ブログなどの記事を書いていて『どうも、分かりにくいな~』と不満に思っていませんか?

ちょっとした文章の書き方のコツを覚えるだけであなたのブログは見違えるほど分かりやすく(美しく)なりますよ!


そのコツとは『文章の構成』を覚えるだけOKです。

今回は例文も含めて、分かりやすいブログの書き方についてご紹介していきましょう!

分かりにくい文章は絶対に読まれない?


ブログなどのウェブライティングにおいて、文章が分かりにくいのは最悪です。

なぜなら、インターネット上の文章は非常に見づらいし、嫌だと思ったらすぐにページを離脱することができるからです。

しかもインターネット上にはたくさんの情報をあるため、別にあなたのブログを見なくても構わないのがユーザーの本音です。


こんな不利な状況で、分かりにくい文章を書いたら絶対に読まれないですよね?笑


しかし、僕らがブログを書くのはただの自己満足ではないはずです。

しっかり読んでもらって、ユーザーにこちらの意図を伝えないといけない理由がありますよね?

インターネット上での文章を書く者として、分かりやすい文章を書くことは必須条件だと言えるでしょう。

分かりやすいブログは『文章の構成』が違う!


『ブログを書いたはいいけど、何が言いたいのかが分からない…!』

『分かりにくいのは分かるけど、何が悪いかサッパリだ…。』



ブログを書くだけに限らず、あなたもこんな経験をしたことがあると思います。


あなたがその悩みを解決できていないのは『文章の構成』が悪いことが8割方の原因でしょう。

分かりやすい文章には、分かりやすい『構成』があり、それに習って書いていけば格段に分かりやすくなります。

なので、まずは基本技術である「抽象→具体→抽象」をご紹介します。

【基本】抽象→具体→抽象


分かりやすい文章構成の基本として、


抽象→具体→抽象


があります。

抽象→具体→抽象のテクニックは、

  1. まず言いたいことを伝える
  2. その理由、根拠、例え話などを語る
  3. 最後に言いたいことを伝える

このような手順を踏むことで文章を分かりやすく伝えることができる基本技なのです。


食レポを例にとってみましょう!

ブログ,分かりやすい,文章
食レポの目的は『餃子がどんな風に美味しいのか』をいかに伝えるかにあります。

まず最初に『旨い(抽象)』と伝えます。


次に『お肉がびっしり!』という具体的な言葉で、餃子がどんな状態かが伝わります。

『焼き目の香ばしさ、皮がモチモチ』という具体的な言葉で、さらにイメージが深まりますね。


そして最後に一番伝えたかった「おいしい!(抽象)」を伝えることで、「餃子がどんな風に美味しいのか」を分かりやすく伝えることができるわけです。


もう1つ例をだしてみましょう。

伝えたいことは『Youtuberは素晴らしい』です。

ブログ,分かりやすい,文章
言いたいことは分かりますよね?(Youtuberを否定するという意見は別として)


ここで、『Youtuberっていいよね!(抽象)』ばかり言っても説得力がなくなります。

逆に『動画編集能力はこれから必要だよね!(具体)』だけを伝えても、最終的にあなたが何を言いたいのかが分からなくなります。


このように抽象→具体→抽象で文章構成を組み立てると、非常に分かりやすい文章を書くことができるわけです。

この基本技ができない人は、変にうまいことを書こうとして文章がメチャクチャになっている人がほとんどです(笑)

【応用技】具体→抽象

ブログ,分かりやすい,文章
文章構成は抽象→具体→抽象のテクニックを使えば、基本的には大丈夫です。

しかし、この基本の「構成」が通用しにくい例があるのです。

それは抽象度の高すぎるテーマを扱うときです。


例えばあなたが「TPPの有用性」について伝えたいとしましょう。

ブログ,分かりやすい,文章
これは抽象→具体→抽象で書いてみたのですが、TPPに詳しくない人は前半で読むのを挫折してしまうかもしれません。


それよりも具体→抽象のテクニックを採用してみましょう!

ブログ,分かりやすい,文章
具体的な話からはいったほうが、TPPの有用性が分かりやすいと思いませんか?

このように抽象度が高く、難しい概念は身近な例え話(具体)から話始めることで抽象的なメッセージが伝わりやすくなります。

1コンテンツ1メッセージを忘れるな!

ブログ,分かりやすい,文章
ここまでは、分かりやすい文章を書く上での『文章構成』のテクニックをご紹介しました。

しかし、大前提としてあなたの伝えたいメッセージが定まっていないといけません。


原則として覚えておきたいのが、1コンテンツ1メッセージを意識してください。


ブログでいえば、1記事につき1メッセージというイメージで大丈夫です。

例えば、あなたが「女性からモテるために筋トレしよう!」というメッセージを1記事で伝えたいとしましょう。

そのメッセージを決めたのであれば、あなたは「筋トレすることがいかに女性からモテるか」について分かりやすく書く必要があります。


しかし、筋トレをするメリットって他にもありますよね?

健康に良かったり、部活で活躍できたりなど文章を書けば書くほど、「異性からモテる」以外にも書きたいことがたくさん増えてしまうかもしれません。

結果的に「異性にモテる」というメッセージにつながるならば問題はありませんが、1つの記事にメッセージが多くなりすぎると読者は混乱します。


これでは最終的に、


(何が言いたかったんだ・・・)


ということになり兼ねないので注意が必要です(笑)


なので、1記事につき1メッセージを意識して、あなたの伝えたい意図が分かりやすくしてあげましょう♪

さいごに


今回はブログなどのウェブライティングにおける、分かりやすい文章の書き方についてご紹介しました。

分かりにくい文章の特徴として『文章構成』がグチャグチャな人が多いので、まずは「構成」から見直しをしていきましょう。


また記事を書く前に、あなたの伝えたいメッセージを明確を決めておくことも非常に大事なので注意してみましょうね!