今回はWordpressのプラグイン『PS Auto Sitemap』で目次の作成方法をご紹介しましょう。



サイトマップ(目次)を作成することは

  • ユーザビリティの向上
  • 内部SEO対策

この2点において非常に効果がありますので、是非導入していきましょう。

サイトマップとは?


サイトマップはブログ全体の目次のような役割を果たしてくれます。

サイト内のコンテンツを一覧表示をさせることができるため、全ての情報に効率的にたどりつくことができ、ユーザビリティの向上につながります。(2クリック以内に全ての情報に辿り着けると良いと言われています)

また内部SEO対策にも有効で、クローラーに効率的にコンテンツを巡回してもらいやすくなります。

【参考記事】クローラーの基礎知識について

『PS Auto Sitemap』のインストール方法


それではプラグイン『PS Auto Sitemap』をインストールしていきましょう。

ダッシュボード画面から『プラグイン⇒新規追加』を選択して、検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力しましょう。

PS Auto Sitemap

『今すぐインストール』をクリックして、有効化を忘れずにしてください。

これで『PS Auto Sitemap』のインストールは完了です。

『PS Auto Sitemap』で固定ページに目次を作成する方法


『PS Auto Sitemap』で固定ページに目次を作成していきましょう。

まずは固定ページを作りましょう

➀目次の固定ページを作成しよう


ダッシュボード画面から『固定ページ⇒新規追加』を選択していきます。

目次

タイトルを『目次orサイトマップ』にしておきます。

パーマリンクは『sitemap』に変更しましょう。


ここまで終わったら『公開』ボタンを押します。

公開が完了したら、固定ページ編集画面のURLに注目してみましょう。

サイトマップ

こちらにある数字(ID)は後で使うので、覚えておくかコピーしておきましょうね。

➁『PS Auto Sitemap』で目次を作成する方法


ダッシュボード画面から『設定⇒PS Auto Sitemap』を選択します。

PSAutositemap

設定画面でサイトマップを表示する記事先ほどの数字(ID)を入力してください。

目次作成

『変更を保存』をクリックしてください。

そして設定画面の下にこんなコードがあります。

目次作成方法

赤枠で囲ったコードをコピーして、先ほどの固定ページに貼り付けます。

PSAutositemap

最後に『更新』を押したら完了です。


確認のために『変更をプレビュー』を押してみて、

サイトマップ

こんな感じで各記事へのリンクが貼り巡らされたページが表示がされたら無事完了です!

あとがき


今回は目次を自動表示させてくれるプラグイン「PS Auto Sitemap」についてご紹介しました。

こちらのサイトマップはユーザビリティの向上の目的が強いため、クローラー専用のサイトマップも作成していく必要があります。

詳しくは『Google XML Sitemaps』というプラグインもご紹介しているので、そちらも是非導入していってくださいね!

【参考記事】Google XML Sitemapsでクローラー向けのサイトマップを作成しよう