毎日残業、休日出勤などの仕事が忙しく、自分の時間が作れない人は多いでしょう。とは言え生活のこともあるし、仕事を辞めるわけにもいかない。でも、自分の時間がほしい…。

誰もがこんな悩みを抱えながら生きているモノです。(僕もそうでした)

自分の時間がほしい,仕事,作り方
しかし、世の中には“仕組み”を作り、時間もお金も不自由なく生きているヒトが存在します。

かくいう僕も趣味の延長線上で仕事をこなし、好きな時に読書をして、好きな人とお酒を飲んだり、「自分の時間」を大切にできているとは思います。


これも”仕組み”を作ってしまっているからです。

『自分の時間がほしい』と思っているのであれば、是非”仕組み”の作り方を知ってください。

僕とあなたの違いは、この作り方を知っているかどうかの違いしかないので。

サラリーマンは自分が”仕組み”に組み込まれている?


今回ご紹介する”仕組み”というのは、平たく言えば“お金が生まれる仕組み”のことです。

お金が生まれる仕組みってどういうこと??

っと思うかもしれませんが、サラリーマンを思い浮かべてください。


サラリーマンのお仕事は、会社の商品を売るために存在しています。

商品を作って、営業して、売って、経理処理をして、という仕組みでお金が生まれます。


そしてサラリーマンの場合は、その仕組の中のどこかで、あなたが直接動くことを前提にされていますよね?

あなたがその都度、資料を作ったり、経理処理をシステムに入力したりすることで成立し、それをさせている時間の対価として給料をもらうことができます。

つまり、会社がお金を生み出す仕組みの中にあなた本体が組み込まれていることになります。

自分の時間がほしいなら自分で仕組みを作る


では自分の時間が欲しい場合はどうしたらいいのかというと、次の2つしかありません。

  • いかに残業なしで帰るか
  • あなた自身で仕組みを作るか


この2つに1つです。

残念ながら残業なしで帰る手段を僕は知らないので、後者の説明をさせていただきますね(笑)

お金を使って仕組みを作る

自分の時間がほしい,仕事,作り方
一番てっとり早い仕組みの作り方はお金を使うことです。

例えば、株やFX。あれはお金を投資することによって、利益を回収する仕組みですが、やることとしてはお金を支払ってしまえば自由に時間を過ごすだけ。

もちろん、しっかり稼げれば…!という前提はありますが、そうやって自分の時間を確保している投資家がいることも事実です。


ちなみに投資家のバイブルとも言われている著書『金持ち父さん 貧乏父さん』では、

お金にお金を稼がせるんだ


という言葉もあり、自分の時間をかけてお金を稼ぐサラリーマンスタイルではなく、お金にお金を稼がせるスタイルが推奨されていますね。

アパートの大家さんなんかも、不動産投資と言われるような投資家なんですよね。

インターネット上に仕組みを作る

自分の時間がほしい,仕事,作り方 こちらは僕がやっていることです。

ブログであったり、動画、メルマガなどをインターネット上にストックすることで、あとは半自動的に収入を稼いでくれる仕組みです。

メジャーなモノで言えば「アフィリエイト(広告収入)」というモノがありますね。書いておいたブログに企業の広告を貼って、ブログ経由で商品が売れれば収益が発生します。


このスタイルの仕組みがサラリーマンと大きく違うのは、ストック型であるということです。

ブログを書いたり、動画を撮ったりすることは自分の時間や労力でやらないといけません。しかし、一度作ってしまうとそれがずーっと残っていきます。

書いてしまったブログは放置しておけば、1日にある程度のアクセスがあり、その中で勝手に商品が売れていきます。

だから旅行をしていても、友達とお酒を飲んでいても、自然と収益が発生する仕組みができていくということになります。


これに比べるとサラリーマンがやっていることは、その都度自分の時間を切り売りしないといけないので、自転車操業的な働き方といえるでしょう。

僕も約半年の期間くらいで、サラリーマンの月収程度の仕組みをブログで作ったことがありますし、基本的には誰にもできることです。


しかも先程ご紹介した「お金で仕組み」を作る方法とは違い、初期費用も維持費も大した金額がかからないのです。

ブログを開設するだけなら月々1000円程度の費用ですし、仕組みができるまでの自分の労力をどう見るか次第でしょうね!

【参考記事】ビジネス初心者がアフィリエイトを始めるべき4つの理由

自分の時間はほしいけど、仕事を辞めたいとは思わない…

自分の時間がほしい,仕事,作り方
あなたがどんな気持ちでこの記事を訪れてきてくれたかにもよりますが、僕がご紹介した方法は会社に属さない生き方でした。

『自分の時間はほしいけど、仕事を辞めるほどでは…』

『つまり起業するってこと?そんなリスキーな…!』


こんなふうに思っているかもしれませんね?


もちろん強制をするわけではないし、必要がなければこの先も読む必要はないでしょう。

ただ、どんなに頑張ってもサラリーマンとして自分の時間を確保するには限界があります。


朝会社へ出かけて、夜になったら退社をする。これを少なくとも年間250日くらいは繰り返して、40年間以上は続けないといけません。

どんなに優秀になろうとも、それに伴って業務量は増えるだけ。

決して何かをストックできるわけでもなく、ひたすら自分が体を動かし続けて、会社の売上を上げ続けてないといけないのです。


普通に考えたら、こんな状態で「自分の時間」を作ることは困難です。


好きな本を読んだり、おしゃれなレストランで美味しい料理を食べたり、長期で海外旅行したりなんて夢のまた夢。

本当に自分の時間を作りたいのであれば、何らかの仕組みを作り、いかに自分が動かずとも収益が発生するようにするかが大事です。

しかもこれには、特別な才能といった類のモノは必要ありません。僕も才能に恵まれたわけでもなく、ただのダメリーマンからスタートし、副業で成果を出すことができました。


忙しい日常に埋もれずに生き、自分の時間を確保する方法は、たしかに存在します。

それを体現しているヒトがいることも間違いない事実なので、この事実を受けてあなたがどう行動するかで未来は変わっていきますよ!

まとめ


今回は「自分の時間がほしい」と悩む人に、仕組みの作り方や存在についてご紹介しました。

ここでご紹介した仕組み作りは、序の口でしかありませんが、具体的な方法等については僕のブログでかなり詳しくご紹介していますので、是非他の記事も御覧くださいね!

僕たちの人生は一度きりだし、失った時間だけは取り返すことができません。”仕組み”を作り、自由なライフスタイルを実現できるように行動を起こしていきましょう!