あなたがネットビジネスで起業を決意したとしても、おそらく周囲の人間『親、友人、同僚…etc』から反対されることもあるでしょう。

  • は?月収100万円何言ってんの??w
  • 常識的に考えて無理でしょww
  • え?これあれでしょ?洗脳??www
  • もっと真剣に人生を考えなさい
  • そんな甘い世界じゃないぞ

こんな具合で、バカにされたり、人生について諭されたりすることもあると思います。

『周りなんて関係ねぇ!俺は俺の人生を生きるんだ!!』

と胸をはって言える人ばかりであればいいのですが、実際は周りの影響から自分の夢や希望を諦めてしまう人も多いでしょう。

なぜ?彼らはそんなにも起業を反対するのか?


そもそも、なんで反対してくるの??という疑問からいきましょう。

反対してくる理由のほとんどはこれです。

分からないから

反対をしてくるほとんどの人が起業することや、お金を自分で稼ぐことについてよく分からないから怖いんですよ。


例えば、お化けって怖いですか??

僕はぶっちゃけ怖いし、おばけ屋敷とかも無理なんです(笑)

でもそれはお化けの正体がよく分からかったり、お化け屋敷の中が暗くてよく見えないからなんですよね。

よく分からないものは、怖いしとりあえず拒否したい。人間にはこういう特徴があるからみんな起業に対して反対します。

親、友人、同僚の意見は素人の意見である


そうじゃない人もいるとは思いますが、起業について反対してくる人のほとんどがビジネスに対して素人です。

『は?こちとら社会人経験を何十年もやっている大ベテランだぞ??』

と思うかもしれませんが、日本のサラリーマン生活を何十年もやっていても、起業家精神は身につきません。

サラリーマンとして生きることと起業家として生きることは別物です。

つまり、あなたのことを反対しているほとんどの人が素人というわけですね。


もし、あなたが野球選手だったとして3回連続ノーヒットだったとしましょう。そしたらいきなり父親が「フォームを変えたほうがいいんじゃない?」って言ってきたらイラッとしますよね?笑

それと同じで、ビジネスに関して素人の意見を聞いて、それに従うなんて最悪の選択だと思います。

あなたがもし誰かにアドバイスを貰うとするならば、しっかりその世界で活躍している人からアドバイスを貰ってください。

ドリームキラーに負けるな!対策は?


ドリームキラー(夢を妨害する人)という言葉があるんですが、今回の場合はあなたの親しい人間を指すことになります。

あなたが実現したい未来があるのであれば、こんなドリームキラーの言うことなんて聞いていてはいけないということですね。

まあ、負けるな!!と言ってもかなり厄介なポイントがあって、皆「あなたのことを思って」という気持ちが強いところでしょう。


あなたの親しい人間になればなるほど心配してくれるものです。言い方は悪いですが恩着せがましく説得をされることも多いと思います。

そして経験上、そういった人たちへの根本的な対策方法はないと思ってください。


極端な例で言えば、向こうにとっては、あなたがスラム街を下着姿で歩くことのように思っているんですよ。

そんな人に『いや、安全だから!』と、いくら論理的な説明をしても無駄です。

むしろ、説得をすることにエネルギーを使ってしまい、あなたが本来やらなければならない行動の妨げになってしまいます。

最悪の場合は、やる気が削がれてしまって『もういいや・・・。』というケースもあるでしょう。


根本的な対策はないのだから、自分の思いを伝えて淡々と作業をやっていきましょう。

生き方や考え方が違うことは仕方ないです。

でも、だからといって相手が嫌いという理由にはならないはず。

お互いに完璧に理解しあえないと人間関係が上手くいかないのであれば、僕らは皆孤独になっています。

「違う」と「嫌い」は別モノなので、違うことを恐れずに自分のすべき行動をとっていきましょう!

結城おさむの場合


僕は家族や彼女に関しては「借金をしないなら」という条件で、合意(?)を得てビジネスに取り組んでいました。

しかし、元会社の同僚には本当に色々言われました。

  • 会社4年間で判断するのは早いんじゃない?
  • お前が会社に入ったことで、会社に入れなかった人間もいるんだぞ
  • うまくいく保証なんてあるの?

しかし、その時の対応も、

『お前はそう思うかもしれないけど、全部自分で決めたことだしね。仕方ないかな。』

っていうなんの根拠もないことを言いました(笑)まあ、彼の意見が素人の意見ということもありましたが。

相手と自分は違うものです。でも僕はその同僚のことは好きだし、今でも仲がいいです。

自分の生きたい人生を生きるのに、論理なんて必要ないんですよ。人と違うことはあたりまえなので。

あとがき


今回はネットビジネスで起業することを「親、友人、同僚」に反対されたらというテーマでご紹介しました。

反対をしてくる人のほとんどが素人です。根拠のない意見はまともに聞く必要はないということですね。

もちろん『素人が口を出すな!!』と言ってもいけません(笑)

余計な”ひずみ”が生まれてしまい、あなたのビジネスの邪魔をする存在になるかもしれません。

大切なのは、自分の人生であるということ&あなたと私は「違う」ということを伝えた上で、やるべき作業を淡々をやっていくことですね。