アドセンス広告を使ってお金を稼いでみたい!
そう思いブログを立ち上げてみたんだけど、ブログ始めたては思うようにアクセスが集まらなくて困っている人は多いと思います。

僕もブログ集客のノウハウをコンサルしているのですが、よくいただく質問がこれ↓↓

ライバルが少ないキーワードを使っているのに、上位表示できないですが・・・。




うまくライバルがいないキーワード選定ができていても、上位表示がされないケースはよくあります。

これはブログ始めたての段階でよくあることですが、しっかりと日々のコンテンツ制作をサボらなければ、徐々に上位表示されていく可能性が高いので、心配はいらないでしょう。

でも、どうせなら早めに結果を出していきたいのが本音ですよね?

もし、あなたが早い段階で検索結果で上位表示させたいのであれば『新規キーワード』を狙うのが非常に効率的です!

ブログ,アクセス集まらない

新規キーワード??



そう、キーワードには2つの属性があるんだよ。

新規キーワード既存キーワードだ。



新規と既存だって・・・!?



意外とこの考え方を意識していない人が多いから、

なかなかアクセスが集まらない人が多いんだよね。




ということで、今回はアドセンスブログを始めたてで、アクセスが集まらないと悩んでいる人にその対策をご紹介していきましょう。

ブログ立ち上げ当初は検索で上位表示できない理由


まずブログを立ち上げ始めは、どんなに頑張って記事を書いても、思ったように特定キーワードで上位表示ができません

グーグルの検索エンジンのアルゴリズムは200個以上の要素から成り立っており、総合的にどのコンテンツを上位表示させるかどうかを判断しています。

さすがに200個以上もズラーッと並べたら、大変なので特に注目したい3つをあげると・・・。

  • キーワードが含まれているか?
  • しっかり&たくさん読まれているか?
  • 被リンクをもらえているか?

この要素が大事になってきます。

ブログ立ち上げ時は、

誰にも読まれていないし、被リンクももらっていない。



だから、グーグルからすれば評価が低いブログなんだよね。



グーグルから評価を得られなければ、

検索でも上位表示ができないのは不可避だよね。



そう。

だから、最初はせっせとコンテンツボリュームを増やして、

多くの人に読んでもらう機会を作ることが王道だね。



そうしていけば、徐々にグーグルに評価されていくってことか!



グーグルからの評価が高い状態を、

『ドメインのパワーが強くなった』とも言うね。



ドメインのパワーが強くなってしまえば、

ライバルの少ないキーワードなら、

アッサリと上位表示できるようになっちゃんだよね。




つまり、検索エンジンで上位表示しやすくするためには、ドメインパワーを育てることが必要なんです。

ブログ,アクセス集まらない,アドセンス
ただ、ブログ開設当初は・・・。

ブログ,アクセス集まらない,アドセンス

条件クソ悪!!



言い方www



でも、キーワード選定やライバルチェックをして、

地道にやっていけばアクセスも安定してくるものだよ。



最初のアクセス集まらない時期は、耐力が必要だね。




新規キーワードなら、上位表示は楽勝?

ブログ,アクセス集まらない,アドセンス
さてさて、ブログ開設当初はキーワードを入れても思うように結果が出ないことが多いです。

ですが、新規キーワードであればブログ開設当初でもアッサリと上位表示できる可能性は高まります。

新規キーワードとは?


新規キーワードとは、「今まで検索されてこなかった or 検索される機会が少なかったキーワード」のことを指します。

まあ、こんな言葉があるかは不明ですが、僕が個人的にそう呼んでいます(笑)

例えば、『ピコ太郎』というキーワード。
このキーワードは2016年9月まで、まったく検索されてこなかったキーワードでしょう。

ということはグーグルとしても、どのコンテンツが『ピコ太郎』というキーワードと関連性が高いかが分からない状態なわけです。


ブログ,アクセス集まらない,アドセンス
だから、こんな状況の中、ブログタイトルに「ピコ太郎」と表示してあるコンテンツがあれば、グーグルとしても上位表示せざる得ないはずです。(当然、ライバルも少ないはずですからね)


アドセンス,アクセス集まらない,始め
つまり、新規キーワードであれば“キーワードだけ”でもグーグルからの評価が得られやすく、上位表示しやすいわけですね。


じゃあ、今まで検索されてないキーワードで、

記事を書きまくれば洪水のように

アクセスが集まるってことだね!



まあ、そのワードが有名になれば・・・の話だけどね(笑)



う・・・、まあそうだよね。

ってか、新規キーワードなんて探すのムズくない?

それ分かったら誰も苦労はしないわけで・・・。



そうだね。

芸能人で言えば、今後有名になりそうな人を

ニッチな間に記事を書いておくのがベターだね。



なるほど。

時代の先を読む力も大事になるのか。



新規から既存キーワードへの移行


新規キーワードが生まれると、必然的にライバルが増えます。

そして、新規だった頃とは打って変わって、その新規キーワードはバンバン検索されていくんです。


アドセンス,アクセス集まらない,始め
するとグーグルも大量のデータを整理し、より関連性の高いコンテンツを上位表示することができるようになります。

もちろん、その要素にはドメインのパワーなども含まれていき、ブログ立ち上げ当初では上位表示困難になっていきます。
このような状態になったキーワードのことを既存キーワードと呼んでいます。(僕はね)

既存キーワードとなると、たとえライバルチェックをしっかりできていても上位表示ができない確率が高まるのです。

既存キーワードで上位表示ができない具体例


では、ライバルチェックは完璧なのに上位表示できない例をご紹介します。

ブログ,アクセス集まらない,アドセンス
虫眼鏡で『ピコ太郎 ブレイク きっかけ』というワードがあります。
※虫眼鏡は、今までよく検索をされてきたワードが表示されるツールです。

これを試しに検索してみると・・・。

アドセンス,アクセス集まらない,始め
なんとブログタイトルに『ピコ太郎 ブレイク きっかけ』というキーワードが含まれているコンテンツがゼロなんです!(2017年7月現在)


これは狙い目だね!

