今回はSkype(スカイプ)への登録方法をご紹介していきましょう。

Skypeアカウント名
Skypeは無料のコミュニーケーションツールで、今ではビジネスのシーンで利用されることも多くなりました。

これからネットビジネスを始めていくという人にとっては必須のツールとなっていくと思いますので、必ず導入したほうがいいでしょう。

ちなみに、2016年9月くらいから(?)アカウント名を自由な文字列にできなくなってしまったようです。

ですので、今回はできるだけ自分の好きなアカウント名にするための対策についてもご紹介していこうと思います。

Skypeの登録方法

Skype(スカイプ)とは?


Skyape(スカイプ)とは、インターネット通信を利用した無料のコミュニーケーションツールです。

LINEなどのSNSが流行っている中、未だに根強くビジネスシーンで活躍しているツールといえるでしょう。

備えている機能としては、

  • 無料テレビ電話(普通の通話も可能)
  • チャット
  • コミュニティ作成
  • データファイルのやりとり

オンライン上でのやりとりをする上で、特に不自由はなく、シンプルであること。

そして、多くのユーザーがいるということがメリットでしょうね。

今まではPCでログインしていないと通知がこないこともデメリットとしてありましたが、スマホのアプリをインストールしておけば、いつ何時でもやりとりができるようになりました。


現状、ネットビジネスをやる上では必ず導入すべきツールの一つですね!

Skypeのアカウント名は自由に設定できない?


さて、それではまずSkypeのアカウントを登録するところから始まるのですが、Skype名と呼ばれるIDを2016年12月現在、自由に設定できなくなってしまいました。

以前までは自分の好きな文字列で設定でき、僕も大学生の頃はSkype名を自分のあだ名に因んだ文字列で設定をしました。

そのほうが『このIDは誰なのか?』ということが分かりやすいですからね。

現在は、新規アカウントの登録方法が変わってしまった背景には、Microsoft社に買収されてしまったことがあるんだとか。

Skypeのアカウント名をできるだけ好きな文字列にする方法


では、新規アカウントを取得する場合、自分の好きな文字列にできないのか?

というと必ずしもそうではありません。

現在は、メールアドレス『~@gmail.com』などのメール名が反映する仕様になっています。

なので、

メールアドレスが『◯△□@gmail.com』で登録すれば
       ↓↓↓
Skype名は『◯△□』という表記になります。

このように、メールアドレスの『~~@・・・』部分がアカウント名に反映されてくるので、メールアドレス取得の際に自分と関連性のある文字列にしておけば、自分の好きなSkype名を設定することは可能でしょう。


しかし、『これではメールアドレスがバレてしまうのではないか?』という意見もあるでしょう。

一応、@から後半の部分は公開されないためバレるリスクは抑えられていますが、色んなメールの媒体で試されたらいつかはヒットしてしまうかもしれませんね?

なので、個人的にオススメするのはSkpyeに登録するメールアドレスは捨てアド?とまでは行かなくていいですが、少し重要度の低いモノを選ぶことのがいいでしょう。

個人的な経験ですが、Skpyeから重量なお知らせメールが来ることは少ないです(僕は今までないです)。

なので、SkypeのアカウントはPCのメールアドレスで重要度が低いモノを選択しましょうね。間違っても携帯のアドレスで登録しないように!笑

Skypeの登録方法


まずSkypeの公式ページに移動しましょう。

今回ご紹介するのは2016年12月現在のトップページからのアカウント登録方法です。

Skypeアカウント名

まず、右上に『サインイン』ボタンを押しましょう。

Skypeアカウント名

『サインアップ』を押します。

Skypeアカウント名

アカウント作成画面に移動するのですが、デフォルトでは電話番号での登録画面なので『または、既にお持ちのメール アドレスを使う』をクリックしていください。

Skypeアカウント名

メールアドレスパスワードを入力していきましょう。

このメールアドレスで『~~@…com』の赤い部分がSkype名となっていきますので、自分と関連性のあるアドレスでの登録をオススメします。

入力が完了したら『次へ』をクリックします。

Skypeアカウント名

次に名前を登録します。これは後からでも変えられますが、自分だと分かる名前にしていきましょう。

入力が完了したら『次へ』をクリックします。

Skypeアカウント名

お次は、登録したメールアドレスにSkypeからメールが届きます。

ここでメルアド持ち主が本人かどうかを確認するためのコードを送られます。

ちなみに送られてくるメールはこんなかんじです。

Skypeアカウント名

赤枠で囲った4桁のコードをコピーをして、コード入力欄に貼り付けましょう。

『次へ』をクリックすれば、アカウント取得が完了します。


アカウント登録が終わったら、次はソフトをダウンロードしましょう。

Skypeはウェブ版で利用することもできるのですが、ソフトを活用するほうが便利です。

Skypeソフトのダウンロード方法


Skypeのソフトをダウンロードするには、Skypeのトップページに移動します。

Skypeアカウント

『Skypeをダウンロード』をクリックします。

Skypeアカウント名

ダウンロードが完了したら、ステップにそって、セットアップをしましょう。

Skypeアカウント名

セットアップが終わったら、実際に使ってみましょう!

Skypeの利用方法


Skypeで連絡先を追加する方法


Skypeソフトを軌道させたら、まず連絡先を追加しましょう。

Skypeはコミュニーケーションツールなので、つながりがないと意味がありません(笑)

Skypeアカウント名

例えば、僕のSkype名は「yuukivp1」なのでこちらを入力すると・・・

Skypeアカウント名

こんなかんじで、検索したユーザーが表示されるので、こちらをクリックすると・・・

Skypeアカウント名

『連絡先リストに追加』をクリックします。

Skypeアカウント名

メッセージ入力欄が表示されますので、挨拶などいれて失礼のないように連絡先申請をしましょう(笑)

『送信』ボタンを押すと、相手に承認依頼が届くので、承認をしてもらえれば連絡先に追加は完了です。


こんなかんじで連絡先を追加すればチャットや電話をすることができます。

チャットや電話をする方法


まずSkypeでチャットする方法についてです。

連絡先を追加できたら、相手のユーザーをクリックします。

Skypeアカウント名

すると、下の欄にチャットメッセージの入力欄があるので伝えたいメッセージを入力します。

Skypeあかうんと名

①『どうも、こんにちは!』と入力
②送信ボタンをクリック

Skypeアカウント名

こんなかんじでメッセージを送ることができますよ。


次に電話をする方法です。

Skypeアカウント名

連絡したい相手を選んで、電話ボタンをクリックするだけで電話できます。

※注:電話ボタンを押すだけで、電話をかけてしまうので誤操作に注意しましょう。


以上で、Skypeの基本的な使い方についてでした。

あとがき


今回はSkypeの登録方法から使い方までまとめていきました。

2016年現在、ビジネスのコミュニティなどはSkypeを使っているものがほとんどです。

もちろんこれからこういった流れがLINEなどのSNSに移行することも考えられるのですが、ユーザーがまだまだ多いので確実に入れておいたほうがいいツールですよ。

詳細な使い方については、別のコンテンツに記載をしていこうと思いますので、そちらも参考にしてみてください。