ネットビジネスでも爆発的な利益を生むことができるメルマガアフィリエイトですが、稼げない人の特徴としてあげられるのは『4つNOT』を超えられていないことがあります。

4つのNotネットビジネス
あなたが『リスト数もあるのに全然稼げていない・・・。』という状況で悩んでいるのであれば、確実にコピーライティングの技術「4つNot」が欠けています。

今回は「4つNot」について詳しく解説していきましょう。

メルマガには必須?コピーライティング「4つのNot」とは??


「4つNot」とは、あなたがメールマガジンで顧客に商品を購入してもらうために超えなければならない障壁のことを指します。具体的に言いますと・・・。

1.Not Open
2.Not Read
3.Not Believe
4.Not Decide(Act)


以上の4つの障壁を超えなければ、コピーライティングであなたの望むような行動を顧客がとってくれません。

つまり、商品が売れないということですね。

1.Not Open


Not Openとは、あなたが書いたメールを顧客が開いてくれさえしないという障壁のことを言います。

多くのコピーライターが勘違いしているポイントとしては、自分の書いたメルマガは当然開かれると思っているポイントがあります。しかし全然そんなことなくて、顧客はあなたのメルマガに興味はないし、メールが届いても開いてくれさえしないのです。

メールが開かれてすらいなければ、どんなに緻密なコピーライティングの技術を駆使しも商品は売れるはずもありませんよね?

Not Openを解消するには、メールのタイトルを『開かずにはいられない』ような刺激的なモノにしたり、メールマガジンの登録フォーム(LP)に期待感をそそるなどの方法があります。

こうすることによって、顧客はメルマガを開いて、あなたのコピーを読んでみたいと思わせることができますので、まずNot Openの障壁を超えていきましょう。

また、メールの到達率という概念もあり、あなたの送ったメルマガが届いていないという可能性もあります。

普通の感覚で考えたら『メールが届かないってどういうこと?』と思うかもしれませんが、迷惑フォルダに入ってしまったりなど、顧客の受信フォルダに無事に到達しないことがあるのです。

これの対策としては、安定したメールサーバーと契約をすることで解消できますので『アスメル』『マイスピー』などのメールサーバーと契約して、メルマガを発行することをオススメします。

2.Not Read


メールを開いてもらったら、次に待ち構えるのがNot Readの壁です。

残念ながら顧客はあなたの書いたメールを読みません。

にも関わらず、全ての文章がくまなく読んでもらえると勘違いしているコピーライターは非常に多いのです。

あなたにも経験があると思いますが、メールマガジンを開いたはいいけど最初の方だけを読んで後は流し読みをしたり、開いた瞬間に閉じてしまうこともあるでしょう。

当然ですが、メールマガジンの内容をしっかり読んでもらえなければあなたが提案する商品を欲しいと思ってもらうことは不可能です。

なので、あなたはNot Readの壁を超えるためにも読んでもらいやすい工夫をする必要があるのです。

3.Not Believe


メールを開いてもらった。

メールに書いたコピーも読んでもらった。

しかし、顧客はあなたの書いたことを信じません。

ここでNot Believeの壁を超えないといけないのです。

例えば、『メール1通で100万円を稼ぐ』や『1日5分の運動で2週間後には10kgダイエット』など、常識的に考えて信じがたいコピーが書かれている商品を見たことがあると思います。このようなコピーは商品を魅力的に見せることができる反面、信じてもらえずにメールを閉じられてしまう可能性もあります。

Not Believeを超えるには、テストモニュアル(お客様の声)や科学的な根拠、権利ある者の証言などを活用すると信じてもらいやすくなります。

4.Not Decide(Act)


Not Decide(Act)は、直訳すると「決断しない」「行動しない」という意味です。

つまり、あなたのメルマガに書いてあるコピーを信じるところまできたはいいけど、実際の商品の購入まで至らないということです。

あなたも経験があると思いますが、何か商品が欲しいと思っても・・・。

『でもなぁ~』

と、決断できなかったり、実際の行動にうつせないということがほとんどでしょう。

そんな「商品が欲しいけど・・・」までの心理状態になっている顧客の背中を一押しするコピーが必要になっていきます。

最も難関なのはNot Read


4つのNotでも、一番超えるのが難しいのはNot Readです。

普通の人のイメージでは、実際に商品の購入を促したりするNot Decide(Act)が難しいと思っていますが、しっかり文章を読んでもらって、その内容を信じてもらえれば商品は簡単に売れます。

また、Not Believeもちょっとしたテクニックに解消できる問題なので、一番大事なのはそこに至るまでのNot Readの壁です。

多くの金額を稼いでいるコピーライターも一番重視しているのが「読者に読まれる文章」を書くことなので、しっかりコピーを読んでもらえるように工夫をしていきましょう。

【参考記事】Not Readを攻略する方法3つのONEとは?

あとがき


今回はメルマガアフィリエイトにおける「4つのNot」についてご紹介しました。

これらのNotは1つだけ超えればいいという問題ではなく、4つ全て超えるからこそ商品が売れます。

とにかくあなたとメルマガ読者との間には、これだけの障壁があり、1つずつ丁寧に乗り越えていく必要があります。