社に拘束されているのであれば、それは厚生労働省に言った方いいでしょう。


そんな過酷な状況下にいなくても、仕事とプライベートは完全に切り離すことはできないのです。

仕事がうまくいっている時はプライベートも充実しているように感じるし、プライベートがうまくいっていればそれが仕事にも現れたりします。

この2つは分けられるモノではなく、カードの裏表のような存在であると考えたほうがいいでしょう。

仕事とプライベートのメリハリはいらない?

仕事,プライベート,メリハリ,分けたい
メリハリという言葉は「緩ませるときは緩ませて、張るときは張る!」という意味で使われます。(弦楽器からきた言葉と言われています)

確かに仕事は緊張感を持って望む必要はあるでしょう。

そして、プライベートでは張り切った弦を緩ませることで、僕らはバランスを保つのが普通です。


でもこれって、本当に辛い生き方だと思います。


僕もフリーランス的な立場になってから、大学時代の友達と海外旅行に行ったことがあります。

結城おさむ
あー、今日で最終日か。

楽しかったな~。

友達
はぁ~。

結城おさむ
どしたの?

友達
いや、明日からまた現実に戻るかと思うと…。

友達
本当に辛い…。


まー、気持ちは分かるんですよね。

日常を離れても、結局は現実に戻り、その中に埋もれてしまう。

仕事という存在をマイナスに捉えてしまうと、メリハリがあればあるほど辛いはずです。


何度も緩めて、何度も張りなおす。そんなことをしていたら弦は切れてしまいます。

だからといって張って、張って、張り続けるのもいけません。


僕はライフスタイルを弦で例えるならば、メリハリをつけるよりも、ちょうどいい張り具合を維持することこそが大事だと考えます。

「WORK=LIFE」で考えよう

仕事,プライベート,分けたい
ライフワークバランスという言葉が一般的に有名ですが、そもそもバランスをとるモノではないのです。

WORK=LIFE」なのです。

働くことと生きることは、ほぼ同義です。


現実問題、僕らは生きている時間のほとんどは働いています。

例え休日になったからと言って、それを忘れることはできません。

生きている間は働いているのです。


ではそんな中で、僕らはどうやったら幸せなライフスタイルを築くことができるのか?


これはもう、

好きなコトを仕事にするしかないのです。

たった一度の人生「好き」をシゴトにしよう

仕事,プライベート,分けたい
少しだけ、僕個人のお話をさせていただきますね。

いま僕はシゴトもプライベートも入り混じった生活をしています。

「毎日が休日!」というよりは「毎日が緩めの平日」という表現が一番しっくりきます(笑)


よく「仕事のオンオフがない生活なんて辛そう」と言われますが・・・


そんなことはありません。


それはあなたが「仕事は辛いモノだ」と思い込んでいるからです。

本当に好きなコトはオンだろうがオフだろうが、あまり関係ありません。

というか、どんな生き方をしても仕事とプライベートを完全に切り離すことはできないわけですからね。


それならこっちの生活のほうが幾分に楽です。

まあ僕が具体的に何をしているかはプロフィールを読んでみてください♪


結局、僕らは働くしかない生き物です。

それを下手に働くことから目を背けて「ライフワークバランス」とか「メリハリ」なんて言っているから辛いんです。

どうせ仕事からプライベートを切り離せないなら、自分が好きなコトをシゴトにしましょう。

さいごに


今回は仕事とプライベートにおけるメリハリという点から、好きなシゴトをしていきましょう!というお話をさせていただきました。

この記事を読んで不快な想いをしてしまった方は、すいません。

ただ、メリハリがある人生は本当に辛いモノだと僕は昔から身をもって分かっているんです。


もちろん、ほとんどの人が「好きな仕事なんてねぇよ!!」と思うかもしれませんが、僕も今のシゴトが最初から好きだったかと言われるとそうではありません。

どちらかと言うと辛い現実から逃げ出すために始めた仕事が、いつの間にか楽しいシゴトに変わっていったのです。

もしこの記事があなたの心に何か響くモノがあれば、お気軽メッセージをいただければと思います。