今回はWordpressのプラグイン「TinyMCE Advance」についてご紹介しましょう。

「TinyMCE Advance」はWordpressの記事作成をビジュアルエディタで実施している人であれば作業効率化のためにも、必須のプラグインとなっていきます!

僕自身はテキストエディタに慣れてしまったので、「TinyMCE Advance」を使う機会はないのですが、やはりWordpress初心者であったりHtmlタグがよく分からないという人であればビジュアルエディタの方が初心者向けですよね。

なので、テキストエディタに抵抗がある人は必ず「TinyMCE Advance」を導入するようにしてください!

【動画】TinyMCEAdvanceのインストール方法&使い方

TinyMCE Advanceとは?

「TinyMCE Advance」は、Wordpressの記事作成時に文字に背景色を入れたり、フォントサイズを変えたりなどをワンタッチで可能にする便利なプラグインです。

こういった文字装飾などにはHtmlやタグの知識が最低限は必要なのですが、そんな知識がなくても見やすい記事を感覚的に書けてしまうのが魅力ですね。

TinyMCE Advanceのインストール方法

WordPressのダッシュボード画面から、「プラグイン⇒新規追加」を選択します。

そして、検索窓に「TinyMCE Advance」と入力しましょう。

※注:「Tiny MCE Advance」ではなく、「TinyMCE Advance」です!!(半角スペースがあるかないかの違い)

TinyMCE Advance

『今すぐインストール』をクリックし、『有効化』を忘れずに。

TinyMCE Advanceの設定方法

有効化が完了したら、次は設定をしていきましょう。

WordPressでは、デフォルトの文字装飾関係のボタンはこんなかんじになっています。

何やら選べるボタンの種類が少なくて、不便そうですよね?

TinyMCE Advanceを使えば、文字装飾などのボタンを自分好みにカスタマイズすることが可能です。

メニュー画面から「設定⇒TinyMCE Advance」を選択してください。

すると以下のような設定画面が表示されます。

赤枠で囲った場所が未使用のボタンなので、自分が追加したいボタンをドラッグ&ドロップでエディタに追加していきます。

そして、「保存」ボタンを忘れずに!

これで自分の使いたい機能だけをカスタマイズすることができます。

テキストエディタで改行が崩れないように・・・

最後に忘れがちな設定なのですが、「Advance setting」の「段落タグの保持」にチェックを入れましょう。

これをいれておかないと、ビジュアルエディタからテキストエディタに切り替えたときに、改行が崩れて大変なことになりますので^^;

さいごに

今回はWordpressのプラグイン「TinyMCE Advance」についてご紹介をしました。

このプラグインを使うことによって、あなたもブログの記事を思うがままにデザインすることができます。

ビジュアルモードでライティングをする場合は必須のプラグインとなっていきますので、必ず導入してみてくださいね♪