ネットビジネスSEO対策
自分のサイトを検索順位を上げたいと思ったことはないでしょうか?あなたのサイトやブログの検索順位が上がらない理由はSEO対策に問題があるからです。


僕のようにネットビジネスをやっている人間にとって『SEO』という言葉はかなりよく用いられる言葉ですが、一般的には『何それ?』っていうレベルでしょう(笑)


今回はネットビジネスをやっていないような初心者の方にも分かりやすく、SEO対策について基礎から学んでいきましょう。

SEOとは?動画で解説



SEO対策とは?


SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をとった略称で、検索エンジンで検索された際に上位表示させるための取り組みや技術のことを言います。


日本語でいうと『検索エンジン最適化』と訳します。


検索エンジンとはGoogleやYahooなどで使用できる検索ツールのことを指しており、検索した際に自分のサイトを上位表示させる技術をSEO対策と呼んでいます。

Googleの検索エンジンは独自のサイト評価基準を持っており、その評価基準にそってどのサイトから順番に上位表示させるかを決めています。

この評価基準は『アルゴリズム』と呼ばれており、実に200種類以上の指標が絡み合って検索順位を決めていると言われています。

内部SEO対策と外部SEO対策


それではサイトのSEOを強化させていく、SEO対策は大きく2つに分けられます。

・内部SEO対策

・外部SEO対策


です。この2つの対策について詳しく説明をしていきましょう。

内部SEO対策


内部SEO対策というのは、サイトの内部に検索順位を上位表示させる工夫を盛り込むことを指します。

例えば

・キーワード選定
・見出しタグ
・コンテンツの質、記事あたりの文字数
・ページ数、コンテンツ量
・サイトの滞在時間、回遊率
・テンプレート
・更新頻度


などがあげられます。

これらの内部SEO対策はGoogleのアルゴリズムが変化することもあり、『正しいSEO対策』というものは常に変化し続けます。

しかし、Googleとしても質の高いコンテンツを持っているサイトを上位表示させたいと思っていて、有益な情報や検索者の悩みをすぐに解決できるような世間から求められているサイトが検索順位の上位になることを理想としていることを覚えておきましょう。

外部SEO対策


外部SEO対策とは、その名のとおり外的な要素からSEOを強化していくという対策ですね。

主な手法としては『被リンクをもらうこと』です。

つまり、他のサイトにあなたのサイトへのURLを貼ってもらい、外部のサイトから訪問者を呼ぶという手法です。


被リンクをもらう方法としては、

・サテライトサイト(自作自演で作ったサイト)
・相互リンク(他者のサイトと協力しあってリンクを貼りあう)
・ランキングサイトへ登録(例:ブログ村、ブログランキングなど)
・SNS拡散(Twitter、Facebookなど)


などがあります。

「外部から被リンクをもらっているということはこのサイトは価値の高いサイトなんだな」ということをGoogleに思わせることができ、検索エンジンでも上位表示されることを目的としています。

しかし、これらは人為的に行われた対策であり自然なものではありませんね。

少し前の時代では、内部SEOをコツコツとしていくよりも、外部SEO対策をしてしまった方が簡単に訪問者を集めることができるため、金銭取引による被リンクも行われていましたが、現在では自作自演の被リンクはペナルティの対象となってしまいます。

Googleからペナルティを受けてしまうと、あなたのサイトが検索エンジンで表示されなくなってしまい、結果的にあなたのサイトが世間に露出されることがなくなってしまいます。

なので、あくまでも自然な被リンクをもらえるようなサイトを作っていくことが大事になってきます。

内部SEO対策と外部SEO対策どちらが大事なのか?


では内部SEO対策と外部SEO対策はどちらが大事なのでしょうか?

これは断然、内部SEO対策です!


なぜかというと、2011年までは外部SEO対策が施されているサイトが優先的に検索の上位をもらえる時代だったのですが、上位表示されているのにコンテンツの質が悪いなどのGoogleの意向に反する結果が生まれてしまいました。


この結果、過剰な外部SEO対策が施された質の悪いサイトについては検索エンジンの圏外に飛ばすなどのペナルティを課していきました。

そして2016年現在では、『コンテンツの質』を重視するようになっています。


もちろん内部SEOでも過剰なキーワードの羅列などをしていて、肝心の中身がないサイトについてもペナルティの対象となりますので、注意をしていかなければなりませんが。

あとがき


今回は検索結果を上位表示させるために必要なSEO対策についてまとめていきました。

内部SEO対策や外部SEO対策についても過剰なモノはGoogleから嫌われてしまうことに加え、検索者にとっても質の悪いサイトが上位表示されることは非常に迷惑なことから『SEOを対策をしないのがSEO対策』とも言われていたりもします。

しかし、悩みを解決したい検索者に対して自分のサイトをアピールするためにもSEO対策は必ずしていかなければならないのが現実です。

検索者に対して価値のあるコンテンツを届けることを守った上で、SEO対策とはうまく付き合っていかなければならないでしょう。