これから結婚を考えているカップルで、結婚前に同棲を考えている人もいるでしょう。

しかし、相手の親が反対していて実現が難しい!そんな悩みを抱えている人も多いのでは?

結婚前,同棲,親,反対,説得
僕ら(20~30代)の親世代は『結婚前に同棲なんてけしからん!』という人も多いはずです。

しかし、よく考えるとメリットしかない結婚前の同棲。

説得する鍵はいかにそのメリットを伝えられるかと、ちょっとした小手先テクニックだったりします。

結婚前に同棲するメリット


この記事をご覧のあなたなら、よく分かっていると思います。

結婚前に同棲することはメリットしかないです。

万が一ですが、それでうまくいかないと分かれば別れるという選択肢もあり、お互いを早い段階知ることは将来のためといえるでしょう。

1.お互いの生活感を知れる

結婚前,同棲,親,反対,説得
一緒に暮らすことでお互いの生活感を知ることができます。

何時に帰ってきて、ご飯はいつ食べて、いつごろ寝て…など、2~3日の旅行ではしれないお互いの日常を初めて知ることができます。

それに部屋が予想以上に汚かったり、変なこだわりがあったりなど、カルチャーショックは大きいはずです。

そういう一面を見ておいて、お互いにそれを補えるかどうかを判断する材料にすればいいわけです。

2.お互いの金銭感覚が分かる

結婚前,同棲,親,反対,説得
一緒に住むことは家賃を払うことはもちろん、食費や家具を揃えたりなどお金をお互いに出し合うことを意味します。

こういう何気ない出費の価値観が合わないとストレスになることも多いのです。

生活費は大丈夫でも車にやたらとお金をかける人であったり、パチンコに行く人であったりなど金銭感覚の不一致は物理的な生活に関わることなので十分な見極めが必要だと考えます。

3.お互いの性格を再認識できる

結婚前,同棲,親,反対,説得
毎日顔を合わせると相手の違う一面を見ることにもなるでしょう。

機嫌が悪いときだったり、落ち込んでいる時など色んな精神面に触れることになります。

実はイライラすると暴力をふるう人も、一緒に住んでみないと分からないことはたくさんあるはずです。

もし気づいても結婚してからでは遅いんです。やはり早め早めに相手を知り、理解できるかどうかを確認したほうがいいでしょう。

4.結婚式の準備が簡単にできる

結婚前,同棲,親,反対,説得
さて、ここまではマイナス面ばかりご紹介してきました。

「◯◯だったら別れることができる」

という、プラスはないけどマイナス面のリスクヘッジ的な考え方ですね。


しかし、本当に便利なこともあって、結婚式を控えているカップルであれば式の準備が手軽になります。

別居しているカップルだと、どこかのカフェで打ち合わせをしたり、ゆっくりできるラブホテルで色々決める人もいるらしいです(笑)


2人だけの空間を作るのって結構大変で、結婚式の準備となれば手軽に2人が会える空間は重宝されます。

忙しい現代人こそ結婚前に同棲くらい済ませておいた方が良いのです!

5.好きな人と一緒に暮らせる

結婚前,同棲,親,反対,説得
そして何よりもこれ。

いろんな不安要素を拭うために同棲するのもありですが、そもそも自分の好きな人と同棲するのって幸せなことです。

ワクワクもしますし、落ち着く瞬間も増えるでしょう。


こんな感じでメリットだらけの結婚前の同棲。

デメリットは基本的にありません!

「結婚前に仲が悪くなるかも」という意見もありますが、それなら結婚しなけりゃいいだけの話でしょ(笑)

なぜ結婚前の同棲を親世代は反対するのか?


それではこんなにもメリットだらけの結婚前同棲。なぜ親世代は反対するのか考えてみましょう。

結論から言います。


「そう教わってきたから」


です。

昔の古き良き日本の文化は、貞操観念などに非常に敏感です。

行きずりの男と一夜の関係を持ったなんて言ったら、勘当なんて話もよく聞きました。

「結婚前の男女が同棲なんて不純極まりない」という感情論で生きているのです。


つまり感情なのです。

しかし、この感情というのが非常に厄介で、メリットだけでは気持ちが動かないんですよね。

だからこちらもそれなりの作戦をもって挑む必要があります。

結婚前の同棲を反対する親を説得する方法


相手(自分のでもいいですが)の親を説得する方法についてです。


1.母か父、どちらに先に話すか


こういうのは先に根回しをしておくことにこしたことはありません。

あなたの相手に「お母さんとお父さん、どちらが容認してくれそうか」を確認して、少しだけ事前情報を提供することにしてください。

いきなり2人を攻めるより、片方が味方になっていれば話は通りやすいです。


そしてワンポイントアドバイスとしては、根回しをする際にこの一言が重要です。


『お母さんにしか、相談できないんだけど。』(母に根回しをする場合)


こうすることで我が子の真剣度と、自分が必要とされている自己重要感を満たすことができ、味方になりやすくなります。

2.真剣さを伝える


『結婚を前提にしている』と言うことであなたの真剣度を示すことは大事です。

親世代は世間体をめちゃくちゃ気にします。結婚もしないのに同棲なんて認めたら周りになんて言われるかが恐いのです。

まあ結婚を前提としているのであれば、忘れずに伝える必要はあります。

3.具体的なメリットを伝える


そしてようやくここでメリットを伝えてもいい状況です。

親からしてみれば「どうせ結婚するなら焦る必要ないじゃないか」というのが本音。

なぜ「今」なのかを具体的にエピソードを交えて伝える必要があります。


  • すれ違い生活で結婚式の準備ができない
  • 結婚式のために2人でお金を貯めたい
  • 結婚式前にバタバタするのは避けたい
  • 2人で家賃を割って節約して今後の貯金をしたい

このようにエピソードは美しいほがいいです。キーワードは『貯金』、『節約』、『自立』、『結婚式のため』です。

間違っても「相性診断のため」とは言ってはダメですよ(笑)

4.議論はしない


親が感情的になっても議論してはいけません。

議論をしてお互いが正しいと主張したら、最終的に「私のほうが正しい」ということを増強してしまいます。

絶対に議論をしてはいけません。絶対に交渉は失敗します。


それよりも笑顔で対応し、断られたら「同棲ができなくて困っている。助けてほしい。」と相手に頼るという姿勢を大事にしてください。


結婚前に同棲するメリットで首を縦にふらないなら、次は結婚前に同棲できないことで自分たちはこんなに困っているんだっということを伝えるのです。

『実を言うと、今年から会社の仕事が忙しい部署になるんです。結婚式の準備も手伝える機会が減れば、娘さんに負担をかけてしまうかもしれません。でもそれだけは避けたいので、常に彼女の側で支えてあげたいんです。誠にお恥ずかしい話です。』

こんなに自分たちは困っている。

しかし、この状況はあなた(親)が首を縦に振れば解決することなんだ。そうすることで娘さんも辛い思いをしなくて済む。

こんなメッセージを誠意ある言葉で伝われば、さすがに大丈夫でしょう(ちょっと性格悪いですが笑)


向こうも感情論なので、こちらも感情に訴える手段ですね。

罪悪感という感情にですが(笑)

5.基本は笑顔で


これは大事なのですが、笑顔でハキハキと伝えることも大事です。

ものすごい深刻な雰囲気で話されても、断りたくなるのが人間です。

自分たちは前向きな気持ちで言っているというスタンスは非常に大事ですよ!

さいごに


今回は結婚前に同棲する親を説得する方法についてご紹介しました。

人にもよりますが「結婚前に同棲」というのは、常識の範囲外の可能性があります。

なので無策で立ち向かうよりは、今回ご紹介した方法を活用してみることをオススメしますよ!