バンドワゴン効果ネットビジネス
今回はメルマガアフィリエイトに有効な『バンドワゴン効果』についてご紹介していきます。バンドワゴン効果は選挙の事例などからも証明されている現象であり、これをコピーライティングとして活用することが有効となっていきます。

バンドワゴン効果の意味とは?


バンドワゴンは、行列の先頭の楽隊車という意味で、バンドワゴンに乗るということは「時流に乗る」、「多勢派に入る」という例えに使われます。

つまり、人は多数派に属したいという欲求が強く、少数派にいることに不安を感じるという現象のことです。

『長いモノに巻かれろ』という言葉もあるように、例えば飲食店であれば行列ができているお店に行ってみたいと思うのが心理ですよね。

最近体験したことを紹介すると、車の免許更新の際に、自動車協会への寄付金(?)を任意で支払うコーナーがあるのですが、皆そこに誘導されて列をなしていました。僕は「あれ?これ任意だけど、やっぱり皆支払うモノなのかな?」と思い、お金を払うためにわざわざ行列に並んびました(笑)

このように、多数派に属することで安心する効果を表したのがバンドワゴン効果ということです。

バンドワゴン効果は選挙事例でも効果が証明されている

バンドワゴン効果選挙
バンドワゴン効果で有名な事例としては、選挙があります。

テレビの報道で、『〇〇氏が現在、優勢です。』というアナウンスをしてしまうと、バンドワゴン効果が発生して優勢と聞いた立候補者に票が流れこんでいくということが起きます。

また、日本で言えば「最近、若者の投票率が下がっている」というアナウンスをすればするほど、若者の投票率は下がります。

なぜなら、『みんなが投票していないなら、自分もいいや』という心理が働くからなんですよね。

メルマガにおけるバンドワゴン効果とは


メルマガなどで商品をオファーする際にもバンドワゴン効果は有効となります。

使用例としては、

  • 私はネットビジネス界で多くの人から支持を得ている
  • 商品を受け取った人から多くの感謝の声をもらっている
  • 予約が殺到しており人数制限をかけることになります

などで、メルマガ読者を多数派に誘ったり、少数派であることに不安を煽ったりすることで反応を高める方法があります。

もちろん、嘘はついてはいけないので自分が持っている事実をいかに上手く見せてバンドワゴン効果を利用するかが鍵となっていきますの。

あとがき


今回は多数派の原理、バンドワゴン効果についてご紹介していきました。

メルマガやセールスレターなどで商品をオファーする際には、多くの人から支持されていることを証明していきましょう。

もちろん、嘘を言ってはいけないですが、言い方次第では商品を魅力的に見せることができますので、しっかりと意識してコピーを書いていきましょうね。