いやー、遂にチェキをデジタル化したカメラinstax SQUARE SQ10(富士通フィルム)が5月19日に発売されるみたいですね!

チェキ,デジタル,データ,保存,容量

大手のニュースサイトでは現像前に画像加工(フィルター)ができるなどでも話題になっていますが、気になるスペックや値段などの情報をまとめていきましょう。

また、デジタル化に伴い大容量のデータ保存も可能になり、これからは旅先でもチェキが重宝されるではないか?と予想できます。

ということで今回は、そんなデジタルチェキについてです。

チェキがデジタル化!instax SQUARE SQ10が登場

さて、5月19日にinstax SQUARE SQ10が富士フイルムから登場するわけですが、僕が気になるスペックについてご紹介だけしていこうと思います。

本体の値段は31,800円(予定)。

現像前の画像加工(フィルター)が可能に

まずは今までのチェキでは不可能だった現像前の画像加工機能!

最近ではおなじみになったフィルター追加機能は10種類のフィルターを搭載しています。

チェキ,デジタル,旅,容量,データ

引用:http://instax.jp/square/

他にも!

 

  • 明るさを19段階で調整可能
  • 周辺光量を19段階で調整可能

 

などの機能も搭載しており、今までのチェキの“生撮り感”なくおしゃれな写真を現像することが可能になります。

加工した写真は一旦保存しておき、後で現像したい画像だけを選んで現像できるのが魅力ですよね!

一度に入るフィルムの枚数と値段は?

一度に入るフィルムの枚数は10枚のようですね。

ちなみに対応しているフィルムは、「富士フイルム インスタントフイルム instax SQUARE」です。

値段 約1,300円
フィルム枚数 10枚
フィルムサイズ 86×72mm
画面サイズ 62×62mm
ISO感度 ISO800

 

チェキのフィルムは従来通りで、今までのintaxminiシリーズを使っていた人でもそのまま使用可能っぽいですね。

ただ、10枚で1000円強という値段はコスパが良いとは言いづらいモノはありますが、デジタル化になれば現像する写真も選べるので、無駄な写真を現像する必要はなくなるのはいいかも。

内蔵データ保存容量は?microSDにも対応!

instax SQUARE SQ10の内蔵データ保存容量ですが、写真枚数にして約50枚ということ。

ちょっと少ない気もしますね・・・笑

まあご安心ください!microSDにも対応していて1GBあたり約1000枚ほどの写真をJPEG形式で保存ができるので、かなりの枚数を保存できると考えて良いでしょう!

1度の充電で何枚まで撮影可能?

1度のフル充電で約160枚までの撮影が可能のようですね。

ちなみに充電方式はマイクロUSBの入力端子から接続が可能なタイプ。

 

一度の充電で160枚・・・。

 

まあ使用用途に応じてという感じでしょうが、デジタルと言っても考えなしに連写するのはオススメできなそう(笑)

マイクロUSBでの充電が可能なので、携帯充電器を持ち運びつつなら、1日くらいなら何とか頑張れそうですね!

チェキを旅先でも重宝する時代に?

今までもチェキと称して旅先で、スマホのアプリを使って写真を撮り、プリントするという流れはありました。

もちろん、フィルムを持ち出してinstaxを旅行に持っていくという手もありますが、フィルムだけだとコスパも悪いし、フィルムもかさばります。

 

そんな悩みを解決したチェキカメラのデジタル化。

 

今後チェキの流れとしては、結婚式などのここぞ!という記念だけに利用されるのではなく、旅先などでも気軽に重宝する人が増えるのではないかと思いますね!

まー、充電機能には若干の不安はありますが(笑)

デザインもおしゃれだし、SNSでもinstax SQUARE SQ10で撮った写真をスマホで撮ってドヤ顔!みたいな光景が目に浮かびますね(笑)

利便性だけでは語れないトレンド

「コンパクトさが売りなら、スマホでいいじゃん!」 と、合理的な人なら思ってしまうでしょう。

 

確かにスマホであれば、現状最もコンパクトに写真を撮ることができるし、その場で画像の加工もできる。そのままSNSにだって上げることができてしまいます。

「コンパクトさ」や「利便性」だけで考えたら、わざわざデジタル化したチェキを買う必要はないように思います。

しかし、基本的に世の中のトレンドというのは、ぐるぐる回る流れがあります。

スマホである程度の便利さを体験しつくした世代は、今度は”手間暇”を重視する傾向にあります。

 

現に、カメラの業界では今さらながら「写ルンです」が流行しているのも事実。

 

「写ルンです」はその場で現像もできないし、わざわざカメラ屋さんに行って現像をしてもらわないといけないという不便きわまりない品物です。

携帯で例えるならガラケー。いや、今は見なくなった黒電話くらいのモノだと思っていいでしょう(笑)

写真を撮るという行為だけならスマホで事足りるけど、「写ルンです」特有の加工のできない”生写真感”であったり、現像したフィルムの光沢感のある手触り、現像してみないとどんな写真になるのか分からないドキドキ感。

そういった体験に価値を見出すようになっていくわけですね。

 

それと同じように、便利さだけが全ての時代ではなくなっています。

とても利便性が高いとは言えないチェキが流行るのも「その場で現像できる」という体験に価値が見いだせるためです。

それはスマホの利便性だけでは語れない体験があるからこその話。

今回のチェキのデジタル化は、結婚式などのクローズな場での体験から、より外でのチェキの体験を増やす画期的なアイディアになるのではないかなっと思います。

さいごに

今回はチェキのデジタル化についてまとめてみました。

デジタル化に伴い、旅行先でチェキを首にぶら下げる観光客が増える予感しかないですね(笑)

こうやって様々なシーンで体験を増やす商品が増えていくのは面白いと思います。

ってか知らなかったけど、今までなかったのが不思議って感じだったので、色んなところにアイディアが眠っているんだな~っと感心してしまいました^^ これからチェキのデジタル化は進んでいきそうですね!