行動の意味
今回はネットビジネス非実績者にありがちな特徴として『アウトプットとインプットの違い』を分かっていないということについてご紹介していきます。

ネットビジネスで成果を出すためには、行動力が大事であるという話はもはや誰もが耳にタコができるくらい聞いているでしょう。

初心者A
もう行動なんて散々してきた。それでも成果が出ないんだよ。


そういう人もいるかもしれません。

しかし、しっかり行動しているつもりでもあなたがやっていることは行動ではないという可能性もありえます。

本記事をご覧いただき、行動について勘違いをしていないかを確認していただければと思います。

行動力がないと絶対に稼げない?インプットとアウトプットの違い

行動とは何か?


そもそも行動って何なの?ってお話からしていきますね。

成功者が考える行動とは、アウトプット(出力)を指します。

ネットビジネスを例にしていえば、ブログ記事を書いたり、動画をアップしたりなどアウトプットとは『収入の増加に直接つながる行為』という認識でOKでしょう。

行動をしているけど、成果が出ないとぼやいている人に多くみられるのはインプット(入力)も行動だと思っていることにあります。

インプットは行動ではない?


この考え方には個人差はあると思いますが、僕はインプットを行動だとは思っていません。

インプットは行動をするための準備をすることです。

ネットビジネスで例えるならば、教材を買ったり、ノウハウを読み込んだり、動画教材を見たり、セミナーに行ったりなどの行為にあたります。

特に気をつけていただきたいのはセミナーを受けたりすることです。セミナーに参加する意欲は素晴らしいことなのですが、受けたことに得られる満足感や充実感だけを引きずって行動をしない人が多すぎるんですよね。

残念ながらこれらの行為はあなたがどんなに手足を動かそうが、お金を払おうが全てインプット。行動するための準備でしかないのです。

質の良いアウトプットをするためには、良質なインプットをする必要はあるのですが、インプットだけで満足していないか自分を見つめ直してみるといいでしょう。

インプットなんて必要ない?トライ&エラーで考えよう!


極論を言えば、何かを人並みに達成するくらいであればインプットなんて必要ありません。

そうではなくて、とにかくアウトプットしてください。アウトプットしまくっていれば、絶対にインプットが必要になります。

行動力ネットビジネス
これは一例ですが、どのレベルの人間でもアウトプットを繰り返していけばどうしてもエラーが起こります。エラーが起こること自体は問題ではありません。大事なのは、起こったエラーを解決するためにインプットをしてください。

特にネットビジネス初心者の段階で直面する問題なんて基本的にググれば答えが出てきます。なので、まだネットビジネスで成果が出ていなのであればインプットは2割くらいで残りはドンドンアウトプットをしていくことをオススメしますね!

インプット至上主義とアウトプット至上主義


ここまでアウトプットをドンドンしなさいと言いましたが、それでもアウトプットをする人は少ないです。

何故かと言うとアウトプットは思ったより難しいからです。

特に日本の教育を受けてきた人(僕もそうですが)は『インプット至上主義』みたいな考え方の中で育っているので、アウトプットすることに慣れていません。

ペーパーテスト1つをとってもそうです。期末テストは1学期の最後に一回だけ設けられていますよね?そしてその1回だけのテストのために何時間も集中して勉強(インプット)するという文化が普通です。

しかし、ネットビジネスの世界はそうではありません。ペーパーテストで言えば、1日に1度のペースで定期的にテストをしまくって、間違えたポイントを都度修正していくイメージです。もちろん最後という定義はありません。ビジネスというものは一生を通じてやっていくものですので、これで終わりという線引はありません。

このように何度もアウトプットのチャンスがあるのが、アウトプット至上主義です。

もちろん、その都度エラーした場所を修正は必要です。

アウトプットだけをするのではなく、エラーした場所に応じてインプットをしていくのがアウトプット至上主義ですからね。

あとがき


インターネットビジネスで成果が出ていない人はやり方が悪いか、行動できていない人がほとんどです。

今回は行動の定義から、アウトプットしていくにはアウトプット至上主義であれというメッセージをお伝えしました。

もちろんやり方が悪いとどうしようもない部分もありますので、しっかりと自己投資も忘れずにしていきましょうね!

【参考記事】ネットビジネスで成功するための自己投資とは?