アドセンス広告でブログ収益化をしている方であれば、多くの人がプラグインAdSenseManagerを使っていると思います。

AdSenseManagerを使えば、広告コードを省略してブログに貼り付けることができるので、ブログ投稿画面が非常にコンパクトにおさまります。

AdSenseManager,エラー
しかし、そんなAdSenseManagerで「Ad Units」設定をしようとするとエラーが発生することがあります。



『え?なんだこれは・・・!?』

と焦らずに、落ち着いて対応しましょう。

実は簡単にこの「Fantal error」は解消することができますので!

【参考記事】AdSenseManagerでアドセンス広告を自由な場所に貼る方法

AdSenseManagerのAd Unitでエラー発生?


AdSenseManagerをインストールして、有効化まで済ませるとWordpressのメニュー画面に「ad Units」が追加されます。

AdSenseManager,エラー
本来であれば、この「ad units」をクリックして自分の広告コードを貼り付けるなどの設定をすることができます。


しかしエラーがでる場合は、この「ad units」をクリックすると…


Warningが表示されます!

それを無視して『Import』ボタンを押そうとすると・・・。


うわー。

なんか出てきちゃったよ・・・。

ってかんじなってしまいます(笑)

Fantal errorの原因は?


Fantal errorとは「致命的な誤り」という意味があるのですが、かなりやばそうに見ますが、この原因は簡単です。


PHPのバージョンの違いです。


あなたのブログがPHP7.0というバージョンで構築されているのに、AdSenseManagerがそれに対応していないことでエラーが発生しています。

なので、PHPのバージョン切り替えをしてあげればOKですよ!

Fantal errorの簡単な対処方法!


ここで注意点があります。

PHPの切り替えはWordpressの管理画面からはできないのです。

レンタルサーバーの管理画面から切り替えが可能なので、今回は僕が使用しているエックスサーバーを例に対処方法をご紹介します。

他のサーバーを利用されている方も基本的には似たような操作になっていきますのでご安心ください♪

1.エックスサーバーのサーバーパネルにログインする


まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインをしましょう。

AdSenseManager,エラー

2.ホームページ⇒PHP Ver.切替


次に「ホームページ⇒PHP Ver.切替」を選択しましょう。

AdSenseManager,エラー

3.ドメインを選択する


AdSense Managerを利用したいドメインを選択します。

AdSenseManager,エラー

4.PHP Verを7.0.7⇒5.6.22に切替


おそらくあなたのブログのPHP Verは「7.0.7」になっているはずなので、「5.6.22」に変更しましょう。

AdSenseManager,エラー
ここまで完了したらPHPのバージョン変更は完了です。

再度、AdSenseManagerの設定してもエラーはでないでしょう。

さいごに


今回はAdSenseManagerで起きるエラーの対処方法についてご紹介しました。

AdSenseManagerが新しいPHPバージョンに対応してくれれば、このようなエラーは起きないのでしょうが、2017年3月現状ではこのような方法をとるしかないですね。

また、新たなバージョンアップなどにも注意する必要がありそうです。