ネットビジネス種類
インターネットビジネスは比較的効率よく、短期間で稼ぐことができるビジネスモデルの1つです。しかしネットビジネスと一言で言っていますが、稼ぐ手段は何種類もありますし、初心者の場合は仕組みや特徴が分からないことが多いでしょうから戸惑ってしまうのではないでしょうか。今回はそんなあなたのためにネットビジネスについて0から簡単に説明をしていきます。

【動画】ネットビジネスで稼ぐ3つの王道の手法とは?

インターネットビジネスとは?


まずインターネットビジネスとはその名の通りインターネットを活用したビジネスモデルの総称です。


現在では、ネットビジネスと略すことが多く、僕自身も普段はネットビジネスと呼んでいます。


それとは反対に実際に店舗を構えて物を売ったり、飲食サービスを提供するようなビジネスモデルをリアルなビジネスと呼んだりもします。


ネットビジネスは基本的にはパソコン1台あればできる仕事がおおく、メリットとしては


  • 初期費用,維持管理費が安い


  • 場所に縛られない


  • 利益率が高い



など非常にメリットが多く、2016年現在では理想的なビジネスモデルといえるでしょう。


では具体的にネットビジネスはどんなことをするのか?どうすれば稼ぐことができるのか??

その手段についてご紹介していきましょう。

初心者必見!ネットビジネスで稼ぐ手段!王道の3種類を0から簡単に説明!


ここでご紹介するのはネットビジネスでも特に代表的な3種類のビジネスモデルをです。


  • 広告収入

  • 独自商品の販売

  • せどり



についてそれぞれ簡単に説明していきましょう。

広告収入


これは別名『アフィリエイト』ととも呼ばれているビジネスモデルで、ネットビジネスでは最も基本的な稼ぎ方です。


あなたが作成したメディア媒体(ブログ、youtuube動画、Twitterなど)に企業の商品広告リンクを貼り、あなたのメディア経由で訪問者が商品を購入するなどの行為が発生すれば、商品を紹介してくれたあなたに紹介料としてお金が支払われます。

広告には実際に商品を購入しなくても、広告リンクをクリックしてもらうだけでお金が支払われるクリック報酬型もあります。

【関連記事】
広告をクリックしてもらうだけ?グーグルアドセンスを利用したトレンドアフィリエイトとは?

独自商品の販売


自分で商品を作り、それをインターネットを通じて売る。単純に言うとこれだけです(笑)

ここで言う商品とは、物理的なモノだけではありません。

情報商材やコンサルティグやセミナーなどのサービスを売りモノにすることができるのです。


非常に利益率が高く、月収100万~1,000万円などの高額なお金を稼いでいる人は、このビジネスモデルを採用していることが多いですね。

しかし、非常に難易度が高く、初心者がいきなり挑戦しようとすると失敗に終わってしまうことも多いです。

せどり


せどりとは家電や本、ゲームなどを安く買い取って高く売ることで、その差額(利ざや)が報酬となるものです。

転売ビジネスとも言われていますし、初心者には特にオススメと言われているビジネスモデルと言われています。


試しに家の倉庫に眠ってしまっているモノをオークションなんかで売ってみてはどうでしょうか?

これもせどりの一種ですね。

インターネットビジネスは怪しいビジネスではない


最後に、インターネットビジネスと聞くと『怪しい』などの感情を抱く人も多いかもしれません。

しかし、リアルなビジネスとやっていることは何ら変わりがないのです。


例えば、テレビ番組を見るときにお金を払っている人はいないですよね?

でもテレビは面白い番組を私たちに無料で提供してくれます(NHKは除いて…)。

でもこれは慈善事業でやっているわけではなくて、スポンサーと呼ばれる企業から「広告収入」をもらっているのです。

よく番組の合間にCMが流れることがありますが、「広告費」をテレビ局に支払っている企業はCMで自社の製品をアピールします。


だから人気(視聴者が多い)番組で宣伝すれば、商品が売れやすくなる。

これは当然の流れだし、これでお金のやり取りが発生することに怪しさなんてないですよね。


独自商品を売るのも、別に無理やり買わせるわけではありませんし、買いたいって人に買ってもらうだけです。


せどりは、中古品を引き取ってくれるセカンドストリートがやっていることと同じです。

安く買って、高く売る。

ってかモノを売るって全部そうですよね(笑)原価より安く売ったら損じゃないですか!


こうやって考えるとネットビジネスでやっていることってリアルなビジネスと変わらないんですよね。

ネットを経由するかどうかの違いはありますが、根本の考え方は変わりません。


ネットビジネスに対して不信感などを持っているのであれば、今すぐ捨ててください。

それは根本的にリアルなビジネスも怪しいと言っているようなものですし、疑っている人はお金を稼ぐことはできませんので。