今回はWordpressのブログでセルフピンバックを防止できるプラグイン『No Self Pings』についてご紹介しましょう。

Noselfping
セルフピンバックとは、自分のブログの内部リンクを貼り付けたときにコメント欄にされるリンクのことです。

これが鬱陶しいと思う人も多いと思うので、インストールするだけで簡単にセルフピンバックを防止してくれる「No Self Pings」がオススメです。


『そもそもピンバックってなんだ!?』


という疑問もあると思うので、ピンバックについても解説していきましょう。

セルフピンバックとは?NoselfPingsのインストール方法を動画で解説




『No Self Pings』のインストール方法


まずプラグイン『No Self Pings』をインストールしていきましょう。

ダッシュボード画面から『プラグイン⇒新規追加』を選択して検索窓に「No Self Pings」と入力してください。

ピンバック
『今すぐインストール』を押して、『有効化』をクリックしましょう。

有効化をしただけで、セルフピンバックを防止できるのでこれで設定は完了です。

ピンバックとは?承認すべき??


ピンバックとは簡単に言うと『お返しのリンク』のようなモノだと考えてください。

例えば、

結城おさむ
この猫Aのブログ詳しい情報が載っているな。

結城おさむ
僕のブログを見た後に、猫Aのブログも見てほしい!

結城おさむ
よし!外部リンク貼っておこう。

猫A
ん?メールが来てる。「モデートしてください」??

猫A
『新しいピンバックが承認待ちです。』か・・・。

猫A
あ、私のブログを褒めてくれていて、リンクを送ってくれているんだ。

猫A
じゃあ、ピンバックを承認してお返しのリンクを送ろう!


という流れで、あなたのブログへのリンクを貼ってくれたお返しのリンクをこちらからも送るというイメージで大丈夫でしょう。

承認をしたらあなたの記事のコメント欄に、外部リンクが貼られます。

これだけ書くと非常に良いイメージなピンバックですが、もし承認する場合は相手のブログを確認する必要があります

なぜなら、リンク先の相手がスパムサイトだったりするとそのスパムサイトにリンクを送っている悪質なサイトとGoogleに判断されてしまうかもしれないからです。

だから、もし承認する場合は相手サイトを一度確認して、どんな形でリンクを貼られているかを確認しておきましょう。

あとがき


今回はWordpressのプラグイン『No Self Pings』についてご紹介しました。

必須までとは言えないプラグインですが、インストールするのにも手間もかからないので導入しておくといいでしょう。

またピンバックについては、相手サイトをよく確認してから承認しましょうね。