すぐ上位表示できちゃうね!!



うーん、ブログ始めたての状態だと、

そう上手くはいかないと思うよ。



グーグルの検索結果は、

今までのデータを収集して、

ユーザーに最適なコンテンツを提供しているんだ。



少なくとも、

「ピコ太郎 ブレイク きっかけ」は、

今までたくさん検索がされている既存キーワードだ。



ということは、

もうグーグルは今表示されてるサイトを

高く評価しちゃっているってこと??



そうなるね。

今までユーザーを満足させてきた

コンテンツたちが上位表示しているんだ。







そこにキーワードをいれたからって、

『僕のほうが関連性高いコンテンツですよー!』

って新人が表れても最初は相手にしてくれないんだよね。







なるほど、いくらキーワードを詰め込んだからといって

信頼できるかどうか分からないブログを

上位表示させる理由にはならないのか。



もちろん、ライバルがいないから狙い目なんだけど、

もう少しコンテンツを充実させるなどが必要だろうね。



まあ、もしかしたらいきなり上位表示できちゃうかもだけど、

既存キーワードだとそれが難しい傾向にあるよ。




新規キーワードを見つける方法


新規キーワードを見つけることができれば、上位表示はかんたんです。

しかし、話題性がある新規キーワードを見つけることは難しいのです。

だから、僕は「新規キーワード」ではなく『新規の組み合わせ』を探すことをオススメしています。

上位表示の秘訣は「新規の組み合わせ」?


例えば2016年9月以前から、ピコ太郎がブレイクすることを予見し、『ピコ太郎』という新規キーワードを見抜くことは相当難しいです。

しかし、『ピコ太郎』単独でのキーワードが厳しくても、ピコ太郎とよく検索されそうな組み合わせのキーワードは予想はできるはずですよね?

「ピコ太郎 衣装 販売店」
「ピコ太郎 収入 印税」
「ピコ太郎 振り付け やり方」
「ピコ太郎 PPAP 余興」


などなどピコ太郎が有名になってからでも、新規の組み合わせであればいくらでも発生するモノです。

また新規組み合わせが生まれる例は、もっと身近にもあります。

3ケ月に1度やってくる「人物名 + ドラマ名」の組み合わせ


新規組み合わせで、もっとも身近な例は「人物名+ドラマ名」です。

連続ドラマは3ケ月に1回新しいドラマが放送されるし、そのドラマ名は今までこの世に存在しなかったキーワードがほとんどです。

ということは『ドラマに出演する人物名 + ドラマ名』は、新規の組み合わせとなり、グーグルとしてもまだデータが収入できていない状態です。

だから、連続ドラマはアクセスを集めるにはもってこいのネタですし、身近な話題なので扱いやすいんですよね。

急に飛び込んできたビッグニュース


ビッグニュースが起こったとき、今まで検索されてこなかったキーワードの組み合わせに需要が爆発することがあります。

例えば『成宮寛貴 引退』というキーワードの組み合わせ。
2016年12月までは、この組み合わせはほとんど検索されてこなかったはずです。

しかし、引退発表を期に爆発的に検索された新規キーワードの組み合わせだったのです。

もちろん、『成宮寛貴 引退』だけでは大手ニュースサイトに負けてしまうので、キーワードはずらさないといけません。

『成宮寛貴 引退 理由』
『成宮寛貴 引退 かわいそう』
『成宮寛貴 引退 影響』


などの新規組み合わせが生まれ、検索では上位表示されやすいんです。

気づきましたか?新規キーワードを探すって・・・。


もしアドセンス系のブログに挑戦されている方なら、気づいたと思います。

新規キーワードや新規組み合わせを探して、記事を書く。
これって、トレンドアフィリエイトをやっているだけなんですよね(笑)

新規キーワードであれば、キーワードだけでも上位表示しやすく、アクセスが集めやすいんです。

その仕組みを利用するからこそ、トレンドアフィリエイトって稼ぎやすいビジネスモデルとしても有名なんですよね。

それが逆に、今まで検索され続けてきたキーワードで勝負をする、一般的なブログアフィリエイトだとドメインパワーを育てるのも大変です。

ドメインパワーを育てるためのアクセスすら、集めるのが大変なわけですからね(笑)

なので、トレンドアフィリエイトを実践していて、今いち成果が出ていない人であれば、『本当に新規キーワードor新規組み合わせで記事が書けているか?』というポイントを見直してみてください。

もしかしたら既存のキーワードで勝負しているからこそ、なかなか上位表示できいないだけなのかもしれませんよ!

さいごに


今回はブログの記事を上位表示させるために、知っておくべき『新規キーワード』の考え方についてご紹介しました。

たとえライバルチェックをしていても、それが既存のキーワード(もしくは組み合わせ)であれば、もうグーグルが検索順位をしっかり決めてしまっている場合があります。

なので、ブログ始めたて又はトレンドで成果を出したいのであれば「新規組み合わせ」を積極的に狙ってやっていくといいですね!

もちろん、コンテンツ内容も充実していないと何の意味もないのでご注意を(笑)