ブログのhttps化をしたのに、緑色の鍵マークが表示されない状態に頭を抱えていませんか?


せっかくお金も払ってブログのセキュリティ対策をしたのに、このような不完全な状態では意味がありません。

  • 通信情報を盗まれる

  • データ改ざん

などのリスクを抱えたままといっていいでしょう。
なので、今回はブログのhttps化が完了したのに、不完全なままになっている原因と対処方法についてご紹介します。

この記事は、僕が前回ご紹介した記事でhttps化の手順通りにやったのに、完全な状態にならない人向けです。

まずは、前回の記事を参考にしてみてくださいね!


https化したのに鍵マークが緑色で表示れない原因


https化したブログに緑色の鍵マークが表示されない原因のほとんどは、ブログのどこかしろにhttpのリンクが混ざっていることにあります。

ブログ運営歴が長い人ほど、今まで書いてきた記事や外部リンク、画像やメディアファイルなどの蓄積があるものです。

なので、それらの要素を取り除いてやることが大事になります。

主に考えられるhttpsが不完全なモノになる原因は4つです。

【原因1】内部リンクがhttpのまま残っている


あなたのページ内にある内部リンクがhttpのまま残ってしまっていると、https化は不完全なモノになってしまう可能性が高いです。

過去の内部リンクを手作業で修正するのは、かなり手間がかかるのでプラグイン『Better Search Replace』の使用をオススメします。

このプラグインを使えば、自分のサイトの内部リンクなどを一括でhttpsに置換することができます。

前回の記事に使い方を載せているので、そちらを参考に!


【原因2】画像やメディアファイルがhttpのまま残っている


こちらもよくあるのですが、ページに乗せている画像ファイルなどがhttpのままだと不完全なモノになってしまいます。

✕:https://yuukivp.com/wp-content/uploads/2017/09/www.jpg

◎:https://yuukivp.com/wp-content/uploads/2017/09/www.jpg

こちらもプラグイン『Better Search Replace』である程度は修正可能なのですが、どうしても修正しきれない部分がでてきます。(原因は不明)

なので、わずかに残った不完全な部分を手作業で修正することでhttps化を完全なモノにできます。

【原因3】アフィリエイトリンクがhttpsに対応していない


ブログアフィリエイトをしている方であれば、ASPが発行するアフィリエイトリンクがhttpしか対応していないケースがあります。

こういったリンクにhttpのモノが混ざっていると、不完全なモノになってしまいますが、これに関してはASP側で対応してもらうしかないので、解決策がないというのが現実ですね。

【原因4】外部リンクがhttpのモノである


アフィリエイトリンクではない外部リンクでhttpのモノがあると不完全なhttpsになってしまうケースがあります。

これに関しても、解決策はないわけですが、場合によってはうまくhttps化されるので詳細原因は分からずってところですね。

Firefoxを利用して原因を取り除く方法


不完全なhttps化の原因は何となく分かっても、一体どれが悪さをしているのかが分からないケースは多いです。

そこでオススメしたいのが、Firefoxというブラウザを使用することです。

ラウザというのは、インターネットサイトを閲覧するためのソフトのようなモノです。GoogleChromeやInternet Explorerもそのうちの1つだということです。


例えば、Firefoxでhttps化が不完全なページに移動すると。


このような表記になります。
そして、鍵マークを左クリックをすると、タブが開きます。


そして『>』マークをクリックします。


次に、『詳細を表示』をクリックします。


画面が表示されるので、「メディア」のタブをクリックします。


そして、URL一覧をチェックしていくと・・・。


httpsのURLの中に、httpのURLが混ざっているのが見つかりませんか?

これが完全なhttps化を邪魔している可能性が高いです。
なので、原因となる画像などをWordPressで修正するか、同じものアップロードして画像を入れ替えてしまうかをすればhttps化に成功できる可能性は高いです。

このhttpのURLを取り除いてくださいね!

さいごに


今回はhttps化を完全なモノにすることを邪魔している原因とその対処方法についてご紹介しました。

せっかくhttpsでセキュリティを強化するのであれば、完全なモノにしていかないと効果は薄いです。

少し面倒な作業になるとは思いますが、しっかりと原因を掴み、修正をしていきましょうね!