あなたは田舎暮らしをしていて、こんなことを思ったことがありませんか?

「最寄り駅まで遠すぎて不便・・・!」

「田舎は出会いもないし、つまらない!」

「仕事も少ないし、給料も低い!」


田舎,つまらない,住みたくない

  • 都会に住んだことがなく憧れを抱く人
  • 大学は都会に住んでいて地元就職した人
  • 都会人なのに仕事で田舎に飛ばされた人

状況は様々だと思いますが、「田舎はつまらないから、住みたくない!」というのが本音でしょう。

実は僕もそうでした。
生まれも育ちも富山県で田舎暮らしをしており、都会の多様性やオシャレなカフェ、便利さなどに憧れていました。

ただ、最近はフリーランスの身になり、東京に出向くことも増え、知り合いも増えました。

そうやって色んな人の話を聞いていると、『都会に住むのも一長一短だな~。』と思うことも多くなっていったんですよね。


なので、今回は。



田舎暮らしはつまらない!住みたくない!!



こんな風に思っているあなたに、都会に上京するメリットとデメリットを詳しくご紹介していきましょう!

都会に上京するメリット

【1】電車が4~10分に1度ある

田舎,住みたくない,つまらない
都会にいけば、電車やバスなどの交通網が便利です。

田舎だと1時間に1便あるかないかの地域もあり、ひとつ電車を乗り遅れただけで大変なことに…笑

フラッと表参道まで!
っと思った時に、すんなり電車で行ける環境っていいですよねー。

【2】国内・海外への飛行機が安くて便利!

田舎,つまらない,住みたくない
都会のメリットとして、飛行機の便が充実していることもあります。

僕の地元、富山県の空港には沖縄行きの直通便がありません!笑
北海道も1日に1便しかなく、しかも高いです・・・。


というか、富山空港には海外便がありませんしね(笑)


飛行機に乗るために、関西や東京に行くのもアホらしいですが、田舎者にとってはそっちのほうが経済的だったりするんですよね。

旅行に行ける手軽さは、圧倒的に都会が優れています。

【3】価値観が合う人に出会いやすい

田舎,つまらない,住みたくない
若い人でも田舎暮らしが長いと、価値観が片寄りがちです。



「20代半ばで結婚できないとか、どうするつもり?」

「長男なのに家を継がないなんて、どうかしてる。」

「女は働かずに、家を守れ!」





一度、都会の多様性を知ってしまうと、田舎の考え方の人って遅れてるな~って思っちゃうんですよね。

田舎だと人口も少ないし、自分と同じような考えの人は少ない。
無理ヤリ他人に合わせていても、ストレスがかかってしまう気持ちも分かります。


都会に行けば、人口も多く、価値観も様々なので、あなたと馬の合う人がどこかにいるはず。
しかも「オフ会」とかも盛んで、会えるチャンスが多いのも事実です。

せっかくの人生、合わない人との時間に使うより、価値観の合う仲間と一緒に過ごしたいモノですよね?

【4】都会は男女の出会いも多い…!

田舎,つまらない,住みたくない
社会人になると出会いがないと嘆く人もいますが、これも田舎と都会で格差があります(笑)

人口の多さにも原因はありますが、人と出会うことへのハードルの問題もあるんです。

例えば、マッチング(出会い系)アプリのペアーズ。
手軽に男女がメッセージのやりとりができるアプリなのですが、こういったアプリのユーザーの意識も田舎と都会には違いがあります。




田舎「ペアーズ?なにそれ、出会い系?なんか怖い。」

都会「ペアーズ。え?普通でしょ?」



まあ、こんなかんじです(笑)
出会いがないなんて、人間にとって永遠の悩みじゃないですか?

その悩みに対して、オープンに取り組めるスタンスの人が都会には多いです。



「人口の多さ」 × 「出会いへの意識の差」



この掛け算で、都会のほうが男女の出会いが多いのも事実。
素敵な異性と出会いたいのは、みんな一緒ですからね!

【5】オシャレなお店や楽しいイベントが多い!

田舎,つまらない,住みたくない
都会は最先端のお店や文化が入ってきます。

「あの有名パティシエ監修のレストランが、ついに来日…!!」

というニュースを見ても。

田舎,つまらない,住みたくない
というのが田舎暮らしのルーティーンです(笑)

同じような毎日に刺激を求めているのに、田舎にずーっといたら、それが手軽に手に入らないですよね~。

結局、パチンコなどのギャンブルに興ずるしかなくなるわけです(笑)

【6】仕事も多いし、給料も高い

田舎,つまらない,住みたくない
都会には様々な働き口があり、同じ仕事でも田舎より給料が高い傾向にあります。

特に転職という観点でいえば、田舎にはまだ「1つの会社に勤め上げてこそ1人前」という古い考え方も根付いているので、新しい職場も都会のほうが受け入れてもらいやすいでしょう。

同じ仕事でも給料が高いのも事実なのですが、その分忙しかったり、生活費もかかるので、ここは大したメリットにはならないでしょうね。

【7】面倒な近所付き合いがない

田舎,住みたくない,つまらない
面倒な近所付き合いをしなくても良いのが都会のメリットですね。
僕の実家も、両親が町内会の役員をしていて、普通にめんどくさそうでした(笑)


田舎だと、ゴミ捨て場の問題や地域のイベントをどうするかなど、周辺住民のコミュニティが重んじられてきました

しかし、今は昔と違って、インフラも発達して、都会のアパート暮らしをしていれば、面倒なシガラミから解放されます。


隣に住んでいるというよく分からない理由で、仲良くする必要はありません。

そういった自由さや多様性を受け入れてくれる都会にいると、精神的に楽なんですよね。

【8】車を持つ必要がない

田舎,つまらない,住みたくない
都会は交通網が発達しているので、自動車を持つ必要がありません。

逆に田舎暮らしをする場合、車がない生活はありえません。
そして田舎の人ほど「いかに良い車に乗るか」が、自分のブランドになったりします。

でも、そこそこの車を新車で買うとなると300~500万円の出費です。
さらにガソリン代や中間の維持費、車検代などがかかります。

万が一、交通事故を起こして加害者になったら賠償金や懲役などを課されることもあるでしょう。


僕も車は嫌いではないのですが、あんまりメリットはないなっと思います(笑)

メリットがなくても、田舎では生活できないので、乗るしかないんですが…。

【9】高齢者ほど住みやすい?

田舎,つまらない,住みたくない
車のお話をしましたが、高齢者ほど車に乗るリスクは高くなります

動体視力や判断力の低下から、運転をするのに適さないようになっていきます。


今、田舎では65歳以上の人に運転免許証の返納を推奨する取り組みも盛んです。
返納する代わりにタクシーの割引券などが寄与されるみたいなんですがね。


しかし、車がなくなって不便なのは、高齢者も一緒です。

むしろ、高齢者のほうが車がなくなったら困るはず。

交通網の整っていたり、病院の数が多い都会のほうが、高齢者には適した場所だったりするわけです。

都会に上京するデメリット


さて、都会のメリットを聞くと、ますます田舎に住みたくないと思うかもしれませんが、都会に上京するデメリットもあります。

【1】家賃が高い

田舎,つまらない,住みたくない
田舎と比べて、都会は家賃が高いです。

田舎で家賃が5万円のアパートを探したら、めちゃくちゃオシャレなところに住めます。
東京で家賃5万円とか「ワケアリ物件なの?」と疑いたくなるレベルです(笑)

10年スパンで考えると。



【田舎】5万円 × 10年間 × 12ケ月 = 600万円

【都会】9万円 × 10年間 × 12ケ月 = 1,080万円





ザックリ計算で、480万円は田舎と都会でかかるお金が違います。
住む場所の違いだけで、一般的なサラリーマンの年収ほどの差が10年でついてしまうんですよね。

【2】通勤ラッシュなどの満員電車

田舎,つまらない,住みたくない
満員電車が嫌になって疲弊してしまう人はいるでしょう。

東西線や京浜東北線などでは混雑率が200%に達することもあるそうです。
※混雑率200%は、100人しか乗れない乗り物に、200人乗る状態です(笑)


満員電車に疲れ、穏やかな田舎の暮らしに憧れる東京の人も多い。
人口が多く、多様性があるのは良いのですが、人口が密集しすぎているのは考えものですね。

【3】地元の友達との関係が希薄になる

田舎,つまらない,住みたくない
東京に住み、色んな人と出会うと田舎の友人や両親の考え方とのズレが生じます。

  • 結婚への考え方
  • 友情や仲間意識の捉え方
  • 働き方や生き方
  • 男女の貞操観念


希薄になるだけなら良いのですが、関係が悪くなる例もあります。

「あいつ、ウチラのこと見下してないー?」

と、田舎ならではの仲間意識から、バチバチしてしまう可能性はあります。


しかし、東京は多様性にあふれる街です。
合わない人とわざわざ交流する必要もないので、そこをデメリットと捉えるかどうかの話ですね。

環境を変えても、最後は自分次第


『田舎がつまらない、住みたくない』

そう思うのであれば、都会に出ることをオススメします。

しかし、都会に上京しても、自分の人生が面白くなるかどうかは自分次第です。


当然、都会に住んでいても面白くない人はたくさんいます。
高い生活費に追われ、それだけに毎日を浪費している人だっているでしょう。

都会に行ったからといって、待ちの姿勢では何も変わらないのです。

田舎,つまらない,住みたくない


「都会に行ったら、何かが変わるかも。」




と淡い期待を抱いているだけならば、あなたの人生が満たされる可能性は低いです。
ロクな仕事も選べずに、都会に搾取される側になってしまうでしょう。

仕事に追われ、時間に余裕のない生活をするハメになるなら、上京する意味がありません。

つまらない田舎だからこそ、
虎視眈々と上京の準備をしよう!

田舎,つまらない,住みたくない
あなたが田舎暮らしがつまらないと思うのであれば、今のうちに上京する準備をしておくといいでしょう。

一番分かりやすいところで言えば、仕事面です。
結局、経済的な余裕がないと、都会での生活を楽しむことはできません

何か資格を取ったり、今の仕事のスキルを磨いたりするのもいいでしょう。


しかし、僕がオススメしているのはインターネットでプチ起業をすることです。

時間の流れが穏やかな田舎暮らしの間に、月10~30万円程度のキャッシュポイントを構築しておいて、都会に出ることをオススメします。

資格やスキルはお金にならない?


都会での転職をする場合、資格やスキルが優遇されることはあるでしょう。

しかし、日本の中途採用事情は厳しく、本当に会社にとって有益な人材じゃない限り、どんなに資格やスキルを持っていても、転職先の待遇に活かされない可能性があります。

何だかんでビジネスは人脈が大事な世界
いい仕事のお話は、良質な人脈をたどって生まれることが多いのです。


スキルはあっても、人脈がない田舎者が都会で高待遇の仕事につけるかはギャンブルです。

田舎も都会も、インターネットは平等?

田舎,つまらない,住みたくない
田舎でも都会でも、平等に与えられたモノがあります。

それはインターネットです。
※一部、回線が引いてないところは除きます(笑)


今やインターネットさえあれば、誰とでも繋がれる時代になりました。
僕も北陸のド田舎に住んでいる身ではありますが、東京で活躍されているネット起業家の方とつながり、ブログのやり方を教えてもらいました。

ブログを書き始め、自分でプチビジネスを起こし、副業でも10~24万円くらい普通に稼げるようになりました。

アドセンス,初心者,メリット
これだけのキャッシュポイントを副業として持ちながらであれば、上京しても余裕のあるライフスタイルは実現するはず。

気の合う仲間を求めて、オフ会に参加したり、オシャレなカフェに通ったりなど、毎日が華やいでいくでしょう。


僕の場合はブログを本業にしたので、上京するまで少し時間はかかりましたが、それでも2年以内には上京を果たすことにしました。


こんな風に田舎暮らしでも、インターネットを使ったプチ起業を始めれば、つまらない人生にも選択肢が生まれていきます

しかもネット環境とパソコンさえあれば、田舎だろうが都会だろうが、関係ない世界です!(笑)
田舎者でも仕組みを構築して、誰もがキャッシュポイントを得ることができるわけです。


僕の公式メルマガ登録者には、僕が実践したブログのノウハウを無料でプレゼントしていますので、もし良かったら受け取ってくださいね!

ってか「そもそもブログで稼ぐとかイメージ湧かん…!」っって人は、別の記事を参考にしてみてください。

【グーグルアドセンス】初心者が最短で月収10万円を稼ぐブログの始め方をザックリと説明!

超初心者向けにザックリ&面白く解説をしていますので!笑

さいごに


田舎がつまらないし、住みたくない人の気持ちは分かります。

しかし、モヤモヤした気持ちを抱くだけでは現状は変わりません。
かと言って、都会に上京したからと言って、あなたの人生が好転するというわけでもない。

まずはつまらない日常を180°ひっくり返すために、虎視眈々と準備をすすめ、選択肢のある人生を手に入れていくのが一番です。


今の時代、インターネットを使えば、誰もがキャッシュポイントを手に入れ、ゆとりあるライフスタイルを手に入れることができます。


本業でも副業でも、どちらでも良いと思います。
つまらない人生に一つエッセンスを加えてみるといいですよ!