ネットビジネスGoogle XML Sitemaps
Wordpressのプラグイン『Google XML Sitemaps』とは、自分のサイトの更新情報を検索エンジンに対して効果的に伝えるためのモノです。


あなたが書いた記事がインデックスされるためには、サイトを巡回しているクローラーというロボットに更新情報を見つけてもらわないといけません。本来ならば、クローラーが巡回してくれるのを待つだけなのですが、『Google XML Sitemaps』を利用してサイトマップというものを作成することで更新情報を検索エンジンに伝えることができるのです。


多分、初心者の方だと何を言っているのかサッパリ分からないと思いますので、早速詳しい説明に入っていきましょう。

【参考記事】クローラーとは何か?基礎知識を分かりやすく説明

GoogleXMLSitemapsの設定方法について動画で説明




サイトマップとは?


サイトマップは正式にはXMLサイトマップといいます。

これは検索エンジンのクローラー向けに作られたサイトの目次のようなものです。


あなたも本を読んだりするときに、目次があれば『どこに何が書いてあるか』が分かりやすいですよね?

それと同じで検索エンジンのクローラーも、サイトには目次があったほうが巡回しやすくなり、目次無しでは拾いきれなかったような情報も収集することができるのです。


このクローラーにとっての目次となるサイトマップを作成するツールとして『Google XML Sitemaps』があるのです。

ちなみにサイトマップはGoogleウェブマスターツールに送信してやることで初めてその効果を発揮します。なので、Googleウェブマスターツールに登録をしなければサイトマップも送信できませんので、まずはGoogleウェブマスターツールへの登録をすることをオススメします。

【参考記事】Googleウェブマスターツールへ登録をしてみよう!

Google XML Sitemapsのインストール&設定方法


Google XML Sitemapsのインストール方法


Wordpressにログインしたら、ダッシュボード画面→『プラグイン』→『新規追加』を選択しましょう。

そしてプラグインの検索窓に『Google XML Sitemaps』と入力して、『今すぐインストール』をクリックして、インストールをしたら『有効化』をクリックしましょう。


有効化まで完了したら、次はGoogleウェブマスターツールにサイトマップを送信していく行程に入ります。

まずはGoogleウェブマスターツールへの登録を終わらせてしまいましょうね。

Googleウェブマスターツールへサイトマップを送信


Google XML Sitemapsはサイトマップを作成するツールであり、Googleウェブマスターツールにサイトマップを手動で送信しなければその効果を発揮しません。


Googleウェブマスターツールの管理画面に飛んだら、『サイトマップ』をクリックしてみましょう。

ネットビジネスGoogle XML Sitemaps

『サイトマップ』の画面に飛んだら、『サイトマップの追加/テスト』をクリックしましょう。

ネットビジネスGoogle XML Sitemaps

ネットビジネスGoogle XML Sitemaps

それではここであなたのサイトのサイトマップのURLを確認していきましょう。

WordPressのダッシュボード画面から『設定』→『XML Sitemaps』と進むと、サイトマップのインデックスURLが記載されていますので、そちらのURLと、ウェブマスターツールのサイトマップの追加/テストのURLが一致するようにコピーして貼り付けましょう。

ネットビジネスGoogle XML Sitemaps

コピーアンドペーストをして、『送信』を押してください。

初めてサイトマップを送信する場合、以下の画面の箇所が『保留』と表示されますが、これは時間が経過されればサイトマップの送信数が数字で表示されますのでご安心ください。

ネットビジネスGoogle XML Sitemaps

以上で、『Google XML Sitemaps』の設定方法はお終いになります。

基本的には、最初の設定さえ終了させておけば特に『使い方』ということもないので、サイトマップを送信するところまで確実にやっておきましょうね。

あとがき


ネットビジネスを始めて間もない初心者であれば、一体何をやっているのかも分からないかもしれません。

しかし、ネットビジネスをやっていく中で言葉の意味を理解していくでしょうし、少し乱暴な言い方をすると理解していても、理解してなかろうとやることは同じなので、プラグインのインストールや設定は、機械的に真似をするだけで大丈夫です。

正直あまり時間をかけても仕方ないので、理解できずに悩むくらいならさっさと終わらせてしまうのが賢明です。