今回はインターネットビジネスとDRMにおける、『フロントエンド』と『バックエンド』の概念や違いについてご紹介していきましょう。


ネットビジネスで夢のような金額(月収1,000万円とか)を稼いでいる人のほとんどはDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を実戦しています。

そして成功者のほとんどは『フロントエンド』と『バックエンド』という概念を理解して、マーケティングを展開しています。

初心者の方には難しいかもしれませんが、ゆくゆく大きな金額を稼ぐためには必要な概念となっていきますので、理解しておくことをオススメします。

フロントエンドとバックエンド【動画】


フロントエンドとは?


フロントエンドは、見込み客対して最初に販売する商品やサービスのことです。

見込み客に対して最終的には高額な商品を販売していきたいのですが、いきなり高い商品を勧められてもマインドブロックがかかって購入には至らないですよね?


したがって、フロントエンドは低額な商品を販売することで、『多くの人に自分に興味を持ってもらう』ということを目的としています。

決して多くの利益を求めていくものではないということをご理解ください!


お求めやすい商品を購入してもらい、あなたの商品に満足してもらうことで”あなたのファン”になってもらうことを目的とした商品ということになります。

バックエンドとは?


バックエンドはフロントエンドを購入していただいたお客様に対して、販売をする商品で高額商品となります。

フロントエンド商品を購入して、満足していただいたお客様はあなたに対して信頼をおいており、ブランディングを感じてくれています。そうすると高額な商品でも普通に購入してくれるようになります。


購入者のリスト数は少ないですが、このバックエンドを販売することで『利益の最大化』が図れます。


もちろん、高額商品を売るからにはフロントエンドの商品よりもレベルの高いものを提案していかなければなりませんが、質の高い購入者リストにプロモーションをかけることで一流企業の役員クラスの年収を一瞬で稼ぐことも可能になってきます。

まずDRMを理解する


フロントエンドとバックエンドの概念をより深く理解するために、DRM(ダイレクトレスポンシブマーケティング)を理解していきましょう。

DRMは『集客』⇒『教育』⇒『販売』という流れで行います。

【参考記事】DRMの特徴や基礎知識について説明


『集客』でお客様となる見込みの人を集めて、『教育』で信頼関係を強めて”ファン化”をさせて、『販売』での成約率を高めていくという手法ですね。


教育の段階で、自分自身の世界観や理想の世界を提示していくので、その価値観に共感してくれた人は”濃いリスト”となっていきますが、逆に共感できない人は去っていきます。


DRMの流れを実施することで、最終的には『リストは少ないけど、濃いファンが残る』という状態になります。

最後まで残った質の高いリストはあなたにとって大事なファンとなり、あなたへのブランディングが高い状態になります。


フロントエンドからバックエンドへの流れ


DRMは、あなたの濃いファンを育てて利益を最大化させていくというマーケティング手法です。

商品を販売していく過程で、『リストの数を減らし、質を高めていく』という考え方が大事になっていくわけですが、まず下の図をご覧ください。

ネットビジネスマーケティングファネル
これはマーケティングファネルというもので、理科の実験で使うろ紙のようなイメージ捉えてください。砂利を詰めたろ紙に泥水を流して、不純物が除かれ、最終的には綺麗な水になっていくイメージです。

一番上の層(オプトインリスト)はリスト数が多いですが、質が高くなく商品の成約率も低い状態の見込み客です。

その層に教育を実施することで、リストの数は減りますが、あなたへの”ファン化”が起こり始めます。


”ファン化”したお客様にフロントエンドの商品(低額商品)を販売をすると、購入しない人はあなたから離れていき、購入した人はさらなる”ファン化”が起こります。


そしてフロントエンド商品を購入してくれたお客様に対して、再度教育をして、バックエンド商品(高額商品)の販売をする。


このバックエンド商品を販売する頃には、すで”濃いファン”となっているため高額な商品であっても成約率が高く、利益を最大化できるという流れです。


フロントエンド商品は儲けを重視するわけではなく、バックエンド商品を販売するための教育の一つとしてとらえておくといいでしょう。

フロントエンド商品を購入してくれる時点で、それなりのファンであることは確かだし、商品に対して満足してもらうことで”より濃いファン化”をさせる。

この流れがあるからこそ、バックエンド商品が売れるという理屈です!


つまりフロントエンド商品はバックエンド商品を販売するための布石であるということが分かりますね。

フロントエンドとバックエンドの違いについて


フロントエンドとバックエンドは同じ『販売』ではありますが、実は役割が違いますね。

フロントエンドは『販売』ではあるものの、その本質は『集客』『教育』にあり、バックエンドの成約率を高めるためにあるということです。


対してバックエンドはフロントエンドなどで教育を十分にされた”質の高いリスト”に対して販売する高額商品であり、ここで『利益の最大化』を図るというものです。


フロントエンドとバックエンドの役割の違いを認識し、DRMに挑戦していきましょう!

あとがき


今回はネットビジネスのマーケティング手法「フロントエンド」と「バックエンド」についてご紹介しました。

ネットビジネスで常識外の金額を稼いでいくには欠かせない概念ではありますが、初心者の場合はまずトレンドアフィリエイトなどで実績を作ってから実戦することをオススメします。

【参考記事】
初心者向け!トレンドアフィリエイトについて簡単に説明