今回はネットビジネスの今後について考えていきたいと思います。いまネットビジネスに参入しようと迷っている人が気になるのは『将来性はあるのか?』『まだまだ安定して稼げるのか?』という点でしょう。

ネットビジネス,今後,将来性
今回は客観的データをもとに、僕個人の視点でネットビジネスの今後について考え、これから僕らはネットビジネスとどう向き合っていくべきなのかを考えていきましょう。

【動画】ネットビジネスの今後と将来性について

ネットビジネスの今後はどうなる?


ネットビジネスは非常に成長が早く『ドッグイヤー』とも言われています。

※ドッグイヤー;犬の年齢は人よりも7倍も早い。ネットビジネスの成長をこう例えることがある。


検索エンジン対策では、Googleの技術力の進歩により不自然な被リンクでのSEO対策が淘汰されていますし、2013年ごろには低品質なコンテンツも手動ペナルティで検索エンジン圏外に飛ばされるなど、いままで普通に稼げていた人が稼ぎにくくなっているのが現実です。

また一世を風靡したYoutubeでのアフィリエイトも、2016年チャンネル削除祭りなどもありましたね。


このように時代の変化に応じて『いままで稼げていた』という手法でも、稼げなくなっていることが現実問題として起こっています。


そして、どんなビジネスにもライバルは存在します。

ライバルの母数が増えれば増えるほど大きく稼ぐのが難しくなるのは当然ですよね?

近年、世間からのネットビジネスの見方が変わりつつある(?)ため参入者は増えていることだけは、僕の周りの状況を見ても間違いはないでしょう。


以上の背景から、間違いなく言えることは「昔よりネットビジネスは稼ぎにくくなっている」ということは現実です。

まあ、これはあくまでも個人の見解。客観的なデータをご紹介しましょう。

客観的なデータから考察するネットビジネスの今後


ネットビジネスを語る上で「広告費」という市場は外せません。

なぜなら広告というモノは『人が集まるところに大きなお金が動く』からです。

ビジネスを基本は集客にあります。


人が集まる→商品をほしいと思う→購入


当たり前ですが、これが商売ですよね?笑

だから企業は、人が集まる場所に広告を載せることに大きなお金を支払っているのです。


そして大きなお金が動いている業界は今後に期待ができるということになります。

だって、お客様がいないと商売は成り立たないですからね(笑)

インターネット広告市場(2015年まで)


まずは下記図をご覧ください。

ネットビジネス,今後
出典:株式会社電通調べ


数ある市場の中で、インターネット広告費だけ右肩上がりに増えていることが分かりますね?

この理由としては、インターネットが普及し、24時間いつでも企業広告をPRする場所ができたということが大きいでしょう。

人間に24時間、ずーっと営業しろっというのも無理ですからね笑


インターネットさえ利用していれば企業としてもPRが楽になるため、業務効率化の視点からも今後ドンドン広告費は上がっていくのではないかと思います。

そして、この背景を後押ししたのはスマホの普及もあるでしょう。

スマートフォン広告市場


総務省の調べでもスマホの所持率は全体の62.3%。20代に至っては94%の所持率を誇っています。

ネットビジネス,今後,将来性
出典:株式会社CyberZ/シードプランニング共同調べ(2016年度版)


スマホ所持率の背景から、スマホ向けの「広告費」は2020年には1.5倍近く膨れるという予測がされており、インターネットにおける『広告費』はまだまだ期待できる市場ということになるでしょう。

市場は拡大、でも稼ぎにくい?


ここまでの話をまとめていきましょう。

  • インターネットの広告市場は増えることが予想されている
  • ネットビジネスは昔より稼ぎにくくなっている

相反する見解に見えますが、実はそうでもないのです。


確かにネットビジネスは昔より稼ぎにくくはなっています。

しかしそれは悪質な(?)稼ぎ方ができにくくなったということを意味します。


昔は低品質なコンテンツを作りまくって、被リンクを買いまくれば稼げる時代があったそうです。(僕は経験がないですが)

怪しげな情報商材も派手に魅せて売るだけ売って『はい、お終い!』でも成り立ったそうです。


低品質なものが淘汰され、良質なコンテンツが残る時代になってきているというわけですね!


ってか本来ビジネスってそういうモノだし、昔が異常だったと考えるのが普通です。

むしろインターネット全体の広告市場は拡大しているわけだし、真面目にやっていれば今後も稼ぐことは可能ということですね。

将来性が安定している稼ぎ方はあるのか?

ネットビジネス,今後,将来性
これに関しては答えに困ります(笑)

例えばアフィリエイトであれば、一生アフィリエイトで稼ぎ続けれるかと言えばそうではないと言ってもいいでしょう。

アフィリエイトも提携している企業あって成り立つモノなので『アフィリやってれば一生大丈夫だよ!』なんて誰も言えないはず(笑)

大手企業だって経営が厳しい状態ですからね~。


これをやっておけば一生安泰です。


こんな稼ぎ方はもう存在しません。

ただ、ビジネスをやる上でインターネットを活用しないのは時代遅れです。

ネットビジネス=アフィリエイトではない


ネットビジネスと聞くと「アフィリでしょ!アフィリwww」という風潮があるように思えます。

もちろん、初心者にオススメなのはアフィリエイトです。その理由は別の記事でも紹介しています。

ネットビジネス初心者にアフィリエイトがおすすめな理由


ネットビジネス = インターネットを使ったビジネス


アフィリエイトはネットビジネスの手段の1つでしかなく、それが全てで考えるからおかしなことになっているのです。


例えば自分の商品を持っている人であれば、インターネットを活用していきましょう!

自分の店舗を持っている人であれば、インターネットを活用していきましょう!!


ネットビジネスを狭い意味で捉えず24時間、全国どこからでも集客ができるツールと捉えていきましょう。

これからは安定を求める時代ではない


日本の常識では安定した企業に終身雇用こそが正義だと言われてきました。

しかし、今は安定を求める時代ではありません。

日々、成長をしていかないといけないのです。


よく就職ランキングで『安定感のある企業』という項目がありますが、そんな企業に入りたい人間は決まって「怠惰な人間」です。

安定を求める ≒ 現状維持思考

という傾向は否定できない部分があるでしょう。


僕も安定企業を求めて入社しましたが、まーひどいもんです(笑)


そもそも安定なんて言葉は幻想であるということを覚えておきましょう。

そんなものはないし、日々成長していくことしか安定につながらないのです。

さいごに


今回はネットビジネスの今後についてと将来性についてご紹介しました。

これさえやっておけば一生安定なんて仕事はもはやありません。

しかし、今の時代ビジネスでインターネットを活用しないのは時代遅れです。


時代の先を読もう読もうとすることも大事ですが、どうせ考えてもわからないんだから「いま」行動を起こして、軌道修正しながらやっていくしかないんですよね。