コピーライティングネットビジネス
ネットビジネスで大きな金額を稼いでいくために必要な技術の1つにコピーライティングがあります。しかし、普通の人にとってコピーライティングという言葉は・・・。

『聞いたことはあるけど・・・。』

『あれだろ?著作権のことだろ??』


などなど、知識としては曖昧であることがほとんどでしょう。

ということで今回は、そもそもコピーライティングとは何なのか?ということについて。また、普通のライティングとの違いについて分かりやすく解説していきたいと思います。

コピーライティングとは?


コピーライティングとは、人を行動させるために書く文章のことを言います。

ネットビジネスでは、メールマガジンやセールスレターなどで活躍する能力であり、こういった文章には見込み客が商品を購入したくなるような工夫がたくさん詰め込まれています。

極端な例をあげると、ダイエットの商品の広告を見た時にどちらの文章の方が気になりますか?

  • この商品を買ったほうがいいですよ!
  • この商品を買わないとあなたは死にますよ・・・。

当然、後者の方が気になってその次に書いてある文章を読んでしまいますよね?(それか気持ち悪くて読まないかもしれませんが・・・笑)

また、僕らが生きている日常にもコピーライティングは溢れています。

例えば、スーパーのセール品であれば・・・。

『特別セール!おひとり様、1つまで!!

あなたも、こんな文章を見たことがあると思います。これは『限定感』を出すことで、特にいらないモノを買いたくさせているのです。(僕もこのコピーライティングのせいで、いらない卵を何回も買いました・・・笑)

逆に、普通に『特別セール』と打ち出していては、あまり心に響かないですよね?

これはあくまでも一例でしかありませんが、このように人を行動させるライティングのことをコピーライティングといいます。

この技術を高めることによって、あなたが売る商品は抜群に売れやすくなり、大きな金額を稼ぐことも夢ではないということですね。

コピーライティングと普通のライティングの違いとは?


ではコピーライティングと普通のライティングとの違いはどこにあるのでしょうか?

答えは簡単で『その文章を読んだ人が行動したくなるかどうか』がポイントです。

小説などの読み物は、読むことによって感動したり、悲しい気持ちになったり、心は揺れ動くかもしれませんが、何かを行動させる目的で書かれてはいません。逆にコピーライティングは人に行動してもらうために書くことが前提です。

もちろん、明確な線引きはありませんが、ビジネスであれば商品を売るためにコピーライティングを意識して文章を書くことは大事です。

どうやったら人に行動してもらえるか、そこをしっかりと考えて作られている文章かどうかが普通のライティングとの違いになっていきますね。

コピーライティングは悪用厳禁!


コピーライティングの技術を極めれば、特に価値がないモノでも見込み客に『欲しい!』と思わせることも可能です。

特にネットビジネスでは、インフォ系の商品(情報商材)などは実際に手に取って見ないと、その価値を体感することができません。

高額な金額を払ったにもかかわらず、無価値な商品が横行していたりするのも、コピーライティングが上手いセールスレターさえ書ければ稼ぐことは可能だからです。

しかし、このような商売を続けているとクレームとの闘いになってしまいますし、リピーターが一向に増えないためあなたのビジネスを軌道に乗せることができません。

しっかりと価値のある商品を提供していくことがビジネスでの大前提となりますので、コピーライティングを悪用することは厳禁です。

コピーライティングはどうやって勉強すればいいのか?


ではコピーライティングを勉強するためには、どうすればいいのか?

『売れるコピー』を書く技術は、一朝一夕で習得できるものではありません。

良質なインプット!!良い教材をしっかりと読みこみ

大量のアウトプット!!とにかく書く!!!笑

この2つが大事ですね。

あとは、個人的な経験談ですが人から教わるほうがいいでしょう。コピーライティングの能力がある人に教わり、メルマガなりセールスレターなりを添削を受けながら軌道修正し、推敲していく過程で確実に能力は高まっていきます。

あとがき


今回はコピーライティングとは何か?についてご紹介しました。

コピーライティングは普通のライティングとは違い『人に行動させるためのライティング』になります。

一度身に着けてしまえば、あなたの収入をいくらでも伸ばすことが可能になってくる能力なので、トライ&エラーを繰り返し技術をモノをにしてましょう!