20代,仕事,苦労
「20代なら苦労は買ってでもしろっ!!」

あなたもこんな諺を、一度くらい聞いたことがあると思います。

でも、人間誰しも苦労なんかしたくないモノですよね?笑
それなのに世間一般的には、若いうちに苦労しておかないとロクな大人にならないと言われています。

そして若かりし頃の僕は、このおじさんたちのアドバイスを世迷言くらいにしか思っていませんでした。



『どうせ自分も苦労したから、お前も苦労しろってことでしょ?』

『自分たちが楽をしたいから、僕らに面倒な仕事を押し付けてるだけでしょ?』

『便利な時代に生まれた若者への嫉妬だね。』





こんな冷めた思いを持っていましたが、僕も歳をとり30歳になったり、独立してビジネスをやったりなどして考え方が変わることが多くなりました。

でも「20代の苦労は買ってでもしろ!」という意見には反対です。

というのも世間で認識されている『苦労』の意味が、まだ『新たなる苦労のための苦労』だからです。

僕たちはいつまでも苦労し続ける倍々ゲームの中で生きるのではなく報われる苦労をするべきなのです。

20代,仕事,苦労
「苦労のやり方」を間違えたまま、おじさんたちの言う『苦労』を思考停止で買い続けることほど不幸な生き方はありません。

是非、この記事を読んで、今まで誰も教えてくれなかった苦労のやり方を覚えていってくださいね。

仕事で苦労を買っても、楽にはならない。


20代で苦労しておけば、実力やスキルがつき、将来仕事に活かされるという話はよく聞く話です。

僕はこの意見にはついては賛成です。

しかし、『20代のうちに苦労しておけば将来的に楽になるか?』と聞かれれば、答えはNoと言えるでしょう。

なぜなら、サラリーマンの場合は20代に苦労してもしなくても、将来的には苦労をすることになるんですよ。

むしろ運さえ良ければ、20代で苦労しないほうが将来的に楽になるケースだってよくあることです。

『仕事の苦労』がもたらす2つのルートとは?


まず会社員のルートを大きく2つに分けてみましょう。
  • 出世ルート
  • 窓際ルート

20代,苦労,仕事
■出世ルートの場合

当然、若いうちに苦労した人はスキルもつくので、出世ルートに進む可能性は高いです。

20代,苦労,仕事
しかし、出世したからといって”楽”になるのでしょうか?
会社員としての生活では、社長にならない限りは上司が存在します。

出世すればするほど、与えられるタスクの重みは増していきますし、部下の面倒など気疲れをする機会は多くなるでしょうね。

20代,仕事,苦労
確かに与えれる給料は増えるかもしれませんが、これが若いうちに苦労して手に入る生活です。

どこの会社にいっても、部下よりも上司のほうが重たい責任の仕事を担っており、タフな生き方を求められるわけです。

■窓際ルートの場合

例外はあるとは思いますが、若いうちに苦労もせずに、怠惰な働きぶりをしていれば、将来的に重要なポストを与えられることなく、窓際ルート行きになるでしょう。

20代,苦労,仕事
当然ながら会社は、窓際族に重要なタスクを与えません。

ということは、窓際族は仕事へのプレッシャーは少なく、ノー残業で帰宅することができるライフスタイルとなるわけです。

20代,仕事,苦労
しかも、年功序列が常識となっている日本社会。
窓際族とはいえ、給料は苦労している若者たちよりももらえちゃうわけです。

20代のうちに苦労すれば、将来的に楽になるという言葉は、このケースには当てはまりません。

ただ、社員をリストラしないといけなくなった場合は、窓際族であるリスクは高いですがね(笑)

20代,苦労,仕事
不景気な世の中で、よほどの強運を持っていないかぎり、窓際族もリスキーな生き方といえるでしょう。


そう考えたら、どちらも楽な生き方とは言いづらい。

つまり苦労をしてもしなくても、楽になることはないってことなんですよね。

どう働くかではなく、どう生きたいかにフォーカスする。


『じゃあ、苦労なんてする必要ないじゃないか!』

『あー、もうあきまへん!頑張るのやーめた!!』





もしかしてこんな気持ちになっちゃいましたか?

誤解しないでほしいのが、僕は『努力することは無意味だ』とか『苦労なんてバカのやることだ』とかは言いません。

むしろ、自己実現をするためには努力が必要だし、苦労することだってあると思っています。

ただ、せっかく苦労するのであれば、得られる未来が幸せであるべきだと思っているんです。


だからこそ、あなたには考え方を変えてほしいのです。
「どう生きたい」にフォーカスを当てる。

どう生きたいかを考えてみる。


ここで、あなたの実現したいライフスタイルを思い浮かべてみてください。

本当に些細な願いでもいいので、具体的にイメージをしてやることです。

  • 平日の昼間にエメラルドグリーンの海を眺めながら、ハンモックに揺られてゆっくりした時を過ごす。
  • 都会の鬱蒼から抜け出し、好きなことをしながらログハウスでゆっくり過ごす。

これは僕の実現したいライフスタイルの一例ですが、いかがでしょうか?

何となくはイメージできてきましたか??


では、それを実現するために、今おじさんたちが『やれ!』と言っている苦労は必要でしょうか?


その苦労をすることによって、あなたが手に入るのは出世だけではないでしょうか??

もちろん、出世がしたいんだという場合は構いません。
しかし、前述した通り、出世をしてもこの先の苦労は新しく増大していくばかりです。

あなたは自分の会社で出世しているおじさんたちに憧れますか??

その苦労は「どう働くか」でしかモノゴトが見えていないんです。
もっと根本的に、「どう生きたい」かにフォーカスをしないと解決しません。

そして、そのためにあなたに必要なのは、ロールモデルです。

ロールモデルを見つけよう。

20代,仕事,苦労
あなたの会社の上司を思い浮かべてみましょう。
その中であなたが「この人のようになりたい!」と思える人はいるでしょうか?

もし存在しないのであれば、あなたはその環境にいてどれだけ苦労しても、幸せになれないでしょう。

あなたの上司は、未来のあなたです。
そこに何の希望も見いだせないならば、ロールモデルを見つける必要があります。


僕の場合は、会社員生活に疲れ、たまたまネットで見つけた自由人に憧れを抱きました。

  • パソコン1台でシゴトをして、場所に縛られない。
  • 収入も仕組み化されて1日1時間働くライフスタイル
  • 空いた時間で好きな読書や美味しいごはん屋さんに行く
  • 帰りの予定を決めない海外旅行に行く

こんな常識外れのライフスタイルを送っている人が、この世の中には存在する。

この事実だけでも何か頑張る価値があると思ったし、どんな努力も惜しまないと決めました。


貴重な週末を利用して、東京のセミナーに行ったり。
夜遅くの会社帰りにパソコンをいじりまくっていました。


確かに大変だったと思うし、まったく苦労していないと言えば嘘になります。

しかし、その結果3ケ月以内に月収10~30万円クラスのキャッシュポイントを手に入れ、半年後には独立果たします。

そして今では、会社に縛られない生活を手に入れることができました。
憧れていたライフスタイルまでは、道半ばですが、そのために今でも努力は惜しみません。

同じ『苦労』でも、それが報われる世界がそこにはあります。

ロールモデルを見つけて、「苦労した先の未来」を覗いてみるといいでしょう。

苦労をムダにしない新しい働き方

20代,仕事,苦労
僕が「どう生きたいか」を手に入れることができた方法は、個人でビジネスを始めることでした。

個人でビジネスを始めることは、会社員とは違い、自分のやった苦労がムダになることはありません。

もちろん、『難しいそう・・・』と一歩引いてしまう気持ちも分かります(笑)


しかし、そんなマインドブラックだけで諦めてしまうのは勿体ないと思います。

僕がサラリーマン時代の給料を超えたノウハウは、無料でプレゼントしていますし、下のボタンをクリックして是非受け取ってみてくださいね!



おじさんたちの言う「苦労」が報われる時代は、とうの昔に終わっています。

これからの時代を生きる僕たちは、新しい働き方をして自由になっていかないといけないのです。