今回はメルマガアフィリエイトの基本的な技術として用いられる『GDTの法則』についてご紹介していきます。

GDTの法則メルマガ
『GDTの法則』はコピーライティングの技術の1つで、これを使いこなすことによって読者の欲求を刺激して「欲しい!」と思わせることができるようになります。

メルマガで商品をオファーする者には必須の技術となっていきますので、必ず理解を深めていきましょう!

GDTの意味とは?


GDTの法則は、人間の欲望を体系化してメルマガライティングに適した形で使用するよう法則化されたものです。

ここでいうGDTの意味は、それぞれ特定の英単語の頭文字をとったものです。
  • Goal(目標)
  • Desire(願望)
  • Teaser(本性)

この3つの項目は、その中でそれぞれ3つずつに細分化されるため、3×3で合計9つの欲望を扱うことになります。

1.Goal(目標)


Goalは日本語に直訳すると「目標」です。

3つのGoalとは以下の通りで、

  • より少ない時間で
  • より少ない労力で
  • より多くのお金(成果)を


つまり、人間という生き物は『1つのことに費やす時間を少なくしたい』、『できるだけ少ない労力で何とかしたい』、『そして、より多くの成果を出したい』という目標を持っています。

ダイエットの商材などでよく使われているコピーとしては以下のものがあります。

  • 1日5分で
  • テレビを見ながら
  • 1週間で-10kg!!
  • 半額で購入可能!

これらのコピーはGDTの公式の、『Goal』を刺激するために用いられているコピーなのです。

『より多くの成果を』には、『より少ないお金で』という側面も含まれているので、こちらも非常に大事な目標ですよね。

2.Desire(願望)


Desireは日本語で直訳すると『願望』です。

人間は先ほど挙げた『目標』よりも、『願望』を優先する傾向にあります。

3つのDesire(願望)は以下の通りです。

  • 貪欲(富、名声、名誉を得たい)
  • 性欲(愛、異性からモテたい)
  • 快適(快適でありたい、苦痛から逃れたい)


人間は誰でも他者からスゴイと思われたいし、異性からモテたいし、苦痛な生活に我慢することは嫌ですよね?

これは誰もが思ったことがある『願望』ということになります。

ダイエットの商材にもこんなコピーが書いてあるのを見たことがありませんか?

  • アメリカでは太っている人は『仕事ができない』と見なされますよ?
  • スリムな体型を得ることで好きだった男性と交際することができた
  • 理想の体型を維持することで、健康的な毎日を暮らすことができる
  • 水着を着ることにストレスを感じることはありません!

これら全て人間の持つ『願望』を刺激するために書かれているコピーです。

しかも、先ほどご紹介した『目標』よりも気持ちがグラッと動いてしまうコピーですよね?

これは人間は目標よりも願望を優先することを意味しています。

Goal(目標)<Desire(願望)

3.Teaser(本性)


Teaserとは、日本語に直訳すると『本性』です。

  • 興味(興味がある、好奇心がある)
  • 物議(反社会的、非常識的な考え方)
  • 希少(限定感がある、希少性に弱い)


人間は希少性を感じるモノに価値を感じる生き物です。そうじゃないと骨董品などに高値がつくわけもありませんからね。

また、興味や好奇心を刺激されると強烈に心が動かされていきますし、その表現が反社会的なコピーであればあるほど反応が大きくなります。

  • 残り3名様までしか受け付けません!
  • ダイエットに食事制限が必要なんて、まだ言ってるの?
  • AKB48も実戦中のダイエットプログラム

このような例が代表的でしょう。

このように本能レベルに訴えかける強烈なコピーを用いることで、メルマガ読者に「もっと内容を知りたい」という欲求を刺激することができます。

メルマガで最も難しいと言われているNot Readの壁を超えることも、このTeaser(本性)を刺激していけば攻略することも可能になっていくでしょう。

【関連記事】メルマガで超えるべき4つのNotとは?

特に反社会的なコピーは、アンチを生むことはあるでしょうが、その分強力な味方を得ることができます。

GDTの法則で最も刺激力が強いのは?


GDTの法則で3つの項目をご紹介しましたが、この中で最も人間の欲求を刺激できるのは『Teaser(本性)』です。

なので、GDTの関係としては

Goal(目標)<Desire(願望)<Teaser(本性)

ということですね。

だからと言って、3つの内1つだけでいいとかの問題ではなくて、メルマガやセールスレターで商品をオファーする際は、全ての要素を盛り込むことが大事です。

1通のメルマガでGDTの法則全ては難しい?


GDTの法則は全て大事なわけですが、1通のメルマガに全てを盛り込むことは難しいです。

なぜなら、これら全てを1通のメールに盛り込むと内容がつまりすぎてしまい、何が大事なのかが読者に伝わらないからですね。

1通のメルマガにあたり伝えるメッセージは1つという『3つのONE』を守るためにも、何通かに分けてGDTの要素を加えていき、読者の欲求を刺激するコピーを書いていきましょう。

あとがき


今回はメルマガアフィリエイトにおける『GDTの法則』についてご紹介いたしました。

人間は感情や欲求に対して忠実に行動をしていく生き物です。この特徴を利用して反応がとれるコピーを書けるようになっていきますので、是非意識して実践をしてみてください!