今回はWordPressのプラウグイン『AdSense Manager』を利用して、記事内の好きな場所にアドセンス広告を貼る方法についてご紹介していきましょう。

ネットビジネスアドセンス
僕がトレンドアフィリエイトに実践する際に、広告設置に使っていたプラグインが『AdSense Manager』です。

なので、今回は『AdSense Manager』の導入方法から広告の貼り方までご紹介していきます。

まだGoogleアドセンス審査を通過していないという段階であれば、審査関係の記事を御覧ください。

【関連記事】Googleアドセンス1次審査に通過しやすいブログの特徴とは?

AdSenseManagerの使い方を動画で解説




AdsenseManagerのインストール方法


WordPressのダッシュボード画面から『プラグイン→新規追加』を選択して、検索窓に「AdSense Manager」と入力します。

ネットビジネスアドセンス広告

「今すぐインストール」をクリックして、『有効化』をしていきましょう。

AdSense Managerの設定方法

ネットビジネス
有効化が完了したら、メニューの『投稿』に「Ad Units」という項目が追加されます。こちらをクリックしていきましょう。

ネットビジネスアドセンス

赤枠で囲った場所に、アドセンス広告のコードを入力していきます。

アドセンス広告のコードとは、あなたのアドセンス管理画面から取得することができます。アドセンス2次審査時にコードを取得したと思うのですが、手順は同じなので参考に別の記事もご覧ください。

【参考記事】グーグルアドセンス2次審査に通過するコツとは?

アドセンス広告のコードを入力が終わったら、『Import』をクリックしていきます。※今回は広告サイズはレクタングル広告(336px×280px)で実施します。

ネットビジネスアドセンス

Basic設定では、『Display Options』は全て「Yes」に変更しておきましょう。

それが完了したら、『Save Changes』をクリックしてください。

アドセンス広告を貼る方法


ここまでAdSense Managerの設定が完了したら、実際にアドセンス広告を貼りつけてみましょう。

ダッシュボードのメニューから『投稿→新規追加』で実際に記事を書いてみます。

そして、記事本文中に広告を貼りたい場所に[ad#co-1](半角で!)を入力します。

記事本文がこちら!
ネットビジネスアドセンス

実際に表示される記事がこちら!
ネットビジネスアドセンス

このように、[ad#co-1]と入力するだけでコンパクトにアドセンス広告を設置することができるようになります。

プラグインAddQuicktagも併用して利用しましょう


AdSense Managerを利用すると、コンパクトにアドセンス広告を貼ることができます。

しかし、これだけではまだ面倒なので、指定のタグをワンタッチで挿入できるAddQuicktagも利用していきましょう。

ダッシュボード画面から『設定→AddQuicktag』をクリックします。

ネットビジネスアドセンス

  • ボタン名
  • ボタン名は「広告」という名前にしておきましょう。

  • 開始タグ
  • ここに[ad#co-1]と入力していきます。(スポンサードリンクや中央寄せにしておくといいでしょう)

  • チェック
  • チェックマークは全てチェックを入れていきます。

そして、『変更を保存』をクリックします。

実際に記事を書く際に・・・。ネットビジネスアドセンス
↓↓↓
ネットビジネスアドセンス

という具合に、非常に簡単にアドセンス広告を設置できますよ!

アドセンス広告の配置に関する注意点


アドセンス広告をブログなどの媒体に貼る際には、守らなければならないルールがあります。

しかも、このルールがなかなか細かい・・・(笑)

特に広告を貼る場所などの配置に関しては、偶発的なクリックを誘発するモノや広告に向かって矢印を書いたりなどの行為が禁止されています。

まだまだ規約はたくさんあるので、必ず目を通すようにしておきましょうね↓↓↓

広告の配置に関するポリシー

また広告の配置以外にも、記事内容がアダルトであったり、暴力的な表現が記載されていたりなどするとアドセンス規約違反となるため注意が必要です。

【関連記事】特定の記事だけアドセンス広告が表示されない時の原因や対処方法

あとがき


今回はアドセンス広告を簡単に記事内に貼ることができるWordPressのプラグイン『AdSense Manager』についてご紹介していきました。

アドセンスコードをそのまま貼るのもいいのですが、ブログを投稿画面がコードでぐちゃぐちゃになってしまうので、コンパクトにまとめていったほうがいいでしょうね。

そして、アドセンスを扱う上でアドセンスポリシーは必ず遵守しなければならないので、必ず一読しておきましょう!