ブログ記事のSEO対策として内部リンクを貼ることは非常に有効です。内部リンクを張り巡らせることで、1ユーザーにおけるサイトのPV数も高くなることやそれ以外の要素でも、検索順位も優遇されていきます。

ネットビジネス内部リンク

しかし、巷にあるブログを見ていると「内部リンクは貼ってあるんだけど・・・。」という、やり方として勿体ないと思うことがしばしばです。

クローラーに効き目があるアンカーテキストのコツなど、内部リンクを上手に扱う方法があるので、今回はそちらについてまとめていきましょう。

【参考記事】クローラーの基礎知識を書士者向けに説明

内部リンクでSEO対策を!アンカーテキストの活用方法について

内部リンクがSEO対策として効果がある理由


まず内部リンクがSEO対策として効果がある理由についてですね。

内部リンクは「記事A⇒記事Bへ」や「トップページ⇒記事Aへ」など、サイト内部へのリンクのことを言います。


被リンクをもらうことは誰かに紹介してもらうことと同じ意味なんです。


SEOに効果があると言われている「外部からリンクをもらう」ことは、他人から「この記事はオススメですよ!」と紹介してもらうことですよね?

これと一緒で、自分サイト内で自分のオススメ記事を紹介することで記事の評価をあげることができます。


内部リンクSEO

上図で言うと、記事Aが他の記事からリンクが貼られており、評価がアップし、検索順位も上位表示されやすくなるということですね。


なので端的に言えば、あなたのサイトで重要だと思うコンテンツがたくさんの被リンクをもらっていれば、検索順位も優遇されていくということです。


※(注意)不自然な外部リンクはグーグルのペナルティの対象となりやすいので、注意が必要です!


このように内部リンクを貼ることによって、クローラーに記事をアピールすることができ、SEOに効果があるというわけです。

大前提!内部リンクのリンク先は関連性のあるコンテンツに


さて、では頭の良い(?)人は「何でもいいからとにかく内部リンクを貼りまくればいいじゃん!」と思うかもしれませんね。

しかし、内部リンクの基本は関連性のある記事から記事へリンクを作ることです。


まあ考えれば分かると思うのですが、所かまわず内部リンクがびっしりなっているサイトほど見にくいモノはありませんよね?


このようなサイトはユーザビリティを下げてしまい、グーグルからの評価を下げてしまう可能性があります。


Googleの基本的な考えは、”検索ユーザーに価値の高いコンテンツを提供すること”です。

検索されたキーワードと関係ない、内部リンクが貼り巡らされてもこの考えから逸脱してしまうので、むやみに内部リンクを貼ることはオススメできませんね。

クローラーに効く!アンカーテキストのコツ!!


さて、ここから小手先というかテクニック的なお話をしていきましょう。

内部リンクで意識した方がいいのはアンカーテキストにキーワードを入れることです。


よく見る悪い例は↓↓

ネットビジネス内部リンク

こんな感じで、アンカーテキストを「こちら」だけにしているパターン。

これでは、クローラーもリンク先が何を意味しているのかが判別できません。


なので、今回の良い例としては↓↓

ネットビジネス内部リンク

このように「キーワード」を入れていくようにしましょう。


この場合は「結城おさむ 画像」と検索された時に、SEOが優遇されやすくなる内部リンクの貼り方になります。


上位表示させたいと思うキーワードをアンカーテキストに盛り込んで(あくまでも自然に!)、効果的なSEO対策を心がけましょう!

画像からの内部リンクはaltタグで

ネットビジネス内部リンク

画像には「alt属性」にキーワードを入れることでSEOの効果が得られるとされていますね。

ワードプレスの管理画面では、「代替テキスト」と言われている部分になりますが、赤枠にキーワードを入れることによってクローラーに「この画像がどんなものを指しているか」を伝えることができます。

内部リンク

僕たち人間は、画像を見ればそれが何を意味しているかを判断することもできますが、さすがのGoogle様のクローラーでも「画像のビジュアル」だけでは、それが何を意味しているのかを判断することはできません。

なので、クローラーにも分かりやすく何の画像であるのか?

その画像をクリックすると何のリンクに移動するのかを「alt属性」で示すことができるわけですね。



だからと言って、特に意味のない画像に「alt属性」を詰め込みまくるのはNG行為です。

あくまでも「alt属性」は、「どんな意味をもった画像」なのかをクローラーに判別してもらうためにあるので、特に意味がないものについては”代替テキストを空白にする””alt=”””という状態にしておきましょう。


やりすぎるとスパムとして判断されて、ペナルティを受ける可能性もありますので・・・。


内部リンクはコンテンツの質も意識しよう


コンテンツの質も意識していきましょう。

内部リンクを貼ることは「紹介」と言いましたね?


次の2パターンの場合、ビジネスパーソンとしてどちらが効果があるでしょうか?


  • 誰も知らない近所のおばさんに僕を紹介してもらうこと
  • ホリエモンに僕のことをyoutubeで紹介してもらうこと


当然、後者のほうが絶大な効果があるわけですよね(笑)
※近所のおばさんには申し訳ないですが・・・。


このように質の良いコンテンツから内部リンク(紹介)をしてもらうことで、被リンクを受けたコンテンツの評価も上がりやすくなります。


なので、低品質なコンテンツ(100文字しかない)から内部リンクを送っても効果は薄いというわけですね。

あとがき


今回はSEO対策における内部リンクの重要性についてまとめていきました。

たまに「内部リンクはクリックしてもらえないから意味がない」という意見も聞くのですが、被リンクをもらうということがSEOに直結してきますので、内部リンクからの直接的なアクセスがなくても(それもどうなんだと思いますが)、検索順位には効いてきますので効果的取り入れるようにしましょうね。


しかし、何度も言うようですが過度なSEO対策は厳禁です!!

内部リンクでもやりすぎるとペナルティをくらってしまうという事例(外部リンクほどではないですが)もありますので、自然なリンクを送ってやりましょう。