ブログで記事を投稿したのに中々インデックスされないorインデックスが遅い時の対処方法は、Googleサーチコンソールの機能『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』を利用すれば即解決することができます。

トレンドアフィリエイトインデックス速度
あなたがブログを開設仕立ての頃は、記事を投稿してインデックスされるまでに2,3日かかるのがザラです。

これでは、旬な話題を扱った『すぐに読んでほしい記事』を検索ユーザーに届けることが難しくなりますよね。


なので、今回は即インデックスをさせるGoogleサーチコンソールの機能『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』の使い方についてご紹介していきましょう。

Fecth as Googleで即インデックスさせる方法

ブログ開設したてはインデックス速度が遅い?


ブログを開設仕立ての頃はインデックス速度が非常に遅く、あなたが記事を投稿してから2,3日後にインデックスされるのが普通です。初期段階ではグーグルから評価が低いため、なかなかクローラーが回ってこないためですね。

【参考記事】クローラーとは?基礎知識を説明

あくまでも僕の感覚ではありますが、100記事くらい書いていけばその日中にはインデックスはされるというかんじですね。もちろん、その時のブログの状況によってマチマチでしょうが。


なので、普通にやっていたらトレンドアフィリエイトの速報系を書いてもインデックスされる頃にはトレンドのピークが過ぎていたり、ライバルで溢れていたりするので、勝負ができないというわけです。


インデックス速度の対処方法はフェッチアズグーグルで解決!


インデックス速度が遅いままでは、トレンドアフィリエイトで勝負しづらくなってしまうため、対処方法としてGoogleサーチコンソールの機能『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』を利用していきましょう。

『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』を利用すれば、書いた記事を即インデックスさせることが可能になります。


この機能を使用するには、まずGoogleサーチコンソールに登録しないといけないので、事前登録をしてあるという前提でお話していきますね。

【参考記事】Googleサーチコンソールへの登録方法

『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』の使い方


『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』はGoogleサーチコンソールの管理画面から、「クロール」→「Fetch as Google」をクリックします。

トレンドアフィリエイトインデックス速度

すると、以下のような画面に飛びますので、赤枠にあなたが投稿した記事のURLを入力しましょう。

トレンドアフィリエイト

入力するURLはトップドメインより後のURLとなります。

例)https://yuukivp.com/afi/adsense/834/←黄色部分を入力

この入力するURLはパーマリンクの設定で決まってくるので、注意しておきましょうね。

【参考記事】パーマリンクの設定とは?


URLの入力が終わったら、『取得』をクリックしましょう。

トレンドアフィリエイトインデックス

すると、以下の画面のようになるので、『インデックスに送信』をクリックします。

トレンドアフィリエイトインデックス

次に確認の画面になります。

  • 「私はロボットではありません」にチェックをいれる
  • 「このURLのみをクロールする」にチェックをいれる

をして、『送信』ボタンを押せば、完了です。

トレンドアフィリエイトインデックス速度

正常に完了していれば、『インデックスに送信されたURL』と表示されますので、これでインデックス速度が大幅に早くなります。

トレンドアフィリエイトインデックス

『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』の使い方については以上です。

あとがき


今回は『Fetch as Google(フェッチアズグーグル)』の使い方についてご説明していきました。

トレンドアフィリエイトの初心者の段階では、速報系を是非書いていきたいところではあるのですが、インデックス速度が遅いとお話にならないので必ず利用していきましょう。

またブログが育ってきていても、インデックス速度に不安がある場合は、必ずやっておくのが無難でしょう。


【参考記事】トレンドアフィリエイトで速報系記事を書く方法