Wordpressのブログの記事を書く際に、各種タグを打っていくのが面倒だと感じたことはありませんか?しかし、タグを打たないと簡素な文章になってしまうし・・・。

アドクイックタグ
ということで今回は、そんなめんどくさいタグ入力を1クリックでできてしまうプラグイン「AddQuicktag(アドクイックタグ)」についてご紹介いたします!


例えば、文字を太くしたいときも⇒1クリックで太文字にしたりもできます!


もはやWordpressのブログ運営をしている人で、このプラグインを入れていないという人はいないのではないかというくらいです。


AddQuicktag(アドクイックタグ)の使い方や、僕がトレンドアフィリエイトをする際に使っていたオススメ設定についてもインポートできるようにしておきましたので、是非最後までご覧くださいね!

AddQuicktagの設定方法について動画で解説




AddQuicktag(アドクイックタグ)のインストール方法


まずAddQuicktag(アドクイックタグ)をインストールするところから始めましょう。

※『Multi Plugin Installer』で既にインストールが完了している人は、この操作は省略できます。


ダッシュボードのメニューから『プラグイン⇒新規追加』を選択して、プラグインの検索窓に『AddQuicktag』と入力しましょう。

プラグインアドクイックタグ
『今すぐインストール』をクリックしたら、インストールが完了しますので『有効化』を忘れずにしていきましょう。

これで、『AddQuicktag(アドクイックタグ)』のインストールは完了です。

AddQuicktag(アドクイックタグ)の使い方


それでは次にAddQuicktag(アドクイックタグ)の使い方をご紹介していきましょう。

まずはデフォルト設定から使用してみよう


まずはインストールした直後のデフォルトの状態でも、ある程度使える機能があります。

例えば、記事中に書いた文字を太文字にする方法についてご紹介しましょう!


ダッシュボードメニューから『投稿⇒新規追加』を選択して、記事を書く画面に移動しましょう。※使用するのはテキストVerとします

ネットビジネスアドクイックタグ
本文中の太文字にしたい箇所をドラッグしながら、『b』のラベルをクリックしましょう。

アドクイックタグ ↓↓↓
アドクイックタグ
ドラッグした範囲が<strong>タグで囲われてましたね?

この状態で記事をプレビューしてみると・・・。

アドクイックタグ
ドラッグした範囲が太文字になりました。

こんなかんじで1クリックで文字に装飾するなどのタグを記入することができるのがAddQuicktag(アドクイックタグ)の便利なところですね!


とは言え、デフォルトの設定ではできることが少なすぎるので、自分でカスタマイズをしていく必要があります。

ということで次は自分好みに設定をカスタマイズしていきましょう!

AddQuicktag(アドクイックタグ)の設定をカスタマイズする方法


それでは実際にAddQuicktag(アドクイックタグ)を使って、HTMLタグを自分好みにカスタマイズしていきましょう。

ダッシュボードメニューから『設定⇒AddQuicktag』に移動してください。


では、これから「赤文字+太文字」のタグを設定していきますね。


クイックタグの追加と削除で以下の項目を入力していきます。

アドクイックタグ
  • ボタン名⇒分かりやすく簡潔に!今回は「赤太文字」
  • 開始タグ⇒HTMLタグの前半「<span style=”color:red;”><strong>」
  • 終了タグ⇒HTMLタグの後半「</strong></span>」

以上を入力したら、チェックを入れるのを忘れずにしましょう。このチェックを忘れてしまうと、せっかく設定しても記事を書く際に反映されなくなりますので。

最後に、『変更を保存』をクリックしたら設定完了です。


実際に記事投稿画面に移動すると・・・。

アドクイックタグ ↓↓↓
アドクイックタグ
こんなかんじで、自分のよく使うHTMLタグをAddQuicktag(アドクイックタグ)に設定しておくと作業効率もグンっと上がりますね!

結城がオススメのAddQuicktag(アドクイックタグ)設定のインポート方法


とは言え、最初に設定をしていくにしても『何を設定していいか分からない』というのが本音だと思いますので、僕が使っている設定をそのまま使うことができるので、是非ダウンロードしてみてください!


※注意:こちらは賢威7.0で使えるタグ集となります。
結城が実際に使っていたタグはこちらからダウンロードできます!


ダウンロードしたら、AddQuicktag(アドクイックタグ)の設定画面からファイルをインポートしていきましょう。

アドクイックタグ
ダウンロードしたファイル(JSON 形式)を『ファイルを選択』で選択するか、ドラッグ&ドロップしましょう。

『ファイルとインポートをアップロード』をクリックすればインポート完了です!

これだけで、僕の使っていた設定が簡単に使えるようになります。

あとがき


今回はWordpressのプログイン『AddQuicktag(アドクイックタグ)』についてご紹介しました。

HTMLタグの入力を1回1回入力するのは面倒ですし、効率的とは言えません。

今回は僕のオススメ設定ファイルを提供しましたが、最終的には自分の使いやすいようにカスタマイズしてくのがベストだと思いますので、使いながら『あれ?これなんか不便だな?』と感じたら追加していきましょう。

HTMLタグは調べれば今時たくさん情報がありますからね!