2017年1月から放送されている連続ドラマ『東京タラレバ娘』がいいかんじで話題になっているみたいですね~。

結婚,イコール,幸せ,東京タラレバ娘
都会に住むアラサー女子の世界観にグッとくるちというより、グサッとくる人も多いはず…笑


そんな東京タラレバ娘ですが、いよいよドラマ第6話で主人公の倫子(吉高由里子)がイケメン奥田(速水もこみち)さんと出会うわけですが、この奥田さんがかなりの曲者(笑)

実はドラマは見てなくて、漫画で読んだ僕ですが、奥田さんとの出会いに心が揺れる倫子から「結婚イコール幸せ」という価値観にメスを入れていこうと思います。

【東京タラレバ娘・第6話】倫子と奥田が結婚?


※ネタバレ注意です

タラレバ言いながらアラサーになった倫子の前に、イケメンでバーの亭主・奥田さんが突然現れます。

まあ、簡単にいうとイイかんじの関係になって、倫子はうまくいなかい仕事も辞めて、結婚も考えるようになります。


しかし、奥田さんには少し問題があって・・・。



極度の映画マニアだったんです(笑)


全然問題ないように思えますが、好きな映画中に出てきた女優(ジャネット・ジャクソンだったかな)の髪型にしてほしいと執拗にお願いしてきたり、好きな映画のDVDを貸して『見た?見た??』と、結構しつこい…(笑)

結果的に、彼との関係に疲れてしまい、倫子は別れを告げることになるわけですね。

※ちなみに奥田さんは漫画では3~4巻で登場します。

結婚が目的になってはいけない

結婚,幸せ,東京タラレバ娘
奥田さんと別れる前、倫子は悩み続けていました。

『この人に幸せにしてもらうんだ』

『こんなハイスペック男子に出会えたことが奇跡』

『慣れればいい、我慢すればいい』

『こうやって結婚すれば幸せになれる』

『それが女の幸せってもんでしょ。』

『分かっちゃいる、分かっちゃいるのよ…』

『耐えられない』

『妥協はできない』


・・・。


と色々悩んでしまうわけです。

確かにアラサー女子にとって、ハイスペックな男性との出会いは貴重なものではあるのでしょう。

しかし、このとき倫子は仕事を辞めて、結婚するという「女の幸せ」という価値観に囚われてしまい、結婚することが目的になっていました。

奥田さんと結婚するために我慢し、自分を納得させる生き方を選ぼうとしていたのです。


結果的に、倫子は納得することができずに奥田さんとは別れてしまうわけですがね。

「結婚イコール幸せ」は嘘?


残念ながら「結婚=(イコール)幸せ」という考え方は嘘です。

もし、これが本当だったら誰も離婚なんてしませんよね?笑


結婚というのは幸せになる手段であって、目的ではないわけです。


僕には兄(34歳独身・彼女はいる)がいて、こんな会話をしたことがあります。


「結婚しないの?」

『結婚するメリットがない。』


『お互いが仕事を楽しみ、自立しているから結婚なんて面倒な儀式をしなくてもうまくやっている』

「でも将来とか不安じゃない?」

『不安??』


「年をとって面倒を見てくれる人がいないとか?」

『俺たちが老人になる頃には、老人ホームも進化してるだろw』

「なるほどね(笑)」


まあ、兄の意見は極論ですが、彼は「幸せになるために結婚しない」という選択をとっただけの話でした。

面倒な家族づきあいや、子供を産むことに興味がない。

そんなパートナーと出会い、仕事を楽しんで人生を生きている。(多分、影で遊んでいる)


誰もが当たり前のように「30くらいになれば結婚はするものだ」という常識に縛られ、それが幸せだと思いこんでいる。

しかし、そうではなく「幸せになれればいい」わけです。

もしそうなるために「結婚」が必要だと思うならば結婚すればいいし、そうじゃないなら僕の兄のように結婚しないという選択肢をとればいいと思う。

つまらない世間体を気にしても幸せにはなれない

結婚,イコール,幸せ,東京タラレバ娘
とは言え、アラサーにもなって結婚できていないのは世間の目が痛い・・・。


こんな思いをしたくないと思っていませんか?笑


確かに結婚している家族を見ると幸せそうに見えたり、羨ましいと思ったりするかもしれません。

それと自分を比べて惨めな想いをすることもあるかもしれません。


でも最終的に自分が幸せかどうかを決めるのはあなた自身です。

つまらない見栄やプライドを守るための結婚で幸せになれるとは思いません。


つまらない世間体は無視して、あなたの生きたい「理想の未来」をイメージしてみてください。

外からのイメージではなく、中からのイメージを大事に


ちょっと難しい話をしますね?笑

憧れの未来のイメージで大事なのは、外からのイメージではなく中からのイメージです。

東京タラレバ娘,結婚,幸せ
一般的に僕らが『幸せだろうな~』と思うかべるのは外からのイメージです。

つまり、イメージには笑っているあなたがいて、イケメンの夫がいて、子供がいる。

しかし、僕らは自分の目というフィルターを通してしか現実を見ることはできません。


実際にそれが幸せなのかどうかは、自分の目で見た光景からしか判断ができないわけです。


よくお金持ちになったら幸せになれそうだな~という人は多いですが、お金をたくさん手に入れたところで案外なにも変わりません。


札束のお風呂に入っている絵をイメージするのではなく、あなたが札束のお風呂に入っている景色をイメージしてみましょう。

多分、ちょっとむなしくなる気がしませんか?笑


あなたが幸せを感じられるかどうかは『あなたの目を通して広がる世界』が大事なわけですね。

本当の孤独にならないためには?

東京タラレバ娘,結婚,幸せ
さて、ここまで『自分の生きたいように生きましょう!』的なことを言ってきたわけですが…。


『そうは言っても孤独には勝てない』

『やはり一人は寂しい』



という声もあると思います。


まあ、大前提を言ってしまうと「人は孤独な生き物」なんですが、孤独にならない方法をご紹介だけしておきましょう。


シゴトをすることです。


シゴトと言っても、あなたの考えている窮屈で嫌な仕事とは違います。

自分の人生をかけて楽しめるようなビジネスを見つけてください。


シゴトをしていれば必ず人とつながることができます。

そしてあなたが良いシゴトをすれば、ますます関係が深まっていきます。


もちろんそれが一生続くかなんて分かりません。

しかし、結婚相手だって一生関係が続くか分かりませんよね?


シゴトさえしていれば、孤独になることはありません。

もちろん、それが幸せかどうかはあなたの判断になりますが、つまらない見栄ではなく自分の生きたいように生きていった結果、僕の結論は『シゴトをすればいい』ということでした。

さいごに


今回は東京タラレバ娘から考える結婚の考え方についてご紹介しました。

ちなみに僕は結婚は”どっちでもいい派”です(笑)

まあ、機会がくればすればいいと思うし、とりあえずパートナーはいるので必要だと思ったらしますよ。


「結婚イコール幸せ」という世間体に囚われて人生設定をするのは間違っていると思います。

そんな余計なことを考えるなら、自分のシゴトを頑張って、たくさんの人と出会うことのほうが大事ですよ。


あ、シゴトというは『会社員』でもいいですが、もっと自由に色々な生き方があるので、僕のブログでもご紹介しています。

【関連記事】ビジネス初心者は、まずアフィリエイトを始めるべき4つの理由