メルマガ

変化を恐れていた自分 × 1年ぶりに沈黙を破ります…!





どうも、結城おさむです。

5月末に引っ越しをしまして、
「都内近郊」から
『都内』へやってきました。

新しいマンションは駅も近く、
ふらっと渋谷までも行ける立地なので
セミナーなどに呼ばれたときは、
ギリギリまでベッドに横たわれます。。笑

というのは冗談で、、

今まで移動時間に奪われていた時間を
フルアウトプットができるので、
めちゃくちゃ仕事が捗っています…!

ちょっと出かける前に、
ひと仕事できる時間も増えたり、

都心に出かけても
帰宅時間が短縮できるので
早くベッドにダイブできるから、
翌日のパフォーマンスが上がる。

最近は
「とにかくシゴトができる時間が欲しい」
という欲求が強く、移動時間も惜しいので、

家賃はバカみたいに上がりましたが、
その代わり「自分の攻めのチカラ」
に時間を使えるので、
これも自己投資だなっと思います。

ただ、

投資をするにしても、
『順序』って大事だと思うんですよね。

よくお笑い芸人が無理して
家賃の高いところに住んで、

「絶対にビッグになったる!」

みたいなかんじで、
自分を追い込む人もいますが、
あれは違うのかなっと思います。

いやいや、最初から
そんなリスクかけなくてもいいんじゃね?

っと思ってしまうんです。

ボクが売れない芸人だったら、
家賃に月々数万円を余剰に使ったりしません。

そんなことに投資をするより、
まず自分のスキルを高めることに注力します。

売れている芸人さんの舞台を
お金を払って見に行って、
研究すると思うし。

実際に飲み代を奢ってでも、
面白い人と交流をして
その人の感覚を盗もうとします。

月々数万円のお金が浮くだけで、
スキルに自己投資ができるわけじゃないですか。

だったら、
最初のスキルがないうちは
ボロいアパートでグッとこらえ。

自分でお金を生み出せるほどの
価値ある人間になれるまでは、
ボクだったら生活水準は上げないですね。

生活水準を上げる→お金を稼がなきゃ!

っという順序よりも、

スキルに投資する→お金が稼げる→生活水準が上がる

なんか当たり前のことを言っていますが、
「順序」を間違えないことです。

ボク自身もブログで月20万円くらいを
安定して稼いでいたくらいのときは、
富山の実家でビジネスの基盤作りをしていました。

そして、
一人のアフィリエイターから
一人のマーケッターとなり、
一人のコミュニティリーダーなって、

徐々にステップアップをしていったからこそ、
住む場所という大きな自己投資にも
踏み切ることができました。

もちろん、
ボクもトントン拍子で
すべてが上手くいったわけではないです。

ビジネスを規模を大きくすれば、
それだけ「葛藤」はありました。

なので今回は、
ボクが初セールスで感じた葛藤から、
「人生の転機の乗り越え方」
についてです。

※最後には重要なお知らせもあります。

変化を恐れていた自分。

あれは今から半年ほど前。
2017年11月のことです。

当時のボクは、
現在運営しているオンラインサロンの
『B-Writers Project』の
参加メンバーを募るために必死になっていました。

毎日メールを送り、
自分のビジネスへの思いや
企画への情熱を伝えて。

それに呼応するかのように、
多くの参加表明をいただいて
本当に熱い冬を過ごせたと思っています。

ボクにとっても、
月800万円のセールスを達成する
人生の転機となる出来事でしたし、

参加してくれたメンバーも
素敵な人たちばかりで
この関係性をずっと
大事にしていきたいと思っています。

大きな売上、
素敵な仲間、
セールスの盛り上がり…

端から見れば、
あのセールスは大成功だと
言ってもらえていますし、

自分でも結果だけを見ると
『これは出来すぎだな』
っと思ってしまう内容でした。

しかし、

セールスの真っ最中は、
順風満帆とは言いづらい状態でした。

というのも、
そのときのボクは
セールスをすることに恐れを感じていたんです。

メールを送るたびに予約者数が増え、
嬉しさと同時に、
漠然とした不安を感じていました。

「こんなに多くの人たちを
 引き上げることが自分にできるだろうか?」

「この人たちと良い関係性を
 構築することができるだろうか?」

セールスをする側の視点に立てば、
予約者が増えることって
単純に嬉しいことだと思うのですが、

ボクは予約が増えるたびに、
自分に自信をなくしたり、
謎の虚無感におそわれることが増えました。

「売れるっ!」っと思えば思うほど、
なにか言いようのない不安にかられていたんです。

当時のボクは、
アドセンスブログからの収入や
個別のコンサルの依頼ももらっていたし、

サイトを売却したお金も十分に余っていて、
こんな言い方をするのもアレですが
そこそこ余裕がある生活でした。

むしろ、
場所にも縛られることなく、
仲の良い友人としか会わないので、

昔の会社員をしていた時期と比べて、
かなり満たされていた状態。

「稼ぐ、稼げない」

っという話をすれば、
そこそこ稼いでいるから
当時の生活になんの不満もなかったんです。

その生活を捨ててまで、
「この企画を売っていいものだろうか?」
と本気で悩んだりしました。

そんな個人でビジネスをする者としては、
最低で、臆病で、だらしないボクに
人生のターニングポイントをくれた人がいました。

ボクのメンターである、
Nozzie(ノジー)さんです。

Nozzieさんには、
ボクのセールスの裏側に入ってもらい
その都度アドバイスをもらっていました。

ボクが企画に参加してほしい
理想的なクライアントを
呼び寄せるライティングの技術。

企画コンセプトから、
ターゲットの設定など
当初から二人三脚でお世話になっていました。

そこまで親身になってくれた
Nozzieさんだからこそ、
ボクの変化を見逃しませんでした。

『おさむさん、今何を悩んでるですか?』

ギクッと心臓の位置が、
耳元にきたのかと思いました。

セールスに対して
臆病になっている自分を
隠してきたつもりだったのに、
Nozzieさんは全てお見通しでした。

そして、
情けないボクの目を覚ました
Nozzieさんの言葉がこれです。

================

自分の人生に変化が訪れるのに
漠然とした恐怖を感じるのは
誰もがあることです。

しかし、忘れないでください。

セールスは命がけです。

だって、
おさむさんのフォロワーって
B-Writers Projectに入って、
本気で人生を変えようとしてるんですよ。

彼らが命がけなのに、
ボクらセールスする側が
命をかけないなんておかしいじゃないですか?

もちろん、
おさむさんは普段から笑顔が絶えないし、
優しい人だってことは知っています。

怒ったり、悲しんだり、弱音を吐いたり、
泣いたりする一面を見せない人ってことも
知っているつもりです。

でも、その代わり
もっと人間らしさというか、
もっと生々しい感情を見せてほしいです。

自分の人生が変わってしまうことに怯えず、
読者の人生をどう変えていきたいのかを
生々しく吐露してほしいです。

それくらいの情熱がないなら、
ボクは売ってはいけないと思う。

セールスって命をかけるんですよ。

今、おさむさんに足りないのは、
優しさとか人当たりの良さではなく、
自分の感情をありのまま表現することです。

自分の人生、
読者の人生、
命がけで変えてやりましょう!

~~~~~~~

この瞬間、
ボクは言葉を失ってしまいました。

正確にいうと、
自分に足りないことを指摘してくれて

「ありがとうございます」

というお礼を言いたかったのに、
声が出ずに涙ばかりが
ポロポロと出てきたのです。

ボクは昔から、
人と”生の感情”をぶつけるのが
すごい苦手な人間でした。

関係が多少気まずくなるくらいなら、
笑顔で受け流して、
ほとぼりが冷めるのを待つタイプの人間で、

自分の感情を思うまま
吐露できる人ような人間になれたらなっと
どこか劣等感を感じていました。

ただ、そんな今まで誰にも
言ったことがなかったコンプレックスを
Nozzieさんが理解してくれたことに・・・

ボクは涙が止まらず、
電話を片耳につけたまま
泣き崩れてしまいました。

そして、

ひとしきり泣き終えたあとに気づいたんです。

結局、ボクは”過去の自分のまま”で
成功したかったんだなっと。

人との関わりは無難なラインでとどめて
感情のアップダウンもなく
大きな売上を上げて、

ゆるゆるふわふわっと
成功できればいいなぁっと思っていたんだなっと。

ボクがセールスに対して恐れていたのは、
「メンバーを引き上げられるかどうか?」
ではなくて・・・

自分の情熱を本気で伝えたときに、

「みんなから嫌われてしまわないか?」

とか、

「こんなこと言ったら変なヤツだと思われるかな…?」

とか、
くだらない自分のプライドが
傷ついてしまうことだったんです。

セールスは命がけ。

ボクはNozzieさんの言葉をきっかけに、
過去の自分を捨てて、
殻を破ることを決意しました。

もちろん、
最初は文章に想いがのらずに
そこでも葛藤がありました。

しかし、
毎日Nozzieさんに

「企画にかける想い」
「読者にこんな未来を実現してほしい」

などなど、ありのままを話すことで
どんどん文章に感情がのり始めました。

セールストークではない
生の感情が反映されたメールを
打つことが自然にできるようになり。

また、
『ビーライターズに参加したい』と言ってくれた参加表明者に
自信を持って、企画の説明をすることができました。

この企画に参加してくれた人には、
絶対に人生変えてもらいたいっ!

そんな情熱がフツフツと
湧き上がってきたんですね。

そして、
その結果もあってか
セールスは出来すぎともいえる売上を達成し。

素敵なメンバーが集まり、
今はメンバーを引き上げるために
忙しくも夢中になれる毎日が続いています。

もし、あのときNozzieさんの言葉が
なければ今の自分はないと思っています。

あの「セールスは命がけ」という言葉がなければ、
ボクはコミュニティリーダーになれず、
一人のアフィリエイターで終わっていたかもしません。

自分自身が何に悩んでいるのかすら気づけず
ずっと「葛藤」する日々を送っていたかもしません。

それくらいに、
人生が大きく変わるタイミングでは
潜在的に「変わりたくない」という意思が発動します。

言葉では、
「稼ぎたい」と言っても、
実は「稼ぎたくない」と思っていたり。

言葉では、
「モテたい」と言っても、
傷ついてまで行動をしようとは思っていない。

結局、
変わろうとするときに
過去の自分に引き戻されてしまうんですよね。

そして、

その引き戻されてしまうそうになった時に、
いつも正しい道のりを示してくれるのがメンターだと思います。

自分が気づいてすらいないことを
言語化してくれて、
包み込んでくれる人が必要です。

今までの自分の基準をぶっ壊してもらって、
限界値を引き上げてくれる人が必要です。

ボクは日々、
メルマガ読者さんから
こんなメッセージをいただくことが多いです。

「会社をやめて自分のやりたいことをしたいです!」

「ビジネスで大きな成果を上げて人生を変えたい!」

「稼ぐだけじゃなく、精神的にも満たされた人生を歩みたい!」

こういった熱いメッセージに
いつもエネルギーをもらっていますし
本当にありがたいなっと思っています。

ただ、

人生を大きく変えたいと思うのであれば、
自分の安全地域を抜け出さなければ
大きな変化は訪れません。

月収20万円の人は、
月収20万円を超えそうなイベントが起きると
自分が自分に反発を起こします。

これは月収20万円の
アフィリエイターだったボクが、
月収800万円のコミュニティリーダーになる
瞬間に起こった「葛藤」と同じことです。

もはや筋肉痛みたいなもので、
カラダが大きくなる前に
一旦今のカラダを破壊しないといけないんです。

そして、

この「反発」に乗り越えるには、
正しい方向性を示してくれる
メンターの存在が必要なんですよね。

ボクは、
「セールスは命がけ」
と言ってくれたNozzieさんに
自分の壁を壊してもらったことで人生が変わりました。

1年ぶりに沈黙を破ります。

さて、
そんなボクの人生を変えてくれた
恩師であるNozzieさんですが、
ここ1年ほどコンサル生を受け付けていませんでした。

ボクはかれこれ2年ほどのお付き合いもあり、
月に1回は直接お会いして
学びを得ることができているのですが、

ここ1年間くらいで
Nozzieさんのことを知った人は、
そんなチャンスすらなかったようです。

Nozzieさんのコンサルは、
先程のエピソードからも分かるように
一人ひとり親身になってくれるのは当たり前で、

少しベテランのコンサル生であれば
月収1,000万円くらいの売上は達成してるし、

ボクのような自分の商品を売ることが
初めての人間でも道すじを示してくれて、
800万円のセールスができたのも、
Nozzieさんのおかげです。

最近では、
RIKUくんという23歳の
起業家仲間がいるんですが
メルマガ読者さんが400人で
850万円のセールスを成功させたのもビビった…。

ボクも独立してから
色んな業界の方にお会いしていますが、

「Nozzieさんから習っている人はズルい!」

っとめちゃくちゃ言われる機会も多いし、
確かに恩恵をもらっているなっと実感しています。

そんなNozzieさんだからこそ、
これ以上コンサル生を取りすぎると
忙殺されてしまうということもあり、
1年間はコンサル生の門を閉じていたんだと思います。

しかし、

ついにNozzieさんが1年間の沈黙を破り、
新たなプロジェクトを開きます。

その名も、「#CAST(キャスト)」。

#CASTでは1年間を通じて、
Nozzieさんのコンサルを受けることができ
これからの時代に売れ続ける
カッコイイ起業家を育ている企画です。

今まで何者でもない「ただの個人」を
ロジカルなメソッドで年収2,000万円以上の
起業家に育ててきたNozzieさんの
『個のチカラ』を極限までに高める
マネタイズノウハウを受けられることはもちろん。

今回の#CAST、
さらにズルいなっと思うことがあって・・・

女性起業家であるHitomiさんとタッグを組む
ジョイントプロジェクトであること!

Hitomiさんは元々ノジーさんのコンサル生で、
起業家仲間としてボクも、
仲良くさせてもらっている方です。

Hitomiさんもボクと同様、
ブログマーケティングから独立の道を選び、
「個人」としてめちゃくちゃ人気の高い起業家さん。

しかし、
彼女の場合はボクらとは異質なところがあって、
「法人」のお仕事をバンバンもらっているんですよね。

従来の「ネットビジネス」っていう業界を考えると、
本当に彼女の経歴だけ異例で、
他にもブロガーさんや一般企業の役員ともつながりが深い。

Hitomiさんのコンサル生も、
法人案件を受注されている方が多く、
すごい安定感ある収入を得ています。

ボクの中でHitomiさんって・・・

「起業家 × キャリアウーマン」の上位変換みたいな存在。

ボク個人的にめちゃくちゃ
信頼している起業家さんですが、
法人からの信頼も厚いってのも安心感ありますよね。

そんな法人色の強いHitomiさんと、
個人のチカラ爆発型のノジーさんが
タッグを組む#CAST。

こんなわくわくするプロジェクトが他にあるのか・・・?

っと、
身内のボクがドン引きしてしまうくらいに、
かなり魅力的だと思います。

もちろん2人のコンサルを受け放題だし、
リアルなセミナーやお酒の場では
集まったメンバーと交流して、
「自分の基準」を底上げしてくれる仲間がいます。

※ちなみにボクも参加します。

仮に初心者の方であっても、
サポートしてくれる内容が手厚くて・・・

月収10~80万円の実績者を
数多く輩出し続けてきた
初心者向けのブログメソッドも学べます。

今、人生を変えるために
何か行動を起こしたいと思ってるのであれば
あの2人についていくほど、
間違いない選択肢はないと思っています。

冒頭でも言いましたが、
自分のスキルへ投資する以上に
大事なことなんてありません。

これからの時代を生き抜くスキルや
成長できる環境を手に入れたいのであれば
ぜひ#CASTの情報を受け取っていただければと思います。

あ、、ちなみに、

このメールを書いている時点で、
すでに予約者数が300人を
オーバーしているみたいです。

おそらく募集日には、
一瞬で参加枠が埋まることになると思います。
(これ、煽っているわけではないです・・・)

なので、
今すぐ「優先予約」だけは
完了させたほうがいいと思うし、

優先予約者には、
動画セミナーをプレゼントしているので
そちらも受け取っていただければと思います!

http://hashtag-cast.com/movie/

近々、募集開始日についての
ご連絡もあると思うので、
ご予約はお早めにしておくといいですよ!

それでは、
今回は失礼します。

ゼロからWEBで収入を得るチカラを育てる
無料メールマガジンに登録する

  • 自宅やカフェで自由に働けるノマドライフに興味がある
  • 脱サラして、人間関係に疲れることない人生を叶えたい
  • ブログで収入を得るために何から始めていいか分からない…!
  • 帰りのチケットを取らなくても海外旅行に行ける生活に憧れる

そんな開放的な人生を叶えるための思考や、1記事だけで30万円の利益を出してしまったブログノウハウをシェアし続けているメールマガジンを無料で配信しています。

ボクが全く稼げていない初心者から年収1,000万円のノマドワーカーになるまでのストーリーを読めば、あなたも開放的な人生を叶えることができるはず。

ぜひ、メルマガを購読してみてくださいね!