HTML,タグ,反映させない
WordPressなどのブログでHTMLタグを入力すると、そのタグの効果が反映されてしまいますよね?

例えば僕の場合は、ブログのソースコードをカスタマイズする方法を紹介したりしているのですが、投稿画面に直接タグを打ち込んでしまうとそれが反映されてしまってコードを読者に紹介することができなくなります。

HTML,タグ,反映させない

↓↓↓
html,タグ,反映させない
こんなかんじで反映させたくないのに、タグが反映されてしまう・・・。

情報発信者の方でお悩みの人は多いのではないでしょうか?


ということで今回はHTMLタグを反映させない方法をプラグイン『Crayon Syntax Highlighter』で解決していきましょう!

プラグインCrayon Syntax Highlighterのインストール方法


まずは「Crayon Syntax Highlighter」をインストールしていきましょう。

WordPressのダッシュボード画面から「プラグイン→新規追加」で、検索窓に「Crayon Syntax Highlighter」と入力をします。

タグ,反映させない,HTML
『今すぐインストール』をクリックして、「有効化」も忘れずに行いましょう。


これでプラグインのインストールは完了です。

HTMLタグを反映させない方法


ではWordPressの投稿画面に移動します。

僕はテキストモード派なので、テキストモードでご説明しますね。

無事プラグインのインストールが完了していれば投稿画面のタグボタンに「crayon」が出現しているはずです。

タグ,html,反映させない
このボタンを押してみましょう。

HTML,タグ,反映させない
こんなかんじの入力画面が出現します。細かい設定は割愛しますが、コードを入力していきましょう。

タグ,HTML,反映させない
コードやタグの入力が完了したら、「Add」ボタンをクリックすると・・・。


こんなかんじでデフォルトの枠の中にタグがそのまま表示されます。

僕の場合は、参考になりそうなコードなどをこのプラグインにいれて『コピーしてください』という風に利用しています。

プラグインなしでHTMLタグを反映させない方法


こんな仰々しいプラグインを使わずに、HTMLタグを反映させる方法はないの?

ということになれば、「特殊文字」を扱う必要があります。


例えば>(半角の大なり)は特殊文字では「>(半角でね)」と表現します。

特殊文字を使うことによって、タグで使用させる記号関係をそのまま表示することができますが、結構面倒です(笑)

なので個人的にはプラグインの「Crayon Syntax Highlighter」を使用することをオススメしています。

さいごに


今回はHTMLタグをブログに反映させない方法をご紹介しました。

プラグインを使用してやるのが一番効率がいいですが、特殊文字を使っても問題ありません。

お好きな方法に合わせて、ソースコード表示させていけばいいですよ!