今回はWordpressのプラグイン『WP External Links』のオススメ設定についてご紹介しましょう。

リンクアイコン
このWP External Linksを導入することによって簡単にリンクの設定をすることができ、SEOにも効果があります。

また、おまけ要素ではありますがアンカーテキストのリンクにアイコンをつけることもできますので、そのやり方についてもご紹介しますね。

リンクアイコン

nofollowタグを自動挿入できる!WP EXTERNAL Linksのオススメ設定を動画で解説




WP External Linksを絶対に導入するべき理由


WP External Linksを導入することで、
得られる効果は主に3つあります。

  1. nofollowタグを自動挿入できる
  2. 外部リンクを新しいタブを開く(target=”_blank”)を自動挿入
  3. 外部リンクにアイコンを自動挿入

特にnofollowタグの自動挿入については、非常に大事な話なので詳しく説明していきましょう。

nofollowタグを自動挿入できる


トレンドアフィリエイトなどでブログ運営をしている場合は、ドメインのパワーを高めて検索順位を上げる必要があります。

そして、ドメインパワーを高めるには被リンクをもらうことが非常に大事になります。

しかし、自分のブログから外部にリンクを貼ってしまうと、外部リンクを送ることで自分のブログのドメインパワーを弱くしてしまう可能性があります。

それを防ぐために、リンクタグである<a href>にrel=”nofollow”を入れるという対策があります。

<a href=”URL” rel=”nofollow”>アンカーテキスト</a>


こんなかんじでタグにnofollowタグを挿入することをオススメしています。

しかし、こんなことを毎度毎度入力していたらキリがありませんよね?

プラグイン『WP External Links』を導入すれば、外部リンクにだけ自動でnofollowタグを挿入できるため手間もかからずにSEO対策ができるのです。

WP External Linksのオススメ設定


まずはWP External Linksの設定をしていきましょう。

今回は僕のオススメする設定方法をまとめていきます。

1-1.WP External Linksのインストール方法


WP External Linksインストールから始めましょう。

ダッシュボード画面から『プラグイン⇒新規追加』を選択して、検索窓に『WP External Links』を入力します。

リンクアイコン
『今すぐインストール』を押して、『有効化』を忘れずにしましょう。

1-2.WP External Linksの設定方法


WP External Linksの『有効化』が完了したら、ダッシュボードのメニュー左下に『External Links』の項目が追加されます。

アイコンリンク
こちらをクリックして、設定画面に移動しましょう。

そうすると、5種類の設定をすることができます。

リンクアイコン
  • External Links(外部リンク)
  • Internal Links(内部リンク)
  • Excluded Links(除外リンク)
  • Exceptions(例外)
  • Admin Settings(管理者設定)

この5つの設定をしていきましょう。

External Links

External Links(外部リンク)の設定をしていきます。

リンクアイコン

設定すべきポイントはこちら↓↓

  • Open external links
  • 『each in a separate new window or tab』に設定しましょう。こうすることで、訪問者がアンカーテキストをクリックした際に、外部リンクを新しいタブで開きます。

  • Set follow or nofollow
  • 『nofollow』を選択します。ここは絶対に設定しておきましょう。そうしないと外部に被リンクのパワーを送ることにより、自分のドメインのSEOが弱くなる可能性があります。

  • Choose icon type
  • リンクにアイコンを追加する時は『Image』を選択しましょう。

  • Choose icon image
  • アイコンのデザインを自分の好みで選択しましょう。

Internal Links(内部リンク)


Internal Links(内部リンク)の設定していきましょう。

というかこちらは、デフォルトのままでOKです(笑)

Excluded Links(除外リンク)とExceptions(例外)


Excluded Links(除外リンク)とExceptions(例外)については、特定のリンク先だけを個別に設定をすることができます。

【手順1】Exceptions(例外)で特定のリンクを決定します。

リンクアイコン

『Exclude external links by URL』のボックスに特定のURLを入力します。


【手順2】特定リンクを決めたら、Excluded Links(除外リンク)でリンクの設定します。

こちらについては、『Settings for excluded links』にチェックを入れます。

チェックを入れると外部リンク設定と同じ要領で設定していけばOKなのですが、僕の使い方としては特定のリンクだけはnofllowしないので、こちらはデフォルト設定のままにしますね。

リンクアイコン

あとがき


今回はWordpressのプラグイン『WP External Links』についてご紹介しました。

リンクにおけるSEO対策や、アイコンを追加するなど便利な機能満載なプラグインですので、是非導入をしていきましょう